ギターの独学は無理?向いてる人、向かない人の特徴と独学できるコツ

Pocket

そーじゅ

ギターを独学するのって無理?ギターは教室に通って習った方が良いのかな…。独学でギターが上手くなるコツがなにかあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • ギター初心者に独学はムリ?
  • ギターの独学が向いている人と向いていない人の特徴
  • ギター初心者が独学をするコツ
  • 初心者向けの具体的な練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギターの練習法などをググってみると、「ギターの独学なんて無理ゲー!!」というような記事をよく見かけますよね?僕も初心者の頃はこんな記事を読んで、「ホントに独学なんてできるのかな?」と不安になっていました。これから独学を続けていきたいと思っている人はぜひ、この記事を読んでみてください。

ギターの独学は無理?

ズバリ、独学でギターが弾けるようになることは可能です。

そう聞くと、「ホントに可能?」「なんで可能だと言えるの?」と思う人が多いと思うので、その理由を僕の経験をもとにご説明します!

「ギターの独学は無理じゃない!」その理由

まず、あなたがギターを始めたい理由はなんですか?

  • 「自分の好きな曲が自分で弾きたい!」
  • 「バンドに入ってギターを演奏してみたい!」
  • 「プロのギタリストになりたい!」
  • 「モテたい!!!」

など、さまざまな目的があると思います。これらの目的の中で、ギターが弾けるようになると、

  • 「自分の好きな曲が自分で弾きたい!」
  • 「バンドに入ってギターを演奏してみたい!」

この2つは達成できると思います。

ただ、

  • 「プロのギタリストになりたい!」
  • 「モテたい!!!」

この2つは達成できるか怪しいです。なぜなら、ギターが上手くなればギタリストになれるとは限りませんし、絶対にモテるとも限りません。

そーじゅ

ギターが上手いからモテるというのも疑問だけど…。(笑)

「ギターの独学なんて無理ゲー」と結論づけている記事を読むと、「独学でプロになるのはムリ」というように結論づけているものが多く、「ギターを弾けるようになるのはムリ」と言っているわけではないのです。

なので、「趣味でギターを弾く」という目的なら、達成はそれほど難しくないと思います。

独学でプロになるのは無理?

じゃあ、独学でプロになるのは無理なんだ・・・。」と思ってしまうかもしれませんが、そういう訳でもありません。

実際に独学のみでプロになったギタリストはたくさんいます!

ただ、ギターが上手くなったからと言って必ずプロのギタリストになれる訳でないので、「独学でもプロになれる」という人がいないのです。また、それと同時に「ギター教室に行けばプロになれる」という人もいませんよね。

独学は可能と言いましたが、人によっては向き不向きもあります。ということで、独学が向いている人と向いていない人の特徴を挙げていきたいと思います。ぜひ、自分に当てはめて考えてみてください!

ギターの独学が向いている人、向いていない人の特徴

ギターの独学が向いている人の特徴

ギター独学が向いている人の特徴①:ギターに情熱がある

まず、ギターが本当に好きで、強い情熱がある人は、なかなか上達せずにつまずくことがあっても練習を続けられると思います。

ギターが弾けるようにならない1番の原因が「ギターを始めてすぐに辞めてしまうこと」なので、ギターへの情熱があれば少なくともここはクリアできますよね!

そーじゅ

ギターは始めてすぐに辞めてしまう人が多い。逆に言えば、初心者さえ脱すれば辞める確率は大きく下がる!

また、本当に好きな人は集められる情報量も多いです。ギター独学に情報収集はとても重要なので、この点においても独学が向いていると言えます!

ギター独学が向いている人の特徴②:自分のペースでやっていきたい

独学では自分の好きな曲を、自分の好きなときに、環境が許す限り好きなだけ練習することができるので、「自分のペースで練習したい!」というようなマイペースな人にはピッタリ!

また、僕のように家の近くにギター教室がなく、「毎週出かけたりするの面倒くさいなぁ」と思ってしまう人にも向いているかもしれません。

ギター独学が向いている人の特徴③:型にはめられたくない

ギター教室に通うと独学に比べ、基礎をしっかり身に着けることができると思います。これは大きなメリットでもありますが、逆に言うと「型にはまったギタリスト」になりやすいとも言えますよね?

