ギターのミュートを助ける道具、ミュートバンド、フレットラップとは?【おすすめのフレットラップ】

Pocket

そーじゅ

ギターを弾くときに、どうしても鳴らしたくない雑音が鳴ってしまう…。雑音をミュートするのに役立つような道具が何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギターにおいて『ミュート』は重要?
  • 『ミュートバンド』『フレットラップ』などの道具はアリ⁉︎
  • おすすめのギター用ミュートバンド、フレットラップ

僕はギターを始めて今年で10年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

ギターを弾くときに、奏法や曲によって「どうしても雑音が鳴ってしまう…」という時がありますよね…?雑音に困っている人は、ぜひ見てください!

ギターにおいて『ミュート』は重要?

そーじゅ

ミュートの重要性についてよく分からない人もいると思うから、まずは詳しく解説していくね!

ギターを弾いていると、鳴らしたい音とは別に「雑音」が鳴っていることに気がつくことがあると思います。このような雑音を抑えるために『ミュート』という技術を使います!

ミュートとは?

『ミュート』とは、音を鳴らないようにする技術です。

「音を鳴らさないようにする」と説明しましたが、ギターにおけるミュートには他にも以下のように細かいバリエーションがあり、これらもミュートと呼ばれています。

  • 鳴っている音を止める
  • 音を短く切る
  • 音を弱める

以上のように、ギターの演奏において避けられない「雑音」を抑える技術、『ミュート』はとても重要です!

せっかくの素晴らしい演奏でも、少しの雑音で評価を大きく落としてしまうこともありますし、シンプルに気持ちよくギターを弾くためにもミュートで要らない音を排除するのは不可欠です!

ギター界隈で話題の『ミュートバンド』『フレットラップ』などの道具はアリ⁉︎

ミュートの重要性は分かって頂けたと思いますが、「どうしても雑音が鳴ってしまう…」という人もいると思います。

ただ、雑音の種類によっては『フレットラップ』『ミュートバンド』などと呼ばれる道具で抑えることが可能です!

最近、ギター界隈で話題の『ミュートバンド』『フレットラップ』

最近、ギターの演奏動画を見ていると、ギターのヘッド近くにリストバンドみたいなものを付けているのをたまに見かけます。

この「リストバンドみたいなもの」の正体が、『ミュートバンド』『フレットラップ』と呼ばれるものなのですが、「何のために付けてるの?」と疑問に思う人も多いかと思います!

「新種のカポ?」「ファッション?」など色々な予想があるかと思いますが、実際は以下の目的で使われています!

そーじゅ

ちなみに僕の好きなギタリストのGuthrie Govanも使っているよ!

ミュートバンド、フレットラップの効果①:余分な音をミュート

特にタッピングなどの奏法や、ハイフレットでのプレイ時に、どうしても開放弦が共振して雑音が出てしまうことは多いですよね…。

このようなときに「フレットラップ」「ミュートバンド」を、弾いている部分よりヘッド側のネックに巻き付けるように装着することで、余分な音をミュートすることができます!タッピングやカッティング、速弾きなど、不必要な音が鳴ってしまいやすい状況ではかなり便利です!

そーじゅ

また、演奏の中で必要ないときはヘッド近くに移動させておけば良いから、いちいち取り外す必要はないよ!

ミュートバンド、フレットラップの効果②:サウンドがタイトになる

雑音の他に、サウンド自体にも影響を及ぼします。装着していると音がタイトに、よりクリアになります!

「演奏中に必要ないときはヘッド近くに移動させておけば良い」と言いましたが、ヘッドに付けた状態でも同じような効果が得られます。

ミュートバンド、フレットラップの効果③:開放弦の音を調整する

ギターを弾いていると、開放弦の音と弦を押さえて弾いた音で、音質に違いを感じたことがあると思います。ミュートバンド、フレットラップを装着すると、この差もかなり抑えられるように感じます!

以上のように得られる効果は大きいです。特にレコーディングなどでは、弦の間に布を挟んで雑音を抑えることは昔からあったようですが、見た目は悪いですし、他にちょうど良いアイテムも無かったのでヘアゴムなどを活用する人もいたようです。

ただ、ヘアゴムなどは取り外しが面倒ですし、機能的にも安定しないので、このような専用のアイテムを使うのが圧倒的にオススメです!

おすすめのギター用ミュートバンド、フレットラップ

フレットラップ、ミュートバンドとして売られている商品はいくつかありますが、GRUVGEAR社の『FRETWRAPS』が特にオススメです!

 

『FRETWRAPS』がオススメな理由
  • 内側がフワフワな生地でできているので、ギター本体にキズが付きにくい
  • マジックテープで圧力を調整でき、着脱も簡単
  • 値段も高くなく、コスパ◎
  • 使っている人が多い(これは僕の個人的な感想ですが…)

また、「見た目がカッコよくない…」という理由でこの類のアイテムを使うことを躊躇している人もいるかもしれませんが(僕はそうでした。笑)、FRETWRAPSは色やデザインのバリエーションがやたらと多く、自分の好きな見た目のものが見つかりやすいです!

ちなみに一般的なギターの場合、サイズはSmallを選びましょう!他にも5弦ベースやクラシックギター向けのMedium、さらに大きな多弦ベース用のLargeサイズなどもあります。


ギターのミュート用の道具を探しているならフレットラップ!

フレットラップはタッピング時などの雑音を抑えられるだけでなく、サウンドがクリアになる利点もあるので、ぜひ一度試してみてください!

僕はカッティングをよく使うのですが、カッティング時に使うとサウンドがよりシャープな感じになり、キレが良くなるのに加えて、雑音の心配も減らせるので愛用しています。

また、特にレコーディングなどではノイズに神経質になりやすいですが、フレットラップは付けているだけでストレスを減らせるのでオススメです!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + eight =