【エレキギター初心者向け練習法】僕が『脱初心者』までにしたエレキギターの練習法

Pocket

そーじゅ

エレキギター初心者って、どんな風に練習していけばいいんだろう…。何を練習すればいいかもよく分からない…。ギター初心者にオススメの練習法が何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 『エレキギター初心者向け練習法』の前に…
  • 『エレキギター初心者向け練習法』で覚えること
  • エレキギター初心者向け練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

ギターを始めたばかりで、「まず何から始めればいいんだろう…」と悩んでいる人は多いと思います。僕も実際にそうでした…。『エレキギター初心者向けの練習法』が知りたい人はぜひ見てください!

『エレキギター初心者向け練習法』の前に…

そーじゅ

ギターの練習を始める前に、必ず「チューニング」を行っておこう!

チューニングとは

「チューニング」とはギターに張られている6本の弦を、ギターのヘッド部分にある「ペグ」と呼ばれるネジ状のパーツを回すことによって正しい音程に調整することです。一般的には「チューナー」という機械を見ながら行います。

ギターはチューニングが狂いやすい楽器なので、練習を始める前、また、

  • ギターをギターケースに入れて持ち運んだ後
  • 「チューニングがズレてきたな…」と感じたとき
  • 弦交換の後

というような状況で、チューニングを行う必要があります。

チューニングが狂った状態でギターを演奏すると、それぞれの弦同士が「不協和音(不快な音の組み合わせ)」になってしまい、どれだけ上手く弾いても不快な演奏になってしまいます…。

また、音がズレたまま練習をしていると、自分の中の「音の感覚」まで狂ってきてしまい、音感も悪くなるので、正しいチューニングでギターの練習をすることはとても重要です!


『エレキギター初心者向け練習法』で覚えること

そーじゅ

それではまず、『エレキギター初心者向けの練習法』で覚えることを紹介していくよ!

エレキギター初心者向け練習法で覚えること①:簡単なコード

まずは「ギターコード」を覚えましょう。とは言ってもたくさんのコードを覚える必要はありません!

具体的に言うと、「メジャーコード」「マイナーコード」に加えて「パワーコード」と呼ばれる省略型のコードを覚えておけば、曲を弾こうとした時にスムーズに練習に入っていくことができます!

メジャーコード

マイナーコード

パワーコードとは

パワーコードとは、ルート音(基準になる音)と5度の音、2つの音だけを鳴らすコードのことを言います。

パワーコードは、実際に鳴らす弦は2本だけで、残りの4本の弦はミュートするので、手の形やミュートのコツさえつかめばすごく簡単にマスターできます!

エレキギター初心者向け練習法で覚えること②:基礎的なテクニック

エレキギターには細かいテクニックがたくさんあり、簡単な曲にもこれらのテクニックはよく出てきます。1つ1つはそこまで難しくないので、1つずつ覚えていきましょう!

そーじゅ

まず、「右手のテクニック」を2つ紹介していくよ!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック①:オルタネイトピッキング

「オルタネイトピッキング」のオルタネイトとは「交互に」と言う意味で、オルタネイトピッキングは上から下にピッキングする「ダウンピッキング」と、下から上にピッキングする「アップピッキング」を繰り返すことを言います。

そーじゅ

簡単に言うとオルタネイトピッキングは「上,下,上,下と交互にピッキングすること」

エレキギター初心者が覚えたいテクニック②:ストローク

「ストローク」とは弦を弾くことを言うのですが、ストロークはコードを弾くときに大事なテクニックになります。

ストロークで気を付けたいポイント
  • ピックを出来るだけ軽く(落とさないギリギリくらいの弱さ)持つ。
  • 上から下まで、下から上まで、真っすぐ振り落とす(振り上げる)。
  • なでるように、弦にギリギリ触れるくらいピックを当てる
  • 手についた水を払うように、素早くストロークする。
  • できるだけ力を抜く
そーじゅ

ここからは、左手で使うテクニックを紹介するよ!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック③:ハンマリング・オン

「ハンマリング・オン(ハンマリング)」とは、すでに音が鳴っている弦を叩きつけるように押さえ、違う音を鳴らすテクニックのことです。

押さえつける時は強い力をこめるのではなく、指を立て、軽い力で素早く押さえるとキレイに音が鳴りやすいです。

エレキギター初心者が覚えたいテクニック④:プリング・オフ

「プリング・オフ」とは、押さえている弦から指を離す時に、少しズラしながら引っ掛けることで音を鳴らすテクニックです。離すと同時に少し指を弦に引っ掛けるとうまく音が鳴りやすいです。

ハンマリングやプリングはピッキングとは反対の手で音が鳴らせるテクニックなので、速く弾きたいときにも役立ちます!

