ギター初心者が挫折してしまう6つの理由と『挫折しなくなる方法』【ギター初心者の9割が挫折⁉︎】

Pocket

そーじゅ

ギターを始めたばかりだけど、挫折してしまいそうで心配…。もし挫折してしまったら、どうやって乗り越えれば良いんだろう…。よくある挫折理由と、そうなってしまった時の対策が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギター初心者の9割が挫折する⁉︎
  • ギター初心者が挫折する理由
  • ギター初心者が挫折しないための対策

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学のみでギターを習得しました。

ギターは初心者のうちに挫折してしまう人がとても多く、僕も初心者の頃は挫折しかけたことが何度かあります…。「ギターを挫折せずに続けていきたい!」という人はぜひ見てください!

ギター初心者の9割は挫折する⁉︎

ギターって、なんとなく『挫折する人が多い』というイメージがありますよね?

実際に、ある調査によると『9割のギター初心者が1年以内に辞めている』というデータもあることから、特にギターを始めたばかりの人で挫折してしまう人は多いようです。

僕の周りでも、

  • 「指痛すぎ…」
  • 「コード全然覚えれない…」

など、様々な理由で辞めてしまった人は何人もいます…。

ただ、ギターを何年も続けている人でも1度は『挫折』を味わった経験のある人が多いです。つまり、ギターを長く続けていくには「できるだけ挫折をしないこと」と、「挫折をしても乗り越えられること」の2つがとても重要なのです!

ということで、今回は「よくある挫折理由」と「挫折してしまった時の乗り越え方」をご紹介していきます!


ギター初心者が挫折してしまう6つの理由

ギターを練習していく上で、「なんか最近ギターの練習したくないなぁ…」と、どうしてもモチベーションが上がらないこともあると思います。初心者の場合は、そのまま挫折して辞めてしまうことも少なくありません。

このようにモチベーションが下がったり、挫折してしまう人によく見られるのが以下のような理由です。

ギター初心者が挫折してしまう理由
  • 何から練習すれば良いか分からない
  • どうしてもできないテクニックがある
  • 原曲と自分の弾く音が違いすぎる
  • すぐに弾けるようになると思っていた
  • 人と比べてしまう
  • その他にもいろいろある原因…

ギター初心者が挫折する理由①:何から練習すれば良いか分からない

これはギターを独学する人に多いのですが、「ギターを買ったものの、何から練習すれば良いか分からない…」という人も多いです。そして、何から始めるか迷った末に、すごく難しいことから始めてしまうこともよくあります…。

難しいことから始めると挫折する確率もグンっと上がってしまうので、初めはとにかく簡単なことから徐々に始めていくのがオススメですよ!

ギター初心者が挫折する理由②:どうしてもできないテクニックがある

「これ、全然できるようにならないなぁ…」と、何かのテクニックでつまずいてしまった時も、ギターを辞めてしまいやすいタイミングです。

僕も初心者のころ、指弾きでのアルペジオがなかなかキレイに弾けず、しばらくの間つまずいてしまったことがあります。その時は辞めようとまでは思わなかったものの、できないイライラから、数週間ほどギターから離れてしまいました…。

そーじゅ

どうしてもできない難しいテクニックがあるときは、一旦諦めて違うことをするのも1つの方法!

ギター初心者が挫折する理由③:原曲と自分の弾く音が違いすぎる

「お気に入りの曲をギターで弾いてみたけど、原曲と音が全然ちがう!!」とショックを受けた経験がある人も多いと思います。

ただ、普段耳にしている楽曲って実は様々なエフェクトが加えられているんですよね…。楽曲にもよりますが、かなりの数のエフェクトが加えられていることが多いです。

なので自分が部屋で練習している時の、アンプ直繋ぎ、または生音のギターの音とは全然違って当たり前なのです。

ギター初心者が挫折する理由④:すぐに弾けるようになると思っていた

よくテレビやライブ映像などで見るプロのギタリストたちって、いかにも簡単そうにギターを弾いていますよね!それを見て、ギター経験がない人は「けっこうすぐに弾けるようになるんじゃない?」と勘違いしてしまいやすいです。

ただ、もちろんギターはそんなに急にプロ級になったりしません。誰しも徐々に上達するものなので、焦らず継続して練習していくことが大事なのです。

そーじゅ

プロの人達が簡単そうに弾けるのも、めちゃくちゃ練習した結果!

ギター初心者が挫折する理由⑤:人と比べてしまう

YoutubeやSNSなどを見ていると、ギターが異常に上手い人たちであふれていますよね?さらにそんな凄すぎるテクニックを持った人たちが「まだギターを始めて半年です。」などと言っているのを見てしまうと、「自分には才能がないんだ…」と絶望し、挫折してしまう人が多いです。

ただ、このような人たちはごく1部の凄すぎる人たちですし、練習環境も練習量も人によって違います。自分には才能がないと勘違いするのは早すぎますよ!

そーじゅ

そもそも人と比べてばかりいては、なかなかギターを弾くことを楽しめないよね!

