アコギ初心者でも弾ける簡単な曲10選【ボカロ編】弾き語り曲、カポなしで弾ける曲も!

Pocket

そーじゅ

アコギ初心者で、どんな曲を練習すれば良いか分からない…。ボカロの曲が好きだから弾いてみたい!ボカロでオススメの簡単な曲があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • アコギ初心者でも簡単な曲を選びたい時のポイント
  • 7つのコードで弾ける曲
  • カポなしで弾ける曲
  • カポが必要な曲

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。

ギターを始めたばかりのときって、どんな曲を弾けば良いのか分からなくて困りますよね…。ボカロが好きで、アコギで弾くための曲選びに悩んでいる人はぜひ見てください!

アコギ初心者でも簡単な曲を選びたいときのポイント

曲選びはアコギ初心者にとってとても重要です。最初から難しすぎる曲を選んで挫折したり、「好きでもない曲を選んでモチベーションが上がらない…」という人も多いです。

また、まだギターがあまり弾けないので「どの曲か簡単で、どの曲が難しいのか分からない…」という場合もあると思います。

そーじゅ

ということで、アコギ初心者がボカロの曲から練習曲を選ぶときのポイントを紹介していくよ!

アコギで弾ける簡単な曲を選ぶポイント①:あまり速すぎない曲がオススメ

ボカロの曲って、とんでもなくテンポが速い曲も多いですよね!もちろんゆっくりなテンポで練習すれば問題ないのですが、実際に弾いてると、どうしても原曲通り速く弾きたくなるんですよね…。(笑)

基礎的な力が付いていない内から早く弾こうとすると、弾き方が崩れてしまったり、変なクセが付いてしまったりすることが多いので、初めのうちは出来るだけゆっくりとした曲の方がオススメです。

そーじゅ

どうしても速い曲が弾きたい場合は、遅いテンポで完全に弾けるようになってから、徐々にテンポを上げるようにしよう!

アコギで弾ける簡単な曲を選ぶポイント③:あまり複雑すぎない曲を

初めから複雑な曲にトライしてしまうと、途中で挫折することが多いので、こちらもあまりオススメしません。

ボカロの曲もかなり複雑なリズムの曲が多いですが、初心者のうちは基礎的なリズムを覚えるのが先決なので、あまり複雑なリズムの曲はなるべく避けておきましょう。

そーじゅ

曲の構成が複雑な曲も、色んなパートが次々に出てくるから覚えるのが大変…。

アコギで弾ける簡単な曲を選ぶポイント①:好きな曲、アーティストを選ぶのがオススメ

最後に、自分の好きな曲を選ぶのは案外重要なポイントです。

たとえ自分のレベルにふさわしくて、練習曲としてピッタリな曲でも、その曲に全く興味がなければ練習する気がおきませんよね…?

ギターの練習は何度も繰り返して弾くので、興味のない曲だとすぐに飽きてしまいます…。

そーじゅ

だから、ボカロが好きな人がボカロの曲から練習する曲を選ぶのはとても良い選択!


アコギ初心者でも弾ける簡単な曲【ボカロ編】①:7つのコードで弾ける曲

そーじゅ

曲を弾きながらレベルアップしていけるように、段階的に曲を紹介していくよ!

まずは『7つのコードで弾ける曲』からご紹介します。なぜ7つのコードかと言うと、この7つのコードがあらゆる曲の中で最も頻繁に使われているコードだからです。

初心者の内から「とりあえず全部のコードを覚えよう!」と思ってしまいがちですが、初めから全てのコードを覚える必要はありません。まずは「よく使われるコード」から優先的に覚えていきましょう!

具体的には、「G」「D」「Em」「C」「F」「Am」「Bm」の7つのコードが最もよく使われているコードなので、まずはこれらのコードだけで弾ける曲をご紹介します!

また、この7つの中でも「F」と「Bm」は「バレーコード」と呼ばれる、初心者にとって少し難しいコードです。

バレーコードとは

「バレーコード(セーハコード)」とは「バレー」と呼ばれる弦の押さえ方を含んだコードの事を言います。

バレーとは、1本の指で6本の弦を押さえることです。1本の弦を押さえるだけでも初めは難しいので、6本の弦を押さえるとなると苦戦する初心者も多いです。

7つのコードで弾けるボカロ曲①:からくりピエロ

楽譜を見てみると分かると思いますが、先ほど紹介した7つのコードばかり出てきますよね!

原曲のテンポも早くないので、初心者にピッタリな曲だと思います。

7つのコードで弾けるボカロ曲②:心做し

この曲もバラードなので曲調に急な変化がなく、覚えやすいですし、テンポもゆっくりで初心者にピッタリです!

