エレキギター弦の太さって重要?素材やゲージによる弦の特徴と選び方

Pocket

そーじゅ

エレキギターの弦の太さには種類があるみたいだけど、弾きやすさや音質と関係があるのかな?弦の太さ以外にも、弦を選ぶ基準になるポイントがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • 弦の特徴を決定する3つのポイント
  • おすすめの弦
  • 弦交換の方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

弦を選ぶとき、「どの弦にどんな特徴があるのか」「何を基準に選べばよいのか」など、慣れるまで分かりにくいですよね?弦選びで困っている人はぜひ見てください!

エレキギター弦の特徴を決める3つのポイント

エレキギター弦の「弾きやすさ」や「音質」などの特徴は、主に以下の3つのポイントによって決まってきます。

エレキギター弦の特徴を決めるポイント

  1. 弦の太さ
  2. 弦の素材
  3. 弦の素材の巻き方

エレキギター弦の特徴を決めるポイント①:弦の太さ

弦の太さ(ゲージ)は、弦の押さえやすさ音質などに関わる重要な要素です。弦の太さによる特徴は以下のようになっています。

弦の太さによる特徴

細い弦 太い弦
弦を押さえるときの感触 軽く押さえられる 押さえるのに力が必要
弾いた感触 やわらかい かたい
音のハリ 弱い 強い
弦の耐久度 切れやすい 切れにくい

弦の太さは「ゲージ」で表され、主に「スーパーライトゲージ」~「ヘヴィゲージ」まで太さ順に分類されています。

スーパーライトゲージ

スーパーライトゲージ」は最も細いゲージで、初心者には1番オススメです。

弦の張力が弱いので最も押さえやすいですが、音のハリは弱めなので、試してみて「音のハリが足りないな」と感じたら、徐々に太いゲージへ変えていくと良いでしょう!

スーパーライトゲージのそれぞれの弦の太さ

  • 1弦:0.009インチ
  • 2弦:0.011インチ
  • 3弦:0.016インチ
  • 4弦:0.024インチ
  • 5弦:0.032インチ
  • 6弦:0.042インチ

ライトゲージ

ライトゲージ」は中間的なゲージで、音質や押さえやすさ、耐久性などの特徴もスーパーライトゲージと、この後ご紹介するヘヴィゲージの中間に位置します。

ライトゲージのそれぞれの弦の太さ

  • 1弦:0.010インチ
  • 2弦:0.013インチ
  • 3弦:0.017インチ
  • 4弦:0.026インチ
  • 5弦:0.036インチ
  • 6弦:0.046インチ

ヘヴィゲージ

ヘヴィゲージ」は太くて硬く、初心者が使うと押さえるのが難しいと感じることが多いです。

音質的には音のハリが強く、メタルなどと相性が良いので、メタル好きの人は細い弦に慣れてから試してみると良いでしょう!

ヘヴィゲージのそれぞれの弦の太さ

  • 1弦:0.012インチ
  • 2弦:0.016インチ
  • 3弦:0.020インチ
  • 4弦:0.032インチ
  • 5弦:0.042インチ
  • 6弦:0.054インチ

弦の太さはメーカーによって異なったり、「カスタムゲージ」と言ってそれぞれの弦の太さがわざと変えてあるものもあります。以上の数値は目安だと考えてください。

エレキギター弦の特徴を決めるポイント②:弦の素材

弦の素材は、音質や弦の耐久性などに関わるポイントです。一般的に使われている素材には、以下の3種類があります。

弦に使われている素材

  1. ニッケル
  2. ステンレス
  3. コーティング弦

最も人気の素材「ニッケル」

ニッケルはエレキギター弦の素材として最もポピュラーで、人気の素材です。音質は柔らかく、錆びへの耐久性もそこそこ、という事で1番無難な素材だという印象です。

そーじゅ

新品のギターにもニッケル弦が張られている事が多いから、ギター初心者が初めて触れる弦はニッケル弦が圧倒的に多いよ!

キレのあるサウンド「ステンレス」

ステンレス素材の弦は硬くて耐久性が高く音質はシャキシャキとキレのあるシャープなイメージです。

プロも多く使う高級弦「コーテッド(コーティング弦)」

「コーテッド」は素材というより、「コーティングされている弦」という事ですが、コーティングによって耐久性がかなり高くなっており、一般的な弦よりかなり錆びにくくなっています。

値段は高いものが多いですが、プロなどにも多く使われており、長期間使う事ができるので「弦交換が面倒くさい」という人にも人気です。

エレキギター弦の特徴を決めるポイント③:弦の素材の巻き方

ギターの弦は中心に「芯線」という物があり、その周りに前述したニッケルやステンレスなどの「巻線」が巻かれています。この巻線の巻き方がギターの音質や弾き心地に影響するのです。

巻き方には以下の3種類があります。

弦の素材の巻き方

  1. ラウンドワウンド
  2. フラットワウンド
  3. ハーフワウンド

弦の素材の巻き方①:ラウンドワウンド

芯線の周りに丸い巻線が巻かれているのが「ラウンドワウンド」。この巻き方で巻かれた弦の触り心地はザラザラしており、音の伸びが良い、というような特徴があります。最もポピュラーな巻き方です。

