ギター初心者が挫折する6つの原因、僕が実践する挫折しないための方法

Pocket

そーじゅ

ギターを手に入れて練習を始めたはいいけど、すぐに挫折してしまいそうで心配…。ギター初心者のうちに挫折する人も多いけど、原因ってなんだろう?挫折しないために気を付けるべきことが何かあれば教えてほしい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • ギター初心者が挫折する原因
  • 初心者がギターを挫折しないための方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギターは初心者のうちに挫折する人が多く、僕も初心者の頃、簡単と言われているテクニックがどうしても上手くできず、挫折しかけたことがあります。「ギターを挫折せずに続けていきたい!」という人はぜひ見てください!

ギター初心者が挫折してしまう原因

ギターを練習していく上で、「なんか最近ギターの練習したくないなぁ」と、どうしてもモチベーションが上がらず、特に初心者だとそのまま挫折してしまう場合も少なくありません。

ということで、モチベーションが下がったり、挫折してしまう原因として多く挙げられる理由をご紹介していきます。

ギター初心者が挫折してしまう原因①:人と比べてしまう

YoutubeやSNSなどを見ていると、ギターが異常に上手い人たちであふれていますよね?さらにそんな凄すぎるテクニックを持った人たちが「まだギターを始めて半年です。」などと言っているのを見てしまうと、「自分には才能がないんだ…」と絶望し、挫折してしまう人が多いです。

ただ、このような人たちはごく1部の凄すぎる人たちですし、練習環境も練習量も人によって違います。自分には才能がないと勘違いするのは早すぎますよ!

そーじゅ

そもそも人と比べてばかりいては、なかなかギターを弾くことを楽しめないよね!

ギター初心者が挫折してしまう原因②:原曲と自分の弾く音が違いすぎる

「自分のお気に入りの曲を弾いてみたけど、原曲と自分がギターで弾いてる音が全然ちがう!」と感じる人も多いと思います。

ただ普段、耳にしている楽曲って実は様々なエフェクトが加えられているんですよね。なので自分が部屋で練習している時の、アンプ直繋ぎ、または生音のギターの音とは全然違って当たり前なんです!

ギター初心者が挫折してしまう原因③:すぐに弾けるようになると思っていた

よくテレビやライブ映像などで見るプロのギタリストたちって、いかにも簡単そうにギターを弾いていますよね!それを見て、ギター経験がない人は「けっこうすぐに弾けるようになるんじゃない?」と勘違いしてしまいやすいです。

ただ、もちろんギターはそんなに急にプロ級になったりしません。誰しも徐々に上達するものなので、焦らず継続して練習していくことが大事なのです。

そーじゅ

プロの人達が簡単そうに弾けるのも、めちゃくちゃ練習した結果!

ギター初心者が挫折してしまう原因④:何から練習すれば良いか分からない

特に独学の人に多いですが、「ギターを買ったものの、何から練習すれば良いか分からない…」という人も多いと思います。

そして、迷った末にすごく難しいことから始めてしまう人もとても多いです。

難しいことから始めると挫折する確率もグンっと上がってしまうので、初めはとにかく簡単なことから徐々に始めていくのがオススメです。

ギター初心者が挫折してしまう原因⑤:どうしてもできないテクニックがある

「このテクニックだけどうしても出来ない。」と、何かのテクニックでつまずいてしまうこともあると思います。これも挫折して、ギターを辞めてしまいやすいタイミングですよね。

僕はテクニックでつまずいた時、だいたい情報を集めまくります。

そーじゅ

具体的な方法で言うと、そのテクニックを上手く弾けている人の動画を見まくるよ!

情報が集まるとだいたい解決法が分かるのですが、それでもできない場合はそのテクニックは自分にはまだ早すぎるのかもしれません。その場合は一旦諦め、もう少し簡単なテクニックに挑戦するのもそてもよい解決法だと思います。

ギター初心者が挫折してしまう原因⑥:その他にもいろいろある原因…

その他にも、「指が痛い」「弦が切れて張替え方が分からない」「ピックを失くして、新しいのを買うのがめんどくさい」など、モチベーションが下がる理由は数えきれないほどあります。

これらの原因を1つずつ予防していくのはかなり難しいので、原因を消すよりも「もっとギターを楽しめるようにする」ことの方が重要です!

初心者がギターを挫折しないための方法

ギター初心者が挫折しないための方法①:とにかく簡単なことから始める

ギターを挫折しないためにすごく重要なのが、「とにかく簡単なことから始める」ということです。

初心者で、いきなり難しすぎる練習や曲を弾いている人はとても多いです。教則本などを見ても「なんでこんな難しいことから始めさせるんだよ…」と思うこともすごく多いのです。

初心者にまずやって欲しいことは、「すごく簡単な曲を1曲弾けるようになること」。すごく簡単といっても初めはなかなか弾けるようにならないと思います。

なのでまずは1曲に集中して、「弾けるようになった!」という感動と楽しさを味わってほしいのです。

曲をコピーするときのポイント

  • まず簡単な曲を1曲
  • フレーズは短く区切って、弾けそうなパートから練習
  • すごくゆっくりなテンポから始め、急にテンポアップしない。

ギター初心者が挫折しないための方法②:とにかくギターを楽しむ

とにかくギターが楽しければ辞めようなんて思わないので、ギターを楽しめる環境を作ってしまいましょう!

そーじゅ

簡単なことから始めるのも楽しむためにできることの1つです。

また、人と比べないことも重要です。ギターを続けていると、自分よりギター歴が浅くて自分より上手い人なんて山ほど出てきます。そんな人達を気にしてもしょうがないので、いい刺激だけ受けて、比べるのは辞めてしまいましょう!

ギター初心者が挫折しないための方法③:できるだけ毎日弾く

挫折してしまう人って、毎日ギターを弾く習慣ができていない人が多いんです。逆に毎日ギターを弾く習慣さえできていれば、何かにつまづいたとしても、なかなか挫折して辞めようとなりません。

習慣を作るためには

  • 短い時間でも良いので、毎日ギターに触れる
  • 部屋の中で見えやすい位置にギターを置く
  • 部屋の中で自分が1番長時間過ごす場所の近くにギターを置く

などの工夫が効果的です。ぜひ試してみてください!

ギター初心者が挫折しないための方法④:指が痛い場合は…

「指が痛くてもう弾きたくない!」という場合、痛みを完全に無くすことはできませんが、抑えることはできます。

その方法は「細い弦を使う」ということです。

ギターの弦には、その太さによっていくつかの種類があるのですが、細い弦の方が弦を張ったときの張力が弱く、押さえたときも指が痛くなりにくいのです。

弦の選び方については以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

初心者のうちに挫折し、ギターを辞めてしまうのはもったいない!

僕は9年間ほどギターを弾いていますが、ギターって上手くなればなるほど、知れば知るほどどんどん楽しくなる楽器です!

なので、「初心者のうちに、特にまだ1曲も弾けないうちに辞めてしまうなんてもったいなすぎる!!」と僕は思ってしまいます。

僕も実際に挫折しかけたこともありますし、しばらくの間ギターを弾かなくなった時期もありましたが、やはりその時も今回ご紹介した「挫折する原因」に当てはまるやり方をしてしまっていたと思います。

ということで、「これからギターを本格的に練習していこう!」と思っている人も、「かるーく何曲か弾けるようになったらいいなぁ」と思っている人も、ぜひ今回ご紹介した挫折しない方法を参考にして練習してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − four =