こちらも7個のコードで弾くことができます。

アコギ初心者でも弾ける簡単な曲【ボカロ編】②:カポなしで弾ける曲

「もうちょっとコードのバリエーションを増やしたい!」という人のために、次は7つのコード以外の、比較的押さえやすいコードで弾ける曲をご紹介します!

そーじゅ

まずはカポなしで弾ける曲から紹介するよ!

カポなしで弾けるボカロ曲①:アスノヨゾラ哨戒班

この曲は使うコードが少なく、使われているコードもF♯m以外は押さえるのが簡単なコードです。

F♯mもバレーコード(1本の指で複数の弦を押さえるテクニック「バレー」を含むコード)の中では難易度は低めです。

カポなしで弾けるボカロ曲②:桜の雨

この曲をテーマにした映画が作られたくらい、卒業ソングとして人気になった曲です!

合唱のイメージが強い曲ですが、弾き語りをしてもかなりいい感じになります。

使われているコードの数は少し多いので、「弾けるコードを増やしたい!」という人にオススメです。

カポなしで弾けるボカロ曲③:オレンジ / トーマ

原曲もそうですが、アコギで弾くとさらに切なさが伝わってくる曲ですね!

B7やD#dimなど、少し見慣れないコードが出てきますが押さえるのが難しいコードはほとんど出てきません。

カポなしで弾けるボカロ曲④:ゆるふわ樹海ガール / 石風呂

この曲はアコギで弾くと原曲と雰囲気がガラッと変わります。

使われているコードも少なく、シンプルでわかりやすいコード進行なのでアコギ初心者にピッタリな曲だと思います。

カポなしで弾けるボカロ曲⑦:夜明けと蛍

曲の後半には転調がありバレーコードばかりになるので、バレーコードが苦手な人は転調前までを弾いてみても良いと思います。

テンポはかなりゆっくりなので、原曲通りゆっくり弾きましょう。

そーじゅ

「カポなしで弾ける曲がもっと知りたい!」と言う人は、下の記事でたくさん紹介してるから、ぜひチェックしてみてね!

アコギ初心者でも弾ける簡単な曲【ボカロ編】③:カポが必要な曲

次に、原曲のキーで弾くにはカポが必要となる曲をご紹介します。

カポって?

『カポ (カポタスト)』とはギターのキー(音の高さ、調)を変えるための道具で、ネックに取り付けて使います。ギターの楽譜を見るとよく「カポ〇フレット」などと指定されているので、1つ持っておくと便利です。

オススメのカポ

簡単コードで弾けるボカロ曲⑧:Calc. / ジミーサムP(カポ4)

こちらも人気の曲なので弾きたいという人も多いと思います。アコギで弾くと雰囲気も変わって面白いです。

カポを4フレットに付けると原曲のキーで弾くことができます。

簡単コードで弾けるボカロ曲⑨:ドーナツホール / ハチ(カポ2)

サビのメロディが印象に残る曲ですよね!原曲はかなり早いので、練習するときはテンポを落とし、そのテンポで完璧に弾けてから徐々に速くするようにしましょう。

バレーコードのFコードが出てきますが、それさえクリアできれば難しいコードは出てきません。

簡単コードで弾けるボカロ曲⑩:千本桜 / 黒うさP(カポ5)

この曲はボカロ曲の中でおそらく1番知名度の高い曲ですよね!

コード進行がシンプルで、使われているコードの数は少ないですが、Fコードが多用されていることと、リズムが少し複雑なこと、テンポが早いことでギター初心者にとっては挑戦になると思います。

他の曲が簡単すぎたという人にオススメです!

そーじゅ

「エレキギター初心者向けのボカロ曲も知りたい!」という人は、下の記事にまとめてるからぜひチェックしてみてね!

そーじゅ

ボカロの曲以外にも、アコギ初心者におすすめの曲を下の記事でたくさん紹介してるから、興味があればぜひ合わせて参考にしてみてね!

アコギ初心者でも簡単な曲を選んで、ボカロを弾こう!

僕はギター練習にピッタリの曲をご紹介するために、初めてこんなに沢山のボカロ曲を聴いたのですが、ボカロってめちゃくちゃカッコいい曲が多いことに気がつきました。

ギターを長く弾いている人でも勘違いしている人は多いですが、ギターは「難しい=カッコいい」ではないので、今回ご紹介したような簡単な曲でも完成度を上げればすごくカッコよく弾けます。

なので、「ボカロ好き!」という人はぜひ、自分の好きな曲をカッコ良くギターで練習して、弾いてみて下さい!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみに「アコギ向けの簡単な曲がもっと知りたい!」という人は、下の記事でオススメの曲をたくさんまとめてるから、ぜひチェックしてみてね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 8 =