そーじゅ

ハンマリング・オン、プリング・オフを繰り返すと「トリル」というテクニックになるよ!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑤:スライド

「スライド」とは弦を押さえてピッキングし、その音が鳴っている間に指をスライドさせて、違う音に変えるテクニックのことを言います。

スライドでは、ピッキングで弦を弾くよりも滑らかに音の高さを変えることができるので、ギターソロなどの表現力を増すためによく使われます。

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑥:ミュート

「ミュート」とは、弦に軽く触れることで弦の振動を止め、音が鳴らないようにするテクニックです。

ミュートには右手で行うものと、左手で行うものがあり、どちらも上手く組み合わせることで確実に雑音を防げます。

そーじゅ

エレキギターは雑音が出やすいから、ミュートはかなり重要なテクニック!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑦:チョーキング

「チョーキング」とはピッキングして、音が鳴ったままその弦を持ち上げることで音を変えるテクニックのことを言います。

エレキギターといえば「キュイーーーン」みたいな音をイメージすると思いますが、あれがチョーキングの音です!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑧:ビブラート

歌のビブラートのように、ギターでも音を波打たせることができます。

チョーキングと同じように、弦を持ち上げる、戻す、持ち上げる、戻す、と繰り返すことでビブラートになります。

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑨:ブリッジミュート

「ブリッジミュート」とは「ミュート」と言う名前が入っていますが、完全に音を消すテクニックではなく、右手で弦に少し触れることで「少しこもった音」を出すテクニックです。

使い方によっては重苦しい雰囲気になったり、小気味よい爽快な演奏ができたりするので、幅広く使う事ができます。ブリッジミュートはパワーコードと組み合わせて使われることが多く、この2つをマスターするだけで弾ける曲がかなり増えますよ!

エレキギター初心者が覚えたいテクニック⑩:オクターブ奏法

「オクターブ奏法」とは、その名の通り「ルート音(1度の音)」と、「その1オクターブ上の音(8度の音)」の2つの音を同時に弾くテクニックです。

オクターブ奏法はパワーコードとかなり似たテクニックで、こちらもメロディを強く印象付ける効果があることからよく使われます!パワーコードを習得した後なら簡単にマスターできると思うので、ぜひトライしてみてください!

エレキギター初心者向け練習法

そーじゅ

「何を練習するか」は紹介したから、次はこれらをどのように練習していくと上達しやすく、挫折しにくいか紹介していくよ!

エレキギター初心者向け練習法①:できるだけ毎日ギターに触る

エレキギターを始めたら、とにかく「ギターを弾く習慣をつける」ことが重要です!

また、習得をつける1番簡単な方法は、『できるだけ毎日ギターに触る』ということです。長時間弾く必要はないので、「1日数分でもいいから、とにかくギターに触る!」ということを意識してみてください。

「毎日って決めても、できるか不安…」という人は、部屋の中で特に目に付きやすい場所や、1日の中で自分が一番長く過ごす場所の近くにギターを置いてみましょう!

例えばソファーで過ごす時間が長い場合、ソファーの隣にギタースタンドを置いておくと、自然とギターに手が伸びやすく、何も考えなくともギターを弾き始めやすいです!

エレキギター初心者向け練習法②:とにかく簡単なことからやる

ギターの練習というと『難しいこと』をイメージしがちですが、エレキギターを始めたら、まずは「とにかく簡単なことから」ということを徹底しましょう!

初心者のうちから難しいことをすると挫折してしまうことが多いですし、ただただ難しい練習は楽しくないですよね…!

まずは簡単で楽しいことから行い、できるようになってきたら徐々にゆっくりとレベルアップしていきましょう!

エレキギター初心者向け練習法③:1曲弾けるようにする

ギターの練習を始めたら、まず「簡単な曲を1曲」弾けるようにしましょう!

ここでも「とにかく簡単なことから」が重要なので、

  • 少ないコードで弾ける曲
  • 難しいテクニックが出てこない曲
  • リズムや曲の構成がシンプルな曲

などを選ぶように意識してみてください。

また、曲の練習に慣れないうちは『1度に1曲』と決めて練習を行いましょう。何曲も同時進行で練習したり、気分で「この曲はなかなか弾けるようにならないなぁ…、違う曲にしよー」という風に弾く曲を次々に変えていると、なかなか曲が完成しません。

ギターの練習を続けていく自信がつくまでは、「弾けるようになった!」という達成感を味わうことが重要なので、慣れるまでは『簡単な曲を1曲』を意識するのがオススメです!

エレキギター初心者向けの練習法を実践しよう!

ギターは初心者のうちに挫折して、辞めてしまう確率が1番高いです…。

今回ご紹介した練習法にはそこまで特別なことはありませんが、途中で挫折せず、スムーズに上達していくためにはとても重要なことばかりです!

ギターを弾く習慣がしっかりと付き、上達が実感できてくると、ギターが更に楽しくなって挫折の心配も無くなると思うので、今回ご紹介した方法をぜひ実践してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + eighteen =