ギターコードを覚える順番【初心者向け】まず覚えるべき4つのコード

Pocket

そーじゅ

ギターコード、多すぎて覚えれそうにない…。ホントに全部覚えた方がいい?ギターコードを覚える順番とか、特に覚えた方がいいコードがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギター初心者がまず覚えるべきコード
  • 押さえにくいコードの押さえ方
  • コードを押さえるコツ
  • コードチェンジの練習方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕も長い間、ギターのコードが全く覚えられず「みんななんでこんなの覚えられるんだろう…。」と疑問に思っていました。同じように、コードについて何か悩んでいる人はぜひ見てください!

ギターコードを覚える順番【初心者向け】

そーじゅ

「コードについてよく知らない」という人もいると思うから、まずは『コード』について説明していくよ!

コードとは

『コード』とは、日本語では「和音」、つまり『いくつかの音の組み合わせ』のことです。それぞれのコード(音の組み合わせ)には名前が付けられていて、区別、分類できるようになっています。

この説明だけでは「んん…よく分からん。」と思ってしまうかもしれませんが、今のところ難しい知識は必要ありません!

まずは、「このコードはこの手の形」という風に、『コード名』と『弦の押さえ方』から覚えていきましょう!

ギターコードを覚える順番①:まず覚えるべき4つのコード

ギター初心者で「コードが多すぎて全然おぼえれない…。」と悩んでいる人がいますが、全てのコードを一度に覚える必要はありません。

むしろ、初めは4つだけ覚えれば十分です!

そして、この「初めに覚えるべき4つのコード」は「G」,「D」,「Em」,「C」です。なぜこの4つかと言うと、「すごく良く使われていて、押さえやすい」からです。

そーじゅ

この4つのコードだけで1曲弾けてしまう曲もあるよ!

4つのコードだけで弾ける曲「Stand by me」

ギターコードを覚える順番②:最もよく使われる7つのコード

先ほどご紹介した4つのコードに「F」,「Bm」,「Am」の3つを合わせた7つのコードが「この世の中で最も頻繁に使われるコード」と言われています。

この7つは早めに習得しておくと便利です!

7つのコードだけで弾ける曲「チェリー」

そーじゅ

4つのコード、7つのコードで弾ける曲を、他にもたくさん下の記事でまとめているからぜひチェックしてみてね!

ギターコードを覚える順番③:メジャーコード、マイナーコード

上述した 『4つのコード』、『7つのコード』を曲を弾きながら覚えた頃には、指の先の皮も厚くなり、指も慣れてかなりコードを押さえやすくなっていると思います。

このような状態になったら、全ての『メジャーコード』『マイナーコード』を覚えていきましょう。

『全て』と言っても、

  • メジャーコード(A,B,C,D,E,F,G)
  • マイナーコード(Am,Bm,Cm,Dm,Em,Fm,Gm,)

という風に、それぞれ7つずつ、合計14個しかありませんし、すでに7つ覚えているのでそこまで大変ではないと思います。

ギター初心者のうちに覚えるべきコードは以上なので、ぜひ頑張って覚えて見てください!

そーじゅ

他にも「セブンスコード」などのコードもあるけど、これらのコードは色んな曲を弾きながら徐々に覚えていこう!

【覚える順番は後回し】初心者がつまずきやすいギターコード

多くのギター初心者を苦しめる最初の難関が、『バレーコード』と呼ばれる、少し特殊な押さえ方のコードです。

バレーコード

「バレーコード(セーハコード)」とは1本の指で全ての弦を押さえる「バレー(セーハ)」という状態を含んだコードのことを言います。

1本の指で6本の弦を押さえる必要があるので、力が足りなかったり、コツがつかめず苦戦する人はかなり多いです。

僕も初めは全く鳴らなくて、「このギター、なんかおかしいんじゃないの?」とギターのせいにしようとしたりもしました…。(笑)

バレーコードを上手く押さえるのには、指の力というより指の力を上手く弦に伝える「コツ」が重要です。

そーじゅ

ちなみに、「バレーコードなしで弾ける曲」を下の記事で紹介してるから、こちらもぜひチェックしてみてね!

ギターコードを押さえるコツ【初心者向け】

実際にコードを押さえてみると、「ビーーーン」というような変な音が鳴ることがあると思います。

これは「ビビる」と言って「どれかの弦が上手く押さえられていない」のが原因なので、押さえた状態で弦を1本ずつならし、どの弦が押さえられていないのか突き止めましょう。

上手く弦を押さえるためには以下のポイントに注意しましょう。

コードを上手く押さえるコツ
  • できるだけフレットの近くを押さえる。
  • 指を立てる
  • 手の平はネックから離す。ピンポン玉が手のひらとネックの間に入るようなイメージ。
  • 押さえにくいコードは指を少しななめにしてみる。
そーじゅ

ちなみに、「ギターコードが簡単な曲」を下の記事で紹介してるから、簡単な曲を探している人はぜひチェックしてみてね!

ギター初心者にオススメ、コードチェンジの練習方法

コードチェンジ

コードチェンジ」とはその名の通り、曲に合わせてコードをどんどん変化させていく作業のことを言います。

1つ1つのコードが押さえるようになっても、コードチェンジがスムーズにできなければ、まだ曲を上手く弾くことはできません。

コードチェンジは「慣れる」ことが1番重要ですが、いくつかのポイントを意識しながら練習することでコツを掴みやすくなります。

ギターコードを覚える順番通りに覚えて、初心者を卒業しよう!

コードがスムーズに押さえられるようになると、一気に脱初心者に近づきます。初めは「自分の手が、ギタリストがやってるように動くようになるとは思えない…。」と絶望してしまうかもしれませんが、案外慣れるのは早いです。

いろいろなコツをご紹介しましたが、1番のコツは「できている人を見て、見たまま同じ事をする。」です。

「そんなん出来たら苦労しないよ!」と思うかもしれませんが、「上手い人を観察して、自分に取り入れるスキル」はギターをする上でとても重要なスキルです。ぜひ身に着けましょう!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =