【グレッチギター】初心者にもオススメ!Gretschのギター2選と初心者セット

Pocket

そーじゅ

グレッチのギターかっこいいなぁ…。でもギター初心者が買うには高すぎるよね…。ギター初心者にもオススメなグレッチのギターが何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • グレッチはギター初心者におすすめ?
  • グレッチのギター初心者おすすめギター2選
  • グレッチのおすすめギター初心者セット

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。

グレッチのギターって見た目がオシャレで、なんだか他のギターとは違う雰囲気がありますよね!僕もあの見た目に惹かれつつ、「でも絶対高いよね…」と購入するまでは踏み切れずにいました。同じようにグレッチギターに興味がある人はぜひ見てください!

グレッチはギター初心者におすすめ?

そーじゅ

知らない人のために、まずはグレッチについて説明していくよ!

グレッチとは

『グレッチ(Gretsch)』は、とても長い歴史のある楽器メーカーで、高品質なギターやドラムの製造で知られています。以前は「グレッチと言えばロックンロール」というようなイメージでしたが、最近ではパンクのようなジャンルのギタリストにも人気の高いメーカーです。

グレッチギターの歴史

グレッチは1883年にブルックリンでスタートし、1940年ごろからエレキギターを作り始めたと言われています。1950年代には、現在でも『世界一美しいエレキギター』と言われて人気の高いホワイトファルコンが大ヒットしますが、その後はフェンダーやギブソンと言った他メーカーの大躍進もあり勢いを失います。

ただ、1980代には勢いを取り戻し、この復活はグレッチのギターを愛用していたブライアン・セッツァーの影響が大きいと言われています。また、1980年ごろからは多くのモデルが日本で作られ始め、これは現在でも続いています。

2010年ごろからは、製造技術の進歩もあり、今まで使われていなかったパンクなど、広いジャンルで使われるようになり、その人気は今でも続いています。

グレッチギターの特徴

グレッチギターと言えば『ホロウボディ』が特徴で、その独特な見た目やサウンドには魅力を感じる人も多いです。

そーじゅ

確かに見た目がすごくオシャレ!

ホロウボディとは

エレキギターはその構造によって大きく2種類に分けられますが、

  • ギター本体に空洞があるものが『ホロウボディ』
  • 空洞のないものが『ソリッドボディ』

と呼ばれています。

ホロウボディのサウンドには、『エア感』『箱鳴り』などと表現される、独特で美しい響きがあり、それを「グレッチの音」という風に認識している人も多いと思います。

ただ、ホロウボディには、そのアコースティックギター的な空洞とピックアップの関係から「ハウリングが起きやすい」と言うデメリットがあります。

そのため一昔前は、グレッチギターを使うギタリストはエフェクターなどで強く歪ませた「ドライブサウンド」ではなく、「クリーンサウンド」「クランチサウンド」で演奏する人がほとんどでした。

最近のモデルでは、このようなハウリングへの対策がされており、大きく歪ませることも十分に可能です!この「ハウリング対策」も最近のパンク人気につながっています。

グレッチのギター初心者おすすめギター3選

「グレッチギターは高級品」と言うイメージを持っている人も多く、実際に100万円を超えるようなモデルもありますが、実際には廉価モデルもたくさん出ており、こちらも「クオリティーが高い!」とかなり評判が良いのでオススメです!

そーじゅ

ものすごく安い訳ではないけど、ギター初心者でも頑張れば手が出るレベル!

グレッチのギター初心者おすすめギター
  • エレクトロマチック(Electromatic)シリーズ
  • ストリームライナー(streamliner)シリーズ

エレクトロマチック(electromatic)シリーズ

グレッチギターに憧れがある人には、「エレクトロマチック」というシリーズがおすすめです。

1995年に初めて発表されたこのシリーズは、日本のギタリスト達に『エレマチ』と呼ばれて親しまれており、ハイグレードなモデルにそっくりの見た目のギターを圧倒的に安く手に入れられるのが1番の魅力です!

もちろん似ているのは見た目だけでなく、ピックアップやビグスビーなどは同じ部品が使われているので、近いサウンドを味わうこともできます。

そーじゅ

廉価版という位置付けだけど、クオリティがすごく高いことで知られているよ!

エレクトロマチックのギターは、

  • 本体内部に大きな空洞があるホロウボディ構造の『ホロウボディ』シリーズ
  • 本体内部に小さな穴がいくつもある「チェンバードボディ」という構造を持つ『ジェット』シリーズ

の2つが主なシリーズとなります。

「ホロウボディのギターが欲しい!」という人にはホロウボディシリーズのギターがオススメですが、こちらは基本的に10万円は超えてしまいます。

それに対してジェットシリーズの方は価格も抑えられていてギター初心者でも手が出しやすいですし、こちらもクオリティーは十分に高くオススメです!

ストリームライナー(streamliner)シリーズ

エレマチが「ハイエンド機種の廉価版」という位置付けなのに対し、ストリームライナーのギターはそれぞれがテーマを持って新しく開発されたモデルです。

「グレッチらしい見た目は持たせたまま、新開発の技術が組み込まれ、価格帯はかなり抑えられている」という特徴があります。

2016年に発表された比較的新しいシリーズということで、クリーンなサウンドはもちろん、大きな歪みにも対応できる新開発のピックアップなども使われていますが、見た目はレトロな雰囲気で一発で気にいる人も多いと思います!

また、ストリームライナーの中でも価格帯が低く、コストパフォーマンスに優れているモデルが「Streamliner Junior Jet Club」です。

こちらはソリッドボディで印象としてはレスポールに似ていますが、随所にグレッチらしいデザインが散りばめられており、シンプルで初心者にもオススメのモデルです!

グレッチギターのオススメ初心者セット

「Streamliner Junior Jet Club」には初心者セットもあるので、こちらのギターが気になっている場合はぜひセットの方もチェックしてみてください!

こちらはギターを始めるために必要なものが一気に揃うので、ギター初心者にとってはかなりメリットの大きなセットとなっています。

グレッチギターはギター初心者にもオススメ!

ギター初心者が1本目のギターを選ぶ場合、高級なイメージのあるグレッチのギターを選択肢に入れている人は少ないと思いますが、「エレクトロマチック」や「ストリームライナー」など、コストパフォーマンスに優れたシリーズがあることもぜひ知っておいて欲しいです!

グレッチギターは気になっているけど、「でも絶対高いよね…」と諦めている場合も多いと思うので、ぜひチェックしてみてください。

ギターは自分がすごく気に入ったものが手元にあると、練習にも身が入りどんどん上達することができるので、自分の気にいるものが見つかるまでとことん選んでみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみに「おすすめのギター初心者セットがもっと知りたい!」という人は、下の記事で予算や要望に合わせたおすすめの初心者セットをまとめてるから、ぜひチェックしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 4 =