音楽において、個性は大きな武器となるので、「型にはめられず自分の個性を伸ばしたい!」という人もいると思います。そのような人には独学がオススメです。

ギターの独学が向いていない人の特徴

ギターの独学が向いていない人の特徴①:ギターにあまり興味がない

「ギターは弾きたいけど、そこまで情熱がある訳ではない」このような人は、結構な割合で1度つまづいたら練習を辞めてしまうと思います。

練習をやめたら絶対に弾けるようにはならないので、ある程度弾けるようになるまで教室に通った方が良いかもしれません。

ギターの独学が向いていない人の特徴②:お金に余裕がある

「お金がかかる」という事は、ギター教室の大きなデメリットです。どうしても続けたくても、お金に困ったり、節約のために途中で通わなくなってしまう人は案外多いです。

そーじゅ

ただ、金銭的な問題がなく、「独学に向いていない人」の条件にも当てはまるのならギター教室が合っている可能性は高い!

ギター独学が向いていない人の特徴③:絶対に最速で弾けるようになりたい

ギターを始める人の中には「なにがなんでも最速で上手くなってプロになってやる!」と思っている人もいると思います。

独学のデメリットに「成長スピードが教室に通った人に比べて遅くなりやすい」ということがあるので、このような人には独学は向いていません!

ギターの独学は無理じゃない!独学のコツ

ギター独学のコツ①:ギターを弾くことを習慣にする

とにかくギターに触ることを習慣にしてしまうと強いです!独学は「辞めてしまうこと」が1番の敵で、「続けること」が1番重要なので、数分でも毎日ギターに触ることを習慣にしてください。

オススメの方法は「部屋の中で最も長く過ごす場所から手が届くところにギターを置く」という方法です。

そーじゅ

僕は自分の部屋の中でソファーで過ごす時間が長かったから、ソファーの横にギターを置いていたよ!

あまり「続けよう!」と意識していませんでしたが、自然とギターを手に取ることでギターを弾くことが習慣になったと思います。

ギター独学のコツ②:好きな曲を練習する

ギターを練習していると、初めはなかなか弾けるようになりません。そうすると同じ曲を何度も何度も弾くことになるので、自分の好きな曲でないとすぐに飽きてしまいます。

また、「飽きたから違う曲しよー」と練習する曲を次々に変えていると、なかなか曲が完成することがなく、達成感を味わうこともできません。

という事なので、特に初心者で上達スピードが遅いうちは、1度に練習する曲は1曲と決めて、弾けるようになるまで集中してやってみてください!

具体的なオススメの練習方法

練習する1曲を決める(自分の好きな曲がオススメ)

「○○(曲名) コード」や「○○(曲名) TAB譜」とググってで楽譜を探してみる。

Youtubeでその曲のカバー動画があれば見て、その曲を弾くのに必要なコードやテクニックをチェックしてみる(有名な曲ならレッスン動画があることも多い。)

必要なコードやテクニックをググったり、youtubeで探し、コードやテクニックごとに練習する。

必要なコードやテクニックが一通りできるようになったら、1曲を短いパートに分けて少しずつ弾いてみる。

全てのパートが終わったら1曲を通して弾いてみる。スムーズに弾けるようになるまで反復練習する!

好きな曲を練習する方法は以下の記事でもご紹介しているのでぜひチェックしてみてください!

ギターの独学は無理じゃない!

ギターの独学を始めたばかりの時は、指が痛かったり、上達スピードが遅かったりで「自分には独学はムリなのかなぁ」と思ってしまう事もあると思います。

でも、少し続けていれば指が痛むことは無くなりますし(サボったらたまに痛いけど(笑))、上達スピードはぐんぐん上がっていきますよ!

何曲か弾けるようになれば、練習もどんどん楽しくなってきます。この楽しさを味わってほしいので、ぜひ、独学はムリなんて思わずに、少し練習を続けてみてください!きっと練習が楽しくなり、ギターがどんどん好きになってくると思います。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 3 =