エレキギター独学練習法!最短で脱初心者するためにすべき4つのこと

Pocket

そーじゅ

エレキギターを独学したいけど、どんな練習をすればいいんだろう…。独学で脱初心者って可能?独学で上手くなるための練習法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • 最短で脱初心者するためには
  • 練習を始める前に…。
  • エレキギターに必要なテクニックの練習法
  • エレキギターで曲を練習する方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギターを始めたころは、ずっと独学だけで弾けるようになるのかすごく疑問でしたが、いろんな試行錯誤を続けていくうちに自分でできる練習法が分かってきたので、ギターを独学したいという人はぜひ見てください!

エレキギター独学練習法①:最短で脱初心者するためには

どこまでがギター初心者?

初心者とは、人から教えられたり調べなければ、自分1人ではできないレベルの人のことなので、「ギター初心者」はギターについての基礎的な知識がなく、基礎的なテクニックを習得していない人のことだと思います。

「自分はギターを何年もやっているから初心者ではない」と思っている人もいますが、僕は初心者かどうかはギター歴と関係がないと思います。

僕の思うギターを「脱初心者」している人はこんな感じです。

脱初心者した人の特徴

  • 楽譜が読める
  • コードがある程度わかる、弾ける
  • 基礎的なテクニックを身に着けている
  • チューニングが正確に合わせられる
  • 今すぐに弾ける曲が何曲かある

つまり、「何か特別な特殊なテクニックが使われていたり、特別難しい曲でなければ弾ける」という状態になれば「脱初心者」ということになります。

最短で脱初心者するには

以上の点を踏まえて、最短で脱初心者するには「基礎的な」知識やテクニックがかなり重要だという事が分かると思います。

ギター初心者に多いのが、初めから難しいテクニックや早いフレーズを練習する人です。もちろんそのような練習も必要ですが、いきなり急にレベルアップするのはオススメできません。

そーじゅ

できないテクニックを無理に弾くと、「痛いプレイ」になりやすい…。

「難しい事ができたり、早く弾ける人が上手い人だ。」と勘違いしている人が多いのですが、ギターの上手い人は基礎的なテクニックも朝飯前です。つまり上手くなるにはまず、基礎的なテクニックが呼吸をするようにできるようになる必要があるのです。

エレキギター独学練習法②:練習を始める前に…。

エレキギター初心者におすすめの練習方法①:チューニング

エレキギターの練習を始める前にまず、チューニングを行ってください。これは練習前には毎回必ず行いましょう!

チューニングとは

「チューニング」とは、ギターの弦を調整し、正しい音程に合わせることです。ギターのヘッド部分にある「ペグ」と言うパーツを回すことによって行います。一般的には「チューナー」という機械を使って行います。

チューニングが狂ったままでギターの練習をしていると、自分が持っている音の感覚まで狂ってきてしまいます。

そーじゅ

初心者のうちはこの音感がまだ定まっていないので、チューニングはホントに大事!

また、ライブなどで演奏する場合でも、どれだけ上手い人が弾いてもチューニングがズレてしまっていると不協和音と言って、不快な音の組み合わせになってしまうので、演奏が台無しになってしまいます。

TAB譜の読み方

TAB譜とは

「TAB譜」とはギター専用の譜面で、ピアノなどの譜面(五線譜)とは違い、6本の線で表されます。6本の線はギターの6本それぞれの弦を表しているので、とてもシンプルでわかりやすいですよ!

エレキギター独学練習法③:エレキギターのテクニック

次はエレキギターの基礎的なテクニックをご紹介していきますが、エレキギターには細かい技術がたくさんあり、簡単な曲を弾くためにもある程度のテクニックはマスターしておく必要があります。という事で、習得するためのポイントとともにご紹介します。

右手(オーソドックスの場合)の基礎テクニック

ストローク

「ストローク」とは、ピックを使って弦を弾くことを言うのですが、ストロークはコードを弾くときに大事なテクニックになります。特に以下のポイントに気を付けて練習してみてください。

ストロークで気を付けたいポイント

  • ピックは出来るだけ軽い力で持つ。
  • 上から下まで真っすぐ振り落とし、下から上まで真っすぐに振り上げる。
  • ピックが弦にギリギリ触れるくらい、弦をなでるようにピックを当てる。
  • ピックが弦に負けるようにストロークする。
  • 手についた水を払うように、素早く手を動かす。

「力を抜くこと」と「素早く動かすこと」が重要なのですが、なかなかこの2つを同時に行うのが難しいので、意識しながら何度も練習いてみてください!

オルタネイトピッキング

オルタネイトピッキングの「オルタネイト」とは「交互に」と言う意味で、その意味の通りオルタネイトピッキングは上,下,上,下と交互にピッキングすることを言います。

この時、上から下にピッキングすることを「ダウンピッキング」と、下から上にピッキングすることを「アップピッキング」と言います。

ミュート

「ミュート」とは、手のどこかを弦に軽く触れることで音が鳴らないようにするテクニックです。エレキギターはとにかく雑音が出やすい楽器なので、ミュートは1番と言っても良いほど重要なテクニックです。

左手(オーソドックスの場合)の基礎テクニック

パワーコード

「パワーコード」とは、普通のコードとは異なる形のコードで、マスターするのが簡単で幅広く使えるので初心者にすごくオススメのテクニックです。

なぜ簡単かというと、2つの弦しか鳴らさないことと、ほとんど同じ指の形で20種類以上のコードを奏でることができるからです。

また、簡単なだけでなく、ロックやメタル、ポップスなどのジャンルで幅広く使われているので初心者を卒業した後でもずっと使えるテクニックです!

ブリッジミュート

「ブリッジミュート」とはピックを持っている方の手の端(チョップで当てる部分)を弦のブリッジの近くに当てることで、こもったような音を出すテクニックです。

「ミュート」と言う名前ですが、完全に音を消すテクニックではありません。

このブリッジミュートによってロックの疾走感のあるサウンドを作りだしたり、ヘヴィメタルの重苦しい雰囲気を生み出したり、使い道はかなり幅広いです。

ハンマリング・オン

「ハンマリング・オン(ハンマリング)」とは、すでに音が鳴っている弦を指で叩きつけるように押さえ、音を変えるテクニックです。
弦を押さえる時は指を立て、軽い力で素早く行うのがポイントです!

プリング・オフ

「プリング・オフ」はハンマリングとは逆に、押さえている弦を離すときに音を変えるテクニックです。

弦から指を離す時に、少し指を引っ掛けることで音を鳴らします。

ちなみに、ハンマリング・オンとプリング・オフを繰り返すと「トリル」というテクニックになります。

スライド

「スライド」とは弦を押さえてピッキングし、指を違うフレットへスライドさせることで音を変えるテクニックです。

ミュート

ミュートには右手で行うものと左手で行うものがあります。右手で行う場合は手の平を弦に押し付けることによってミュートします。

エレキギターは雑音が出やすいので、右手と左手のミュートを上手く組み合わせることで雑音が出ないようにするのが重要です。

チョーキング

「チョーキング」とは音が鳴っている弦を指で持ち上げることで音を変えるテクニックです。
チョーキングはかなりロックっぽい音が出せるので、ぜひマスターしてみてください。

ビブラート

ビブラートとは、歌のビブラートと同じで音を波打たせるテクニックです。チョーキングと同じように、弦を持ち上げ、戻す、持ち上げて戻すを繰り返すことで行います。

エレキギター独学練習法④:曲を練習する方法

曲を練習する方法①: 弾きたい曲を決める

弾きたい曲を1曲決めましょう。初心者のうちは1曲弾けるようになるまで時間がかかるので、1度に練習する曲はできるだけ1曲にしておきましょう。

そーじゅ

何曲も同時に練習していると、なかなか完成せずにモチベーションが下がりやすい…。

曲を練習する方法②:楽譜を見つける

練習する曲の楽譜を見つけましょう。慣れてくると耳コピ(曲を聴いて、そのまま弾くこと)もできるようになりますが、初めの内は楽譜を用意しましょう。

「曲名 + Tab譜」などでググったり、Youtubeで検索すると、だいたい無料で楽譜を見つけることができます。

曲を練習する方法③:テクニック、コードを修得する

弾こうとしている曲にまだ習得していないテクニックやコードが出てきた場合は、良い機会だと思ってマスターしてしまいましょう。

独学ではこのように積極的に技術を習得していかないと、なかなか上達せず、成長も遅くなってしまいます。

テクニックも、名前や特徴、曲名などをYoutubeなどで検索するとだいたい出てきます。

曲を練習する方法④:曲を細かく分けて練習しよう

テクニックやコードを習得したら、いよいよ曲を実際に弾いていきましょう。この時、曲を細かいパートに分けて、短いフレーズごとに練習していきましょう。

また、初めはとにかくゆっくりなテンポで弾きましょう。そのテンポで完璧に弾けるようになったら、少しずつ少しずつ原曲のテンポに近づけていきましょう。

曲を練習する方法⑤:曲の完成

全てのフレーズが弾けるようになったら、それらのフレーズをつなげて弾いてみましょう!

この時も初めはゆっくり弾いてください。少しずつテンポを上げて、原曲の速さでも完璧に弾けるようになれば完成です!

練習法を工夫すれば、エレキギターは独学できる!

ギター初心者の頃って「独学だけでホントに弾けるようになる…?」みたいな事をどうしても考えてしまいますよね。僕もそうでしたが、「ま、楽しいからいっか!」と続けていくうちに、だんだん弾けるようになりました。

とは言っても、やはりダラダラと長く続けるだけではなかなか脱初心者できません。独学で上達していきたいなら、目的を持って、自分に何が足りないのか考えながら、できるだけ毎日練習することが重要です。

今回ご紹介したことを練習して頂ければかなり早く脱初心者できると思うので、ぜひ、「今日はこれを習得するぞ!」と目標を決めながらトライしてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − nine =