ギター独学は無理!?たった2つのコツと練習法、独学が向いてる人、向いていない人の特徴

Pocket

そーじゅ

ギターを独学で習得するのって無理なのかな…。やっぱりギター教室で習った方が良い…?ギター初心者が独学でギターを習得するコツとか、おすすめの練習法が何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギターの独学は無理?
  • ギターの独学が向いている人と向いていない人の特徴
  • ギター初心者が独学で上達するためのコツ
  • ギター初心者向け練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。

ギターの独学に関する記事や動画を見ていると、「ギターの独学なんて絶対に無理!」というような記事をよく見かけます。僕もギター初心者の頃はこんな記事を読んで、「ホントに独学で弾けるようになるのかな…」と不安になっていました。これからギターを独学しようと思っている人は、ぜひこの記事を読んでみてください!

ギターの独学は無理?

ギター初心者で「ギターって独学で弾けるようになるのかな…」と不安に思っている人は多いと思います。実際に僕も良くこんなことを考えていました…。

ただ、結論から言うと、独学だけでギターを習得することは可能です。

こんな風に言うと、

  • 「ホントにできる…?」
  • 「なんで可能って言えるの?」

と、疑問に思う人が多いと思うので、まずは僕が『ギターの独学はできる』と思う理由を、僕の経験を元にご説明していきます!

『ギターの独学は無理じゃない』と思う理由

まず初めに、あなたがギターを習得したい理由はなんですか?

  • 「自分の好きな曲をギターで弾きたい!」
  • 「バンドでギターを演奏してみたい!」
  • 「プロのギタリストになりたい!」
  • 「モテたい!!!」

など、さまざまな理由があると思います。

実際にギターを始めると、このような『ギターを習得したい理由』は、ギターを練習していく上で達成したい『目標』となります。

上記の『ギターを習得したい理由』を『目標』として考えたときに、以下の2つは諦めなければ誰にでも達成できると思います。

  • 「自分の好きな曲をギターで弾きたい!」
  • 「バンドでギターを演奏してみたい!」

実際に僕もこの2つは、ギターを初めて1年以内に達成することができました。ただ、

  • 「プロのギタリストになりたい!」
  • 「モテたい!!!」

この2つは誰にでも達成できる訳ではありません。なぜなら、この2つを達成するためには『ギターの技術』以外の要素がたくさん絡んでくるからです。

「ギターの独学なんて絶対に無理!」と結論づけている記事や動画を見てみると、「独学でプロになるのはムリ」というように結論づけているものが多く、「独学でギターが弾けるようになるのはムリ」と結論付けているものはほとんどありません。

そーじゅ

ギターが上手ければ誰でもプロになれる訳でも無いしね…。

と言うことで、『ギターが弾けるようになりたい!』と言う目標は、独学だけでも十分に達成することができます!

じゃあ、独学でプロになるのは無理…?

じゃあ、独学でプロになるのは無理なんだ…。」と思ってしまうかもしれませんが、そういう訳でもありません。実際に独学だけでプロになったギタリストはたくさんいます!

そーじゅ

実際に独学だけでプロになったギタリストを、下の記事でたくさん紹介してるから、ぜひチェックしてみてね!

ただ、『独学でギターを習得するのは可能!』とは言っても、実際に途中で挫折してしまう人も多いことも事実です…。と言うことで、『ギターの独学が向いている人と、向いていない人の特徴』を紹介していきます!

ギターの独学が向いている人、向いていない人の特徴

そーじゅ

まずは、ギターの独学が向いている人の特徴から紹介していくよ!

ギターの独学が続きやすい、独学だけで上達できる人には、以下のような特徴を持った人が多いです。

ギターの独学が向いている人の特徴

  • ギターに情熱がある
  • 自分のペースでやっていきたい
  • 型にはめられたくない

ギター独学が向いている人の特徴①:ギターに情熱がある

ギターが本当に好きで、ギターに対して強い情熱がある人は、なかなか上達せずにつまずくことがあっても練習を続けられることが多いです。

ギターが弾けるようにならない1番の原因が「ギターを始めてすぐに挫折し、辞めてしまうこと」なので、ギターへの情熱があれば少なくともここはクリアできますよね!

また、本当にギターが好きな人は、自分で集められる情報の量も多いです。ギターの独学をしていく上で『情報収集』はとても重要なので、この点においても独学が向いていると言えます。

そーじゅ

ギターは始めてすぐに辞めてしまう人が多い…。逆に言えば、初心者さえ脱すれば辞める確率は大きく下がるよ!

ギター独学が向いている人の特徴②:自分のペースでやっていきたい

独学の場合、自分の好きな曲を、自分の好きなときに環境が許す限り好きなだけ練習することができるので、「自分のペースで練習したい!」というようなマイペースな人にはピッタリです!

また、僕のように家の近くにギター教室がない人や、「毎週出かけたりするの面倒くさいなぁ」と思ってしまうような人も、独学の方がより快適に練習に向き合えると思います。

ギター独学が向いている人の特徴③:型にはめられたくない

ギター教室に通うと独学に比べ、基礎をしっかり身に着けることができると思います。これは大きなメリットでもありますが、逆に言うと「型にはまったギタリスト」になりやすいとも言えますよね?

音楽において、個性は大きな武器となるので、「型にはめられず自分の個性を伸ばしたい!」という人もいると思います。そのような人には独学がオススメです。実際に独学でプロになった有名なギタリストには、独特な弾き方やテクニックを持った人がとても多いです!

