ギターの難しいコードを押さえるコツ!Fコード、Bコードなど

Pocket

そーじゅ

ギターのコードって、押さえるのが難しいコードが多い…。どうしても押さえられないコードがある。難しいコードを押さえるコツが、何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • 難しいコードは後回しで良い?
  • 正しいフォーム
  • 難しいコードの押さえ方

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

押さえるのが難しいコードには誰もが1度は苦しめられると思いますが、「今ちょうど苦戦してる!」という人はぜひ見てください!

難しいコードは後回しで良い?

ギターを練習している人で「コードが覚えれない…。」と悩んでいる人は多いです。でも、実は初めから全てのコードを覚える必要はないんですよね。

ということで、まず初めに覚えるべきコードをご紹介します!

まず覚えるべき4つのコード

まず初めに、「G」,「D」,「Em」,「C」の4つのコードを覚えましょう。

コードの押さえ方は以下の記事で確認することができます。

「なんでこの4つのなの?」と疑問に思ったかもしれませんが、この4つは「すごく良く使われていて、なおかつ押さえる難易度が低い」というコードなんです。

初心者でも比較的押さえやすいコードなので、ぜひマスターしてみてください。

簡単なコードだけで弾ける曲

4つのコードが押さえられるようになったら、実際に曲を弾いてみましょう。4つのコードだけでも弾ける曲はあります。

代表的な曲として、世界的に有名な名曲「Stand by me」がおすすめです。

第2ステップ:7つのコード

4つのコードがある程度パッと押さえられるようになったら、次は先ほどの4つに「F」「Bm」「Am」を加えた7つのコードにトライしてみましょう!

この7つは「最もよく使われる7つのコード」だと言われています。

いろんな曲を練習していてもこの7つとはよく出会うので、完全に習得しておくのがオススメです。

簡単なコードだけで弾ける曲は以下の記事でご紹介しています。「どんな曲から練習して良いか分からない…」という人は、まずこれらの曲からトライしてみてください!

ギターの難しいコードを押さえるには正しいフォームが重要!

コードを押さえたときに「ビビビビー」というような変な音が鳴ってしまったり、ものすごく力を入れないと押さえられなかったりすることがありますよね?

このような問題をできるだけ少なくするためには、正しいフォームを身に着けるのが最も簡単な解決法です。

正しいフォームで押さえるために、以下のポイントに注意しましょう。

正しいフォームのポイント

  • できるだけフレットの近くを押さえる。
  • 指を立てる
  • 手の平はネックから離す。ピンポン玉が手のひらとネックの間に入るようなイメージ。
  • 押さえにくいコードは指を少しななめにしてみる。

コードがしっかりと押さえられているか確認しよう

コードを押さえたとき、全ての鳴らしたい音がしっかり鳴っているか確認しましょう。

確認する方法は、6弦から順番に1本ずつ鳴らしていき、全ての音がきれいになっているかチェックしてみてください。

きれいになっていない音がある場合は、

  • 弦は十分に押さえられているか
  • 他の指が触れていないか

を確認し、押さえる強さや指の角度などを調整しながら改善してみましょう。

難しいコードの押さえ方

簡単なコードは押さえらえるようになったけど、コードによっては全く押さえられない」と悩んでいるかもしれませんが、コードってそういうものなんです(泣)

特に、多くの初心者がバレーコード(セーハコード)と言われるコードでつまずきます。という事で、それぞれのバレーコードを押さえるコツをご紹介します。

バレーコードを押さえるには

バレーコード

「バレーコード」とは1本の指を寝かせてたくさんの弦を押さえる「バレー(セーハ)」というテクニックを含んだコードのことを言います。

1本の指でたくさんの弦を押さえるので、その分技術が必要。コツがつかめず苦戦する人も多いです。

僕も初めは全く鳴らなくて、「このギター、なんかおかしいんじゃない?」とギターのせいにしたりもしました。(笑)

バレーコードを押さえるのには、指の力もある程度は必要ですが、「コツ」もかなり必要になります。コツをつかむために以下のポイントを意識して練習してみてください。

バレーコードを押さえるコツ

  • 親指をネックの背に置き、親指と人差し指でネックを挟むように押さえる。
  • 人差し指の平、ではなく、少し側面(親指側)を使って押さえる。
  • 他の指で押さえる弦は無視して、バレー部分だけに全力集中する。
  • 必要最小限の力で押さえる。