ギター初心者が挫折する理由⑥:その他にもいろいろある原因…

その他にも、「指が痛い」「弦が切れて張替え方が分からない」「ピックを失くして、新しいのを買うのがめんどくさい」など、モチベーションが下がる理由は数えきれないほどあります。

これらの原因を1つずつ防いでいくのも有効な方法ですが、「もっとギターを楽しめるようにする」ことが1番の対処法だと思います。

ギター初心者が挫折してしまったときの対策

上記のような理由で挫折することが多いと分かっていても、実際にそうなってしまうこともあると思います。ということで、「挫折してしまった時に、どのようなことを意識して練習を再開すればいいか」ということもご紹介していきます。

ギター初心者が挫折したときの対策
  • とにかく簡単なことから始める
  • できるだけ毎日弾く
  • 押さえやすい弦を使う
  • 情報を集める
  • 人と比べない
  • とにかくギターを楽しむ

ギター初心者が挫折しないための方法①:とにかく簡単なことから始める

ギターを挫折してしまった時は、とにかく「ギターは難しい」と思い込んでしまっていることが多いので、『とにかく簡単なことからやってみること』が重要です。

オススメなのが「すごく簡単な曲を1曲弾けるようになること」。

必ず1曲に集中して、1フレーズずつ「弾けるようになった!」という達成感を味わっていきましょう。

簡単な曲を弾くときのポイント
  • 必ず1曲に集中する
  • フレーズは短く区切って、弾けそうなパートから練習
  • すごくゆっくりなテンポから始め、急にテンポアップしない。

ギター初心者が挫折しないための方法②:できるだけ毎日弾く

挫折してしまった時は、「ギターの練習がしたくない…」という気持ちも強区なっていると思うので、長時間練習しようと頑張ってもなかなか難しいです。ただ、「5分だけ」「ちょっと触るだけ」という風に決めておけば、練習を始めたり、ギターに触ることへのハードルが低くなると思います。

この時に大事なのが、『できるだけ毎日ギターに触ること』です。

短い時間でも毎日ギターに触ることで「ギターを弾く」という習慣ができ、次に何かにつまづいたときに完全には挫折しにくくなります。

そーじゅ

他にもギターを弾く習慣をつけるために、「部屋の中で自分が1番長時間過ごす場所の近くにギターを置く」という方法もオススメ!

ギターを挫折しない方法③:押さえやすい弦を使う

  • 「指が痛い!」
  • 「手が小さくて押さえられない!」

このような『辛さ』のせいで挫折する人も多いと思います。これらの問題を完全に解決することはできませんが、ちょっとした工夫でかなりマシにすることができます!

ギターの弦は、その太さ(ゲージ)によっていくつかの種類がありますが、弦が細ければ細いほど軽い力で押さえらるので初心者には細い弦がオススメです。

「ライトゲージ」「スーパーライトゲージ」などの細い弦なら指の痛みはかなり抑えられると思います。

また、「手が小さいからコードが押さえられない」と思っている人は、実際は指の柔軟性が足りなかったり、指の力が弱いせいで押さえられていないことがほとんどです。

こちらの場合でも、細い弦を使うことで押さえやすくなるのでぜひ試してみて下さい!

ギターを挫折しない方法④:情報を集める

何かのテクニックでつまずいた時や「とにかくギターが弾きたくない…」という気分の時は、つまずいたテクニックについてとにかく多くの情報を集めてみてください。

ギターに直接触れて練習していなくても、そのテクニックの基本、コツ、練習方法、実際に弾いている動画などをたくさん見て情報を集めることで、突破への糸口になることが多いです。

そーじゅ

どうしてもできない場合は、そのテクニックにトライするにはまだ早すぎるのかも。

ギターを挫折しない方法⑤:人と比べない

  • 「あの人みたいに弾けない…」
  • 「周りに比べて成長スピードが遅い…」

と悩み、ギターから離れてしまう人も多いです。

ただ、超人的なテクニックを使うような上手い人や、ギターを初めて短期間でプロのように弾けてしまう人は、ごく1部の凄すぎる人たちなんですよね…。このような人たちとは練習環境も練習量も違いますし、比べることにあまり意味はありません。

また、このような人たちはSNS上などですごく目立っているので自然と目に入る機会も多く、「この人たちみたいに弾けるのが普通なんだ…」と感じてしまうかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

なので、自分のペースで自分なりに楽しみながらギターを続けていくのが1番の方法だと思います。

そーじゅ

ギターを続けていると、自分よりギター歴が浅くて自分より上手い人なんて山ほど出くるから、いい刺激だけ受けて、比べるのは辞めてしまおう!

ギター初心者が挫折しないための方法⑥:とにかくギターを楽しむ

とにかくギターが楽しければ辞めようなんて思わないので、ギターを楽しめる状況を作ってしまいましょう。

上記でご紹介した「簡単なことから始める」「人と比べない」なども、ギターを楽しむ状況づくりの1つです。

この他にも、自分の好きな曲を選んだり、上手く弾けるようになったら録音して自分で聴いてみたりと、達成感を味わったり、モチベーションが上がりやすいような色々な工夫を自分自身でも試してみてください!

初心者のうちに挫折し、ギターを辞めてしまうのはもったいない!

僕は9年間ほどギターを弾いていますが、ギターって上手くなればなるほど、知れば知るほどどんどん楽しくなる楽器です!

なので、「初心者のうちに、特にまだ1曲も弾けないうちに辞めてしまうなんてもったいなすぎる!!」と僕は思ってしまいます。

僕も実際に挫折しかけたこともありますし、しばらくの間ギターを弾かなくなった時期もありましたが、やはりその時も今回ご紹介した「挫折する原因」に当てはまるやり方をしてしまっていたと思います。

ということで、「これからギターを本格的に練習していこう!」と思っている人も、「かるーく何曲か弾けるようになったらいいなぁ」と思っている人も、ぜひ今回ご紹介した挫折しない方法を参考にして練習してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + fourteen =