そーじゅ

次に、ギターの独学が向いていない人の特徴も紹介していくよ!

反対にギターの独学が向いていない人にはどんな特徴があるのかご紹介しますが、ここに当てはまっているからと言って「絶対に独学できない」という訳ではないので、まずは参考として見てみてください。

ギターの独学が向いていない人の特徴
  • ギターにあまり興味がない
  • お金に余裕がある
  • 絶対に最速で弾けるようになりたい

ギターの独学が向いていない人の特徴①:ギターにあまり興味がない

「ギターは弾きたいけど、そこまで情熱がある訳ではない…」このような人は、結構な割合で1度つまづいたら練習を辞めてしまうと思います。

練習をやめたら絶対に弾けるようにはならないので、ギターへの情熱や興味があまりない人は、『ある程度弾けるようになるまでギター教室に通う』という選択肢もアリかもしれません。

そーじゅ

とは言っても、ギターを始めてからどんどん興味が湧いてくる人の方が多いよ!

ギター独学が向いていない人の特徴②:絶対に最速で弾けるようになりたい

ギターを始める人の中には「なにがなんでも最速で上手くなって、プロになってやる!」と考えている人もいると思います。

独学のデメリットとして、『独学が向いていない場合、成長が著しく遅くなってしまう』ということがあるので、このような人はギター教室に通った方が良い可能性があります。

ギターの独学が向いていない人の特徴③:お金に余裕がある

『お金がかかる』という事は、ギター教室の大きなデメリットです。どうしても続けたくても、お金に困ったり、節約のために途中で通わなくなってしまう人は結構多いです。

逆に言えば、金銭的な問題がなく、この他の「独学に向いていない人」の条件にも当てはまっている場合は、ギター教室の方が合っている可能性が高いです。

そーじゅ

3つとも当てはまった場合はあまり独学にこだわりすぎず、1度ギター教室に通うことも選択肢に入れてみた方が良いかもしれないね!

ギターの独学は無理じゃない!独学のコツ

ここまで読んで、「自分は独学には向いてないんだ…。」と思ってしまった人もいるかもしれないので、そのような人が独学を成功させるために注意すべきポイントもご紹介していきます!

ギター独学のコツ
  • ギターを弾くことを習慣にする
  • 好きな曲を練習する

ギター独学のコツ①:ギターを弾くことを習慣にする

ギターの独学において、とにかくギターに触ることを習慣にしてしまうと強いです!独学は「辞めてしまうこと」が1番の敵で、「続けること」が1番重要なので、数分でも毎日ギターに触ることを習慣にしてください。

オススメの方法は「部屋の中で最も長く過ごす場所の近くにギターを置く」という方法です。

僕は自分の部屋の中ではソファーで過ごす時間が長かったので、ソファーの横にギターを置いていました。自然とギターを手に取るようになりギターを弾くことが習慣になったおかげで、ギターを練習する時間はかなり増えたと思います!

そーじゅ

ちなみに、「独学ってどれくらい練習すれば良いんだろう…」と気になる人は、下の記事で独学に必要な練習時間を紹介してるから、ぜひ参考にしてみてね!

ギター独学のコツ②:好きな曲を練習する

ギターを練習していると、初めはなかなか弾けるようになりません。そうすると同じ曲を何度も何度も弾くことになるので、自分の好きな曲でないとすぐに飽きてしまいます。

また、「飽きたから違う曲しよー」と練習する曲を次々に変えていると、なかなか曲が完成することがなく、達成感を味わうこともできません。

という事なので、特に初心者で上達スピードが遅いうちは、1度に練習する曲は1曲と決めて、弾けるようになるまで集中してやってみてください!

具体的なオススメの練習方法

練習する1曲を決める(自分の好きな曲がオススメ)

「○○(曲名) コード」や「○○(曲名) TAB譜」とググってで楽譜を探してみる。

Youtubeでその曲のカバー動画があれば見て、その曲を弾くのに必要なコードやテクニックをチェックしてみる(有名な曲ならレッスン動画があることも多い。)

必要なコードやテクニックをググったり、youtubeで探し、コードやテクニックごとに練習する。

必要なコードやテクニックが一通りできるようになったら、1曲を短いパートに分けて少しずつ弾いてみる。

全てのパートが終わったら1曲を通して弾いてみる。スムーズに弾けるようになるまで反復練習する!

そーじゅ

ちなみに、好きな曲を練習するときに便利なアプリを下の記事でいくつか紹介してるから、ぜひチェックしてみてね!

そーじゅ

この他にも、『初心者がギターを独学する上ですべきこと』を下の記事にまとめてるから、合わせて参考にしてみてね!

ギターの独学は無理じゃない!

ギターの独学を始めたばかりの時は、指が痛かったり、上達スピードが遅かったりで「自分には独学はムリなのかなぁ」と思ってしまう事もあると思います。

でも、少し続けていれば指が痛むことは無くなりますし(サボったらたまに痛いけど(笑))、上達スピードはぐんぐん上がっていきますよ!

何曲か弾けるようになれば、練習もどんどん楽しくなってきます。この楽しさを味わってほしいので、ぜひ、独学はムリなんて思わずに、少し練習を続けてみてください!きっと練習が楽しくなり、ギターがどんどん好きになってくると思います。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみに、『ギターの独学』について下の記事にたくさんまとめてるから、ぜひチェックしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − three =