難しいコードの押さえ方①:バレーコード

Bmコード

バレーの部分が少ないので、バレーコードの中では比較的押さえやすいコードです。

6弦はバレーに使っている人差し指を軽く触れて、ミュートしましょう。

2,3,4弦は他の指で押さえているので、人差し指は1弦と5弦を押さえることだけに集中しましょう。

Bm7コード

こちらも6弦は鳴らす必要がないので、人差し指で軽く触れてミュートです。

先ほどと違って、Bm7は1弦、3弦、5弦の3つを人差し指で押さえなければいけません。この3弦が1番押さえづらいので、しっかりとなっているか確認しましょう。

指の凹凸を見て、少し凸になっている部分があれば、そこを3弦に当てるとより押さえやすいです。

難しいコードの押さえ方②:ちょっと難しいバレーコード

Fコード

初心者がつまずくコード代表のFコードですが、コツさえつかめれば必ず一瞬で押さえられるようになります。

つまずきやすいのはやはり、人差し指だけで1弦,5弦,6弦の3か所を押さえなければいけないため。

2,3,4弦は一旦無視して、あまり力まず、バレー部分に集中して練習しましょう!

Fコードの簡単バージョン

Fコードを簡単に押さえられるようにした省略形の押さえ方もあります。

また、6弦を親指で押さえる方法もあり、人によってはこちらの方が押さえやすいかもしれません。ぜひ試してみてください!

難しいコードの押さえ方③:さらに難しいバレーコード

Bコード

BコードはFコードをなんとかクリアした初心者に襲い掛かる2つ目の試練。初めて見たときは「ば、バレーが2か所!?」と衝撃が隠し切れませんでしたが、Bコードには2通りの押さえ方があるので、自分の押さえやすい方を使ってみてください。

そーじゅ

僕は前後のコードの流れなどで使い分けてるよ!

中指、薬指、小指で押さえる方法

指の力が弱い人はこちらの方が確実に押さえやすく、ビビりも起きにくいと思います。

ただ、指同時が重なるので指が太い人にはやりにくいかもしれません。重なった指が他の弦に触れてしっかりと音が鳴らないという状況も起こりやすいです。
手が小さい人にも少し押さえにくいです。

薬指一本で押さえるパターン

こちらの押さえ方の方が素早いコードチェンジはやりやすいと思います。

ただ、薬指に負担がかかるので指の力が必要になるのと、薬指が反らない人にはそもそもこの形を作るのがかなり難しいと思います。

薬指が反りさえすれば、薬指が5弦,1弦に触れないように練習していけば、いずれできるようになりますよ!

Bコードの簡単バージョン

こちらのBコードにも省略形があるので、「まだ上手く押さえられないけど、弾きたい曲に出てくる…」という人なんかはぜひつかってみてください!

1弦を押さえるのを諦めて、人差し指は5弦だけを押さえる方法です。Bコードの中音は残しつつ、本来の形よりはかなり簡単に押さえることができます。

コードが押さえられるようになったら、次はコードチェンジ!

コードがしっかりと押さえられるようになったら、次はコードチェンジの練習をしましょう!

コードチェンジが素早くできるようになると、弾ける曲がドカンと一気に増えるので、脱初心者したといっても良いのではないかと思います。

コードチェンジ

「コードチェンジ」とは、曲に合わせてコードを次々と変化させていくことを言います。

それぞれのコードが上手に押さえられるようになっても、コードチェンジが遅いと曲を弾くことはできません。

曲に合わせて弾くには、手の形を瞬時に変える必要があるので初めは難しいと思いますが、慣れると自然にできるようになりますよ!

とは言っても、コツや意識すべきポイントはあるので、以下の点に注意して練習してみてください!

コードチェンジのコツ

  • 1本ずつ指を置くのではなく、空中で手の形を作り一気に全ての指を押さえる。
  • 指を離す時はあまり離しすぎず、最小限の動きに抑える。
  • 離す瞬間は少しの時間開放弦になるが、気にしない。

これらを初めからいきなり行うのは難しいので、

2つのコードを設定し、

1つ目のコードを押さえる

指を離す

空中で2つ目のコードを準備

押さえる

正しく押さえられているかチェック

この練習を、ゆっくりで良いので繰り返し行ってみてください。この練習は少し慣れれば、ギターが無くてもすき間時間でいつでもどこでも練習できるので、僕はよくお風呂や電車でやっていました!

ギターの難しいコードも絶対に押えられる!

バレーコードなどの押さえるのが難しいコードでも、センスや才能、手が小さい、指が短いなど関係なく、練習すれば押さえれるようになります!

手が小さいからムリ」「握力が弱いから、まず握力を鍛えないと…」という人もいますが、これらはきっと勘違いです。

「絶対むりだぁ~」と思っていても、しつこく練習していれば、急にコツがつかめるようになるものです!(僕もそうでした!)

ですので、ぜひ、すぐに諦めず、粘り強くトライし続けてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 4 =