弦の素材の巻き方②:フラットワウンド

名前の通り、フラットな平面上の巻線が使われている物を「フラットワウンド」と言います。ラウンドワウンドとは違ってツルツルとした触り心地です。音質は甘く、ジャズなどのジャンルでよく使われます。

弦の素材の巻き方③:ハーフワウンド

ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間の形状の巻線が使われる、「ハーフワウンド」という巻き方もあります。特徴も2つの巻き方の中間で、音質はキラキラした印象です。

おすすめのエレキギター弦

以上の特徴を踏まえた上で、オススメのエレキギター弦を弦メーカーとともにご紹介します。

おすすめのエレキギター弦①:ダダリオ

ダダリオの弦は世界的にもかなり有名で、値段が比較的安く、耐久性も強いのでギター初心者にもオススメです。

僕も実際に使っているのですが、音質は安定しており、落ち着いた印象です。

ダダリオ

ギター初心者の場合、弦交換をする時にどの弦が何弦用か混乱することが多いのですが、ダダリオの弦は弦の端に付いているボール状の部分が

  • 1弦→シルバー
  • 2弦→パープル
  • 3弦→グリーン
  • 4弦→ブラック
  • 5弦→レッド
  • 6弦→ゴールド

色分けされているので、間違えることがない、というのもオススメのポイントです。

ダダリオのオススメ弦

アニーボール

アーニーボールの弦は、

  • 安価
  • 弦の張力が弱いので押さえやすく、指が痛くなりにくい
  • それぞれの弦が個包装で、弦交換の時に分かりやすい

と、初心者にピッタリな条件がそろっています。

キラキラとしたサウンドが特徴ですが、寿命はそこまで長くなく、このキラキラ感はけっこう早めに失われてしまうので、他の弦より早めのタイミングで弦交換した方がよさそうです。

アニーボールのオススメ弦

エリクサー

コーティング弦の中でイチオシなのがエリクサーの弦。新品のギター出荷時に張られていることもあるのですが、やはりコーティング弦ということで耐久性が高く、寿命が長いのでオススメです。

エリクサーのオススメ弦

エレキギター用の激安弦ってどうなの?

ネットなどで弦を探していると、よく「激安〇パックセット」みたいな弦を見かけると思います。

このような弦は、やはり寿命が短く、音のクオリティーも低いことが多いです。

ただ、ギター初心者は弦交換に慣れるまでは頻繁に弦交換をするのもオススメですし、そこまで良い弦を使う意味もあまりないと思うので、初心者のうちはこのような安い弦でも問題ないと思います。

そーじゅ

高い弦をサビサビになるまで使うよりは、安い弦を頻繁に交換する方が良い!

エレキギターの弦交換の方法

エレキギターの弦を手に入れたら、さっそく弦交換をしてみましょう。弦交換には以下の道具が必要になります。

エレキギターの弦交換に必要な物

  • ニッパー
  • 新品の弦
  • ギター用クロス(ギターを掃除したければ)
  • ペグワインダー(ペグを早く巻けるのでオススメ)
    ※ギターによっては六角レンチなども必要です。

必要な道具は以上です。それでは、弦交換の方法をご説明していきます。

弦交換の手順

  1. 全ての弦を外す(この時にペグワインダーがあればすごく便利!)
  2. 新しい弦を準備する
  3. ブリッジにある穴にそれぞれの弦を通す
  4. ペグの穴に弦を通し、巻き付ける
  5. チューニングを行う

エレキギターの弦交換の手順は以上です。以下の記事で、さらに詳しい弦交換の方法を写真付きで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

エレキギターはどれくらいの頻度で弦交換すべき?

弦交換ってどれくらいの頻度ですればいいんだろう?」と悩んでいる人もいるかと思いますが、弦交換のベストなタイミングは練習量や手汗の量、季節などによってかなり異なります。

ただ、基本的には1か月に1回くらいは弦交換した方が良いでしょう。

これはあくまで基準なので、毎日たくさん練習する人はもっと早めに、あまり練習しない人や冬場などはもう少し遅く、など自分に合ったタイミングを見つけてみてください。

ギターの弦はなにゴミ?

ギターの弦って何ゴミとして分別すればいい?」と疑問に思う人もいると思います。これは地域などによって異なりますが、エレキギターの弦は金属なので、燃えないゴミ、不燃ゴミに分類されることが多いです。

自分に合ったエレキギターの弦を見つけよう

エレキギターの弦はかなりたくさんの種類がありますが、「これが1番良い」という物は無く、「この目的にはこれ」「この特徴が欲しければこの弦」という風に、自分の熟練度やプレイスタイルに合った弦を見つけていくものです。

初心者には、やはり押さえやすい細い弦がオススメですし、音のハリが欲しいなら太い弦、弦交換をあまりしたくないならコーティング弦、のように合う弦は1人1人異なります。

何度か弦交換をしていけば、「もうちょっとこんな特徴が欲しいな」というような要望が出てくる場合もありますし、その場合は違う弦に変えてみると良いでしょう。また、要望が無ければ今使っている弦が合っているということなので、そのまま使い続けても問題ないでしょう!

こんな風に、あなたにピッタリな弦が見つかってくると思います!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 10 =