【エレキギターアンプ】初心者おすすめ5選、初めてのアンプの選び方【買う前に知っておきたい】

Pocket

そーじゅ

エレキギターを始めたばかりだけど、どんなアンプを買えばいいんだろう…。そもそもギター初心者にアンプって必要?エレキギター初心者に特におすすめのアンプが何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます。

この記事のポイント
  • エレキギターのアンプってギター初心者でも使うべき?
  • エレキギターアンプ、初心者におすすめの選び方
  • エレキギターアンプ、初心者におすすめの5機種

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕はエレキギターを買ったばかりの頃しばらくアンプなしで練習していたんですが、やっぱりなんだか物足りないんですよね…。(笑)実は、アンプなし練習を続けることで出てくる悪影響もあるので、アンプを買おうか迷っている人はぜひ見てください!

エレキギターのアンプってギター初心者でも使うべき?

ギター初心者の人の中には、ギターアンプについてよく知らない人もいると思うので、まずは「ギターアンプってどんなもの?」というところから説明していきます!

アンプとは

『アンプ(ギターアンプ)』とは、シールドケーブルなどでエレキギターと接続して、エレキギターから伝わってきた電気信号を音に変換し、スピーカーから音として出すための機械です。

「エレキギター」という楽器は、アコースティックギターと違い、ギター本体だけで音を響かせることはできません。

アコースティックギターは「弦から出た音を、ギター本体にある空洞を使って響かせる」という仕組みで音を響かせますが、エレキギターにはギター本体に音を響かせる仕組みがないのでアンプが必要になる、ということなのです。

そーじゅ

アコースティックギターでも、アンプを使うこともあるよ!

そこで「じゃあエレキギターの練習にはアンプが必須なの?」と言う疑問が生まれるかと思いますが、生音でエレキギターを練習するのは不可能ではありませんし、実際にアンプなしで練習している人もいると思います。ただ、実際にエレキギターをアンプを使わずに弾いたことがある人なら分かると思いますが、生音では「ペケペケペケっ」と本当に小さな音しかなりません…。

この小さな音で練習を続けていると、しっかりと音を出そうと自然に力が入り、力みやすくなったり、変なクセが付いてしまいやすいです。

実際に僕も、しばらくアンプなしで練習した後にアンプを使って弾いてみると、ピックを持つ手や腕に力が入ってガチガチになっていることに気が付きました。1度このようなクセが定着してしまうと、脱力して弾けるようになるまでは結構大変です…。

と言うことで、エレキギターを練習するときはできるだけアンプを使って練習するのがおすすめです!

そーじゅ

アンプなしの練習が良くない具体的な理由については、以下の記事でまとめてるから合わせて参考にしてみてね!

エレキギターアンプ、初心者におすすめの選び方

そーじゅ

それでは、エレキギターアンプの選び方を紹介していくよ!

エレキギターのアンプを選ぶときは、以下のポイントに注目して選ぶと、自宅での練習環境など、自分の条件に合ったアンプが見つかりやすいです。

エレキギターアンプ、初心者が注目すべきポイント
  1. アンプの種類
  2. サイズ(ワット数)
  3. その他の詳細

エレキギターアンプ、初心者注目ポイント①:ギターアンプの種類

ギターアンプにはいくつかの種類があり、種類によってアンプから出る音はもちろん、音を大きくする仕組みすら違ってくるので、ギターアンプの種類はアンプを選ぶ上でとても重要なポイントになります。

そーじゅ

エレキギターのアンプには以下のような種類があるよ!

  • 真空管アンプ
  • トランジスタアンプ
  • デジタルアンプ
  • ヘッドホンアンプ

エレキギターアンプの種類①:真空管アンプ

真空管アンプとは

真空管とは真空のガラスなどの管で、電気信号を増幅させるために使われるものなのですが、「真空管アンプ」はこれを利用し、エレキギターから伝わる電気信号を増幅させることで大きな音を発生させるという仕組みのアンプです。

真空管アンプは他のアンプと比べるとかなり長い歴史があり、自然な歪みと温かみのあるサウンドから人気が高く、愛好家やマニアも多いです。

ただ、「真空管はとってもデリケートで、慎重な取り扱いが必要」という特徴もあるので、ギター初心者には少しハードルが高いかもしれません。

また、真空管アンプは電圧や真空管の調子などによって音が違ったり、不安定な部分も大きいとも言われています。

そーじゅ

真空管には寿命があり、定期的なメンテナンスも必要。

エレキギターアンプの種類②:トランジスタアンプ

トランジスタアンプとは

「トランジスタアンプ」とは、その名の通りトランジスタという電子部品を利用したアンプなのですが、真空管と同じようにトランジスタを利用して電気信号を増幅するという仕組みになっています。

トランジスタアンプは整ったサウンドが特徴で、真空管アンプのように「壊れやすい」「不安定」などといった扱いにくさもなく、メンテナンスもほとんど必要ないので、ギター初心者でも扱いやすいという特徴があります。

また、真空管アンプの音は「やわらかい」と表現されることが多いのに比べて、トランジスタアンプの音は「硬い」と言われることが多いです。

そーじゅ

ただ、「音の柔らかさ、硬さ」については、メーカーや種類にもよるから一概には言えないよ!

エレキギターアンプの種類③:デジタルアンプ

デジタルアンプとは

「デジタルアンプ」とは、ギターから出る音をデジタル変換して、そのデジタル信号を増幅して音として発生させるという仕組みのアンプです。

デジタルアンプは、これまでに発売された真空管アンプやトランジスタアンプの中で名機と呼ばれるものをモデリングし、それらに似たサウンドを出すことができます。

デジタルアンプのメリットは「コンディションに左右されない」「1台のアンプで様々なアンプやエフェクターのサウンドを使い分けられる」「省エネ」などたくさんあり、またデジタルアンプの技術は最近でもどんどん上がっています。

エレキギターアンプの種類④:ヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプとは

ヘッドホンアンプとは、スピーカーから音を出すのではなく、ヘッドホンやイヤホンから音を出すためのギター練習用のアンプです。

ヘッドホンアンプは騒音問題などで大きな音が出せない環境でもギターが練習できるように開発されたアンプで、最近ではヘッドフ自体がイヤホンアンプとなっており、直接ギターに繋げるようなものも発売されています。

超小型のものが多く、持ち運びにもかなり便利です。

そーじゅ

部屋での練習に便利なヘッドホンアンプについては、下の記事でまとめているから合わせて参考にしてみてね!

エレキギターアンプ、初心者注目ポイント②:サイズ(ワット数)

自宅練習用のギターアンプを選ぶときは、「自分の部屋にちょうどいいワット数かどうか」と言うこともかなり重要です!

ワット数とは

ギターアンプの音の大きさの目安として「ワット数」が使われます。アンプのワット数によって使用用途や適した環境なども変わってくるので、アンプを買ううえで重要なポイントになります。

エレキギターアンプのワット数①:50〜100W

ライブハウスや野外ライブ、スタジオなどで使われるのがこのくらいのワット数です。

ボリュームをめちゃくちゃ絞ってもかなり大きな音が出てしまうので、自宅での練習には向いていません。

ただ、ライブ会場などではこれくらいの大きなアンプが多いので、ライブをしたいならスタジオ練習などで大きなアンプに慣れておくのも必要でしょう。

エレキギターアンプのワット数②:10〜50W

小~中規模のライブ会場、ライブハウス、スタジオなどで使われるサイズです。

こちらもまだ自宅練習用には向きませんが、防音設備が整っていたり、田舎のほうで家が隣接していなかったり、騒音問題がない場合は自宅でも使える場合もあります。

エレキギターアンプのワット数③:1〜15W

いわゆる「ミニアンプ」と呼ばれるアンプで、自宅練習用として最も適しています。

このくらいの小さなアンプでも、ボリュームを上げるとけっこう大きな音が出るので、特に初心者の練習用にはピッタリだと思います。

エレキギターアンプ、初心者注目ポイント③:その他の詳細

ヘッドホン端子の有無

アンプ、ミニアンプの中にもヘッドホン端子がついているタイプとついてないタイプがあります。ついているタイプを選べば、遅い時間の練習などでもヘッドホンやイヤホンを繋いで静かに練習することができるので便利です。

本体の大きさ

買ったところで「部屋に置くスペースがない!」となってしまうと意味がありませんよね?買う前にアンプの大きさをチェックし、部屋に置けるか確認しておきましょう。

見た目

アンプの見た目も練習のモチベーションを上げるのに役立つので、気に入った物を選ぶことをオススメします。また、アンプはずっと部屋に置きっぱなしになることが多いので、インテリアとしてもおしゃれなものを選ぶとよいかもしれません。

エレキギターアンプ、初心者におすすめの5機種

そーじゅ

それでは、エレキギター初心者におすすめの小型アンプと、ヘッドホンアンプを紹介していくよ!

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ①:VOX / Pathfinder 10

自宅練習用として定番のアンプです。僕も持っているのですが、機能はシンプルで使いやすく、ヘッドフォン端子もあるので夜間の練習にも便利です!

価格も低く、コストパフォーマンスの面でもかなり優れています。どんな部屋にも合うクラシカルな見た目も、自宅練習用としてピッタリですね!

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ②:YAMAHA / THR5

かなり本格的なサウンドとエフェクトが特徴の10Wアンプで、ミニアンプとしてはビックリするくらい迫力ある音が魅力です。

見た目もおしゃれで、バッテリー駆動もできるので持ち運びもしやすく、専用のiOSアプリを使ってアンプとiPhoneなどを接続すると音楽と一緒に演奏したり、曲のコピーの練習などに活用することができ、とても便利です!

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ③:Roland / MICRO CUBE GX

小型で電池駆動に対応、単3電池6本で20時間以上使える、と持ち運びにすごく便利なアンプです。

それだけでなく、COSMというROLANDの独自技術で有名アンプの本格的なサウンドが再現できたり、いろいろなエフェクターを内蔵していたり、機能的にも充実しています。

iPhoneやiPadなどと接続して音楽を鳴らしながらギターを演奏できるなど、細かな機能も豊富です。

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ④:BLACKSTAR / FLY 3

このアンプはとにかくコスパが最強で、出力3Wのミニアンプとは思えないくらい音が良いです。

また、電池駆動でき、重量も1Kgほどなので持ち運びにも楽ですし、別売りのExtension Cabで最大6Wまで追加することもできます!

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ⑤:BOSS / KATANA-MINI

こちらもかなりコスパの良いミニアンプ。ギターの練習に必要な機能はもちろん備わっています。

本体も軽く、1.2Kg程度、出力は7Wと大きめ、音作りもかなり本格的にできるので練習には十分すぎるアンプです。

エレキギター初心者おすすめヘッドホンアンプ①:VOX / amPlug 2 AC30

定番のヘッドホンアンプで、超小型、本体のプラグをエレキギターに差し込み、イヤホンやヘッドホンと繋いで使用します。

実際のアンプの音を再現するための「アンプシミュレーター」という機能も付いているので、かなり本格的なサウンドで自宅での練習を楽しむことができます。

エレキギター初心者おすすめ小型アンプ②:VOX / amPhones AC30

こちらはamPlug 2と機能的には似ていますが、ヘッドホンと一体型になったタイプです。ヘッドホンをギターと直接繋いで使えるという画期的なイヤホンアンプです。

エレキギターのアンプはギター初心者でも使うべき!

ギター初心者の時は「上手くなるまで、しばらくアンプなしで練習しよう!」と思っている人もいると思いますが、練習にもアンプはできるだけあった方が良いです。

やはり、エレキギターの生音で練習し続けてしまうと、無意識に音を大きく鳴らそうと手や体に余計な力が入り、変なクセが付いてしまいます。ギターを弾くうえで脱力はとても大事なので、余計な力が入るクセが付くのは避けたいところです。

また、アンプがあると生音よりまた1段階、目指している音に近づけるので、練習のモチベーションも上がると思います。ぜひアンプを使って練習してみてください。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

僕が独学でギターが弾けるようになった時から、今でも使っている練習に必要な器具やギター弦などに関しては、以下の記事でまとめているから合わせて参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =