アコースティックギターを独学で習得する方法!上達する3つのコツ【アコギ初心者必見】

Pocket

そーじゅ

アコースティックギターを独学で弾けるようになりたい!でも実際、独学だけで弾けるようになるのかな…?独学のコツとか、おすすめの練習方法があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • アコースティックギターは独学できる?
  • ギター独学を挫折してしまう原因とタイミング
  • ギターを独学で上達するコツ
  • ギター独学のための練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕もアコースティックギターを始めた頃は、「本当に弾けるようになるのかなぁ…。」と不安に思うことが何度もありました。同じように、これからアコースティックギターを独学しようと思っている人はぜひ見てください!

アコースティックギターは独学できる?

この記事は、技術的なことや具体的な練習方法ではなく「独学で弾けるようになるために、どのように練習をやっていくべきか」について書いています。

そーじゅ

具体的な練習方法については、以下の記事にまとめているので合わせて参考にしてみてね!

アコースティックギターを実際に始めるまで、また、始めてしばらくは「このまま独学を続けていて弾けるようになるのかな…?」と不安になることもあると思います。

僕も始めたばかりの頃は、ギターに関する知識がほぼゼロで「やっぱり教室に通わないとダメかな?」「いつになったら弾けるようになるんだろう?」とよく考えていました。

「独学で弾けるようになるのは才能がある人だけ…?」

アコースティックギターの独学を挫折してしまう理由

アコースティックギター独学を挫折する理由
  • 曲がなかなか弾けるようにならない
  • 練習を続けられない
  • 上手い人みたいに弾けない
  • 練習方法が分からない
  • コードが押さえられない、覚えられない

アコギ独学の挫折理由①:曲がなかなか弾けるようにならない

練習を始めてみたものの、なかなか曲が弾けるようにならないとだんだんとモチベーションが下がってきてしまいますよね?

この状態のまま、1曲も弾けるようになる事なくギターを辞めてしまう人も多いです…。

そーじゅ

せっかく始めたのに、1曲も弾けずにやめてしまうのはもったいない…。

アコギ独学の挫折理由②:練習を続けられない

「特に理由はないけど、なんとなく辞めてしまった」という人も多いです。

特に理由はなくても、そもそもギターを弾くことが習慣になっていなければ自然とギターから遠ざかってしまうようです。

そーじゅ

ギターがただのインテリアになってしまう人も…。

アコギ独学の挫折理由③:上手い人みたいに弾けない

Youtube などを見ていると、ギターが異常に上手い人たちばかりですよね?

さらにそんな凄すぎるテクニックを持った人たちが「まだギターを始めて半年です。」なんて言っているのを見ると、「自分には才能がないんだ…」と挫折してしまう人が多いです。

アコギ独学の挫折理由④:練習方法が分からない

独学の場合、「アコースティックギターを買ったけど、何から練習すれば良いか分からない…」という人も多いと思います。

また、始めた後も「このテクニックがどうしても出来ない…。」と、何かのタイミングでつまずいてしまうこともあると思います。

そーじゅ

具体的な練習方法やテクニックについて知りたい人は、以下の記事でまとめているからぜひ参考にしてみてね!

アコギ独学の挫折理由⑤:コードが押さえられない、覚えられない

コードでつまずくギター初心者の人もすごく多いです。

コードはギター経験がない人にとって押さえるのも覚えるのも難しく、挫折のきっかけとしてはかなり多いです!

コードでつまずく人の多くが「コードは初めから沢山覚えるもの」だと思っています。ただ、初めから沢山のコードを覚える必要はありません。

そーじゅ

ギター初心者が初めに覚えるべきコードとその練習方法は以下の記事でまとめているから参考にしてみてね!

アコースティックギターを独学で上達するコツ

ここまで読んで、「独学って難しいんだな…。」と思ってしまった人もいるかもしれませんが、以下のポイントに気をつけていれば挫折の原因はかなり減らせます!

アコースティックギター独学のコツ
  • 簡単な曲、好きな曲を1曲練習する
  • ギターを弾くことを習慣にする
  • 人と比べない

アコギ独学のコツ①:簡単な曲、好きな曲を1曲練習する

ギター初心者がなかなか弾けるようにならない原因で多いのが、『1度にたくさんの曲を練習していること』です。

「この曲はちょっと飽きたから次の曲…」という風に、同時並行で何曲も練習していると「結局1曲も完成しなかった…」と挫折してしまいやすいのです。

そーじゅ

ギターを始めたばかりだと、1曲弾けるようになるにも時間がかかるもの!

また、1曲に決めるとその曲を何度も何度も弾くことになるので、自分の好きな曲でないとすぐに飽きてしまいます。

という事で、好きな曲の中で簡単な曲を1曲選び、その曲を完成させて達成感を味わうのが「独学成功への第1ステップ」なのです!

アコギ独学のコツ②:ギターを弾くことを習慣にする

ギターに触ることを習慣にしてしまうのも重要です。

独学は「辞めてしまうこと」が1番の敵で、「とにかく続けること」が1番重要なので、1日数分でも毎日ギターに触ることを意識してください!

オススメの方法は、自然と手に取る位置にギターを置くことです。

そーじゅ

僕は自分の部屋の中でソファーで過ごす時間が長かったから、ソファーの横にギターを置いてたよ!

アコギ独学のコツ③:人と比べない

「上手い人みたいに弾けない」と悩んでいる人がたくさんいますが、異常に上手い人ってごく1部の凄すぎる人たちなんですよね。

このような人たちとは練習環境も練習量も違いますし、比べることにあまり意味はありません。

そーじゅ

人と比べず、自分のペースでやっていくのがオススメ!

アコースティックギター独学のための練習方法

アコースティックギター独学練習方法
  • 弾きたい曲を決める
  • 曲をたくさん聴く
  • 楽譜を見つける
  • テクニック、コードを修得する
  • 曲を細かく分けて練習しよう
  • 曲を完成させる

アコギ独学練習方法①: 弾きたい曲を決める

まずは弾きたい曲を1曲決めましょう。

アコギ独学練習方法②:曲をたくさん聴く

曲が決まったら、その曲をしっかり聴きましょう。

なんとなく何回も聴くのではなく、曲を聴くことに集中して、特にギターのパートは「1音も聞き逃さないぞ!」という気持ちで聴きましょう。

そーじゅ

何度も聞いているつもりの曲でも、案外ギターのパートを集中して聴けていないことが多いよ!

アコギ独学練習方法③:楽譜を見つける

練習する曲の楽譜を見つけましょう。慣れてくると耳コピ(曲を聴いて、そのまま弾くこと)もできるようになりますが、初めの内は楽譜を用意しましょう。

「曲名 + Tab譜」などでググったり、Youtubeで検索すると、無料で楽譜を見つけることができます。

ただ、慣れるまでは紙の楽譜を用意して練習するのがオススメです。

紙の楽譜のメリット
  • 一曲に集中しやすい
  • 見やすい
  • 書き込める
  • 1曲に集中しやすい

「初めは1曲に集中した方が良い」と前述しましたが、紙の楽譜だと手元にあるので1曲に集中しやすいです。

オンライン上の楽譜だと、すぐにいろいろな曲の楽譜が見れてしまうし、次に練習する時に「あれ、どの曲を練習してたっけ?」という風になりやすいです。

見やすい

バッテリーを気にする必要がないことや、文字の大きさなどから結局1番見やすいのは紙の楽譜です。

オンライン上の楽譜にも「自動でスクロールしてくれる楽譜」など、便利な機能が付いている楽譜がありますが、演奏に合わせて楽譜が読める「ギター中級者以上」でなければあまり必要のない機能です。楽譜に慣れるまではあまりオススメできません。

書き込める

紙の楽譜は練習中に何か気になったとき、すぐに書き込めるのもメリットです。僕も最初に1冊楽譜を買って練習したのですが、けっこうボロボロになるまで使いました(笑)

個人的に紙の楽譜は何冊も買う必要はなく、楽譜に慣れてからは無料でオンライン上の楽譜を理由するのがコスパの良い方法かな、と思います。

アコギ独学練習方法④:テクニック、コードを修得する

選んだ曲に、まだ習得していないテクニックやコードが出てきた場合は、良い機会だと思ってマスターしてしまいましょう!
独学ではこのように積極的に技術を習得していかないと、なかなか上達せず、成長も遅くなってしまいます。

そーじゅ

テクニックも、名前や特徴、曲名などをYoutubeなどで検索するとだいたい出てくるよ!

アコギ独学練習方法⑤:曲を細かく分けて練習しよう

テクニックやコードを習得したら、いよいよ曲を実際に弾いていきましょう。この時、曲を細かいパートに分けて、短いフレーズごとに練習していきましょう。
また、初めはとにかくゆっくりなテンポで弾きましょう。そのテンポで完璧に弾けるようになったら、少しずつ少しずつ原曲のテンポに近づけていきましょう。

アコギ独学練習方法⑥:曲を完成させる

全てのフレーズが弾けるようになったら、それらのフレーズをつなげて弾いてみましょう!
この時も初めはゆっくり弾いてください。少しずつテンポを上げて、原曲の速さでも完璧に弾けるようになれば完成です!

アコースティックギターは独学できる!

アコースティックギターを始めたばかりの時は、指が痛かったり、なかなか上達しなかったり、「自分に独学はムリなのかなぁ…」と思ってしまう事も何度かありました。

でも、少し続けていれば指が痛むことは無くなりますし、上達スピードはぐんぐん上がっていきます!

特別な才能が無くても、ギターは独学できるのです!

出来なかった事ができるようになったり、自分の好きな曲が弾けるようになれば、練習もどんどん楽しくなってくるので、諦めずに練習を続けてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 4 =