エレキギター初心者向け、おすすめメーカー4選【ギター選びに「ギターメーカー」って重要⁉︎】

Pocket

そーじゅ

エレキギターって、どんな風に選べばいいんだろう…。ギター初心者でもギター選びは自力でできる…?エレキギター初心者向けで、オススメのギターメーカーがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • エレキギター初心者向けのおすすめメーカー?
  • エレキギター初心者向けのおすすめギターメーカー4選
  • エレキギター初心者におすすめの有名メーカーと定番モデル
  • エレキギター初心者におすすめの選び方【メーカー以外に注目すべきポイント】
  • エレキギター初心者におすすめのギター初心者セット

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

今でも新しいギターを買う時はめちゃくちゃ悩むのですが、1本目のギター選びは本当に何も分からず、途方に暮れました…。(笑)同じように、「ギターの選び方、全然わからない…」という人は、ぜひ見てください!

エレキギター初心者向けのおすすめメーカー?

エレキギター初心者で、「ギター選びにおいて、『ギターメーカー』ってどれくらい重要なんだろう…」と疑問に思っている人も多いと思います。

結論から言うと、「ギターメーカー」と「その特徴」をある程度把握しておけば、全く知らない場合と比べて、かなりギター選びをスムーズに進めることができると思います!

本来、エレキギターを選ぶときは、エレキギターに関する知識を一通り把握しておかなければ、どのギターが自分に合うのか分からず、以前の僕と同じように途方に暮れてしまいます…。

ただ、ギター初心者でギターに関する知識が全く無い状態から、エレキギターに関する知識を一通り覚えるのは、実際問題かなり大変ですよね…。

と言うことで、今回は全てのエレキギターではなく、「ギター初心者向けのギターメーカーとその特徴」を把握していきましょう!

ギター初心者の場合は、「価格は抑えめでクオリティーの高い、コストパフォーマンスに優れたギター」を求める人が多いので、このような『コスパ最強のギターメーカー』をご紹介していきます!

そーじゅ

ただ安いだけでなく、価格は抑えつつも確実なクオリティーのギターを作ってるメーカーを紹介するよ!


エレキギター初心者向けのおすすめメーカー4選

そーじゅ

それでは早速、エレキギター初心者にオススメの『コスパ最強ギターメーカー』をご紹介していきます!

エレキギター初心者向けおすすめメーカー①:Ibanez(アイバニーズ)

まず1つ目は、日本のギターメーカー『アイバニーズ』です。価格を抑えつつも、高クオリティーで、見た目もかなりスタイリッシュなギターを多く製造しています!

また、平均的なギターに比べてネックが薄いモデルも多く、ギター初心者でも弾きやすいギターが多いです!

エレキギター初心者向けおすすめメーカー②: YAMAHA(ヤマハ)

ヤマハのエレキギターも歴史ある日本の音楽メーカーというだけあり、丁寧で精度の高いしっかりした楽器が多いです。また、初心者用のギターだと色のバリエーションがかなり多く、自分の好きな見た目を選びやすいと思います。

特に「Pacifica」というギターにはたくさんのグレードがあり、安価なモデルはギター初心者の人にもピッタリです!

エレキギター初心者向けおすすめメーカー③: Epiphone(エピフォン)

最も有名なギターメーカーのうちの1つで「Gibson(ギブソン)」という会社があるのですが、エピフォンはそのギブソンの廉価版、「ギブソン公認のコピーモデルを作るメーカー」というような感じで有名です!

コピーモデルと言っても、やはり公認というだけあって質はかなり高いです。価格もギブソンのギターと比べるとかなり安いので、かなり人気のメーカーです。

エレキギター初心者向けおすすめメーカー④: Squier(スクワイア)

ギブソンにとってのエピフォンのように、世界で最も人気のギター「ストラトキャスター」を販売するフェンダーの廉価版を作っているのがスクワイアです!

Fender社のギターと全く同じ形の廉価版という感じなので、もちろんクオリティーは高いです。価格も2万円台~5万円台とコストパフォーマンスの高いギターがそろっています。

エレキギター初心者におすすめ!有名メーカーの定番モデル

そーじゅ

エレキギターには「誰もが知る定番モデル」がいくつか存在し、たくさんのギターメーカーがこれらのコピーモデルや廉価モデルを発売しているのでこちらもオススメです!

エレキギター初心者おすすめ定番モデル①:ストラトキャスター(ストラトキャスタータイプ)

ギタープレイヤーなら誰もが知る『フェンダー社』から発売されているストラトキャスターは、「世界で最も使われているギター」だと言われています!

実際にロックからジャズなど、あらゆるジャンルのギタリストに使われており、本当に誰でもオールマイティーに使えるギターです。

「ストラトキャスター」と「ストラトキャスタータイプ」の違い

ストラトキャスターというギターは、アメリカのフェンダー社から売られているギターですが、ものすごく人気なので他社からコピーモデルもたくさん売られており、それらは「ストラトキャスタータイプ」と呼ばれて区別されています。

エレキギター初心者おすすめ定番モデル②:レスポール(レスポールタイプ)

フェンダー社と並び代表的なギターメーカーである『ギブソン社』のレスポールは、厚みのあるパワフルな音質が特徴のギターで、その特徴からロックやメタル、パンクなどのジャンルに多く使われています!

音質で言えばとにかく力強いことと、ノイズが押さえられることが特徴です。

そーじゅ

持ってみるとけっこう重いのも特徴!

エレキギター初心者おすすめ定番モデル③:テレキャスター(テレキャスタータイプ)

ストラトキャスターと同じくフェンダー社から発売されているテレキャスターは、ストラトキャスターと比べてもかなり歯切れの良い、シャキシャキした音が特徴です。

とってもシンプルなギターで、本体もかなり軽量です。

そーじゅ

これら3つは「世界3大ギター」「3大ソリッドギター」と言う風に呼ばれてるよ!

エレキギター初心者におすすめの選び方【メーカー以外に注目するポイント】

そーじゅ

ギターメーカー以外にも、ギター選びで注目すべきポイントも紹介していくよ!

エレキギター初心者におすすめの選び方①:見た目

まず初めに「このギターカッコいい!!!」と思うものを選ぶことが重要です。

これは決して冗談では無く、見た目の気に入っているギターは自然と丁寧に扱いますし、カッコいいギターはどんどん弾きたくなるものです!

もちろん見た目だけで選ぶのはオススメしませんが、ギターの見た目は練習する時のモチベーションにも大きく関わるので重要なポイントであることには間違いありません。

そーじゅ

愛着が湧いたギター手元にあると、ギターを辞めにくくなるのも大きなポイント!

エレキギター初心者におすすめの選び方②:音

もちろんギターの「音」もすごく大事です。自分の好みの音のギターを選びましょう!

とは言っても、初心者でギターの音を聞いた経験が少ない人は、「自分にギターの音のちがいなんて分かるのかな?」と思ってしまうかもしれません。このような場合でも、とりあえず購入する前に音を聴き比べてみましょう。

はじめは音の違いをはっきりと感じることは難しいかもしれませんが、「なんか違うな」くらいは感じられると思います。この「違い」を感じることは重要なので、ぜひ聴いてみてください!

そーじゅ

ギターが弾けない場合は、店員さんに頼むと弾いてくれるよ!

エレキギター初心者におすすめの選び方③:値段

ギターの値段もギターを選ぶうえで重要なポイントですよね。どれだけ気に入ったギターでもあまりに予算オーバーの場合選択肢に入りません。

また、「この値段のギターは絶対ダメ」「いくら以上なら良いギター」というようなことはありませんが、価格帯によってある程度はギターの材質やクオリティーに傾向があります。

最近では、中級ギターの中でも比較的安い1万円~3万円くらいのギターでも、問題なく使えるギターが多いのでオススメです。また、気に入ったギターがあるのなら頑張って10万円以下のクラスを視野に入れてみるのもオススメですよ!

エレキギター初心者におすすめ初心者セット

エレキギター初心者で「ギターに関するものはまだ何も持ってない…」という人には、『ギター初心者セット』という選択肢も大いにアリだと思います!

僕も1本目のエレキギターとしてギター初心者セットを買ったのですが、ギターの練習に必要な道具が一度に揃い、しかも安い、ということで、個人的にはかなり買って良かったです!

一般的なギター初心者セットに入っているもの
  • ギター本体
  • ギターケース
  • シールド(シールドケーブル)
  • アンプ(小型アンプかヘッドホンアンプ)
  • ピック
  • ストラップ
  • チューナー
  • ギタースタンド
  • 交換用の弦
  • 教則本やDVD

これだけあれば、買ったその日からギターの練習が始められるので「ギターへの熱が少しでも冷めないうちに始めたい!」という人には特にオススメです!

エレキギター初心者向けのおすすめメーカーから選んでみよう!

エレキギターを選ぶときは、まずは今回ご紹介したギターメーカーで気にいるギターが無いか探してみるのがオススメです!

他にも、今回ご紹介した内容は、頭の隅に置いておくとギター選びに役立つことばかりなので、ギターを選ぶ際はぜひもう1度目を通してみてください。

1本目のギター選びは、知識の無さから「もう適当に選ぶか…」という風になってしまう人も多いですが、ギター選びはその後のギターの上達にも大きく影響するので、できるだけ確実な方法で選んでみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =