ギター初心者でも超簡単!!楽譜の読み方【tab譜やコード譜が読める】

Pocket

そーじゅ

ギター初心者で楽譜はまだ読めないけど、楽譜の読み方むずかしそう…。でもギターを弾くには読めないとダメだよね?初心者でも簡単にギターの楽譜の読み方をマスターできる方法があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • ギターの楽譜は「Tab譜」と「コード譜」の2種類
  • ギター初心者でも簡単!Tab譜の読み方
  • コード譜の読み方

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕もギターの楽譜は全く読めませんでしたが、読み方を覚えながら読んでみると思った以上にシンプルですぐに覚えられました!ギターの楽譜の読み方で困っている人は、ぜひ見てください!

ギターの楽譜は「Tab譜」と「コード譜」の2種類

「楽譜」と聞くと、多くの人がピアノなどで使われる「五線譜」を思い浮かべるのですが、ギターに使われる楽譜はそれとは違い、と呼ばれるものが使われます。

この「Tab譜」と「コード譜」はギター専用の楽譜です。

そーじゅ

難しそうに聞こえるかもしれないけど、読み方はめちゃくちゃシンプル!

TAB譜とは

「TAB(タブ)譜」とは、ピアノなどの五線譜と違って6本の線で表されるギター専用の楽譜です。6本の線はギターのそれぞれの弦を表しており、ギターを覗きこんだ状態を図にしたようにな感じなので、感覚的に読みやすくなっています。

TAB譜の読み方

6本の線はそれぞれの弦、線上の数字は押さえるフレットを表しています。「0」の場合は開放弦(何も押さえない)です。

慣れないうちは、「TAB譜を見て弦とフレットを確認」→「指板を見る」→「指を置く」、という風に、1つの音を押さえるのにも時間がかかると思いますが、慣れてくるとわざわざ指板を見なくても、Tab譜を見ながら弾けるようになります!

TAB譜の記号で表されるテクニック

TAB譜では、基本的なテクニックや奏法などは記号で表されます。表し方は楽譜によっても多少異なりますが、基本的には以下のようになっています。

チョーキング

「チョーキング」とは、鳴っている弦を指で押し上げたり、押し下げて音程を変えるテクニックです。

Tab譜上では「C」、「cho」などで表されます。

細かな指示は以下のように表されます。

チョーキングの種類

  • C → 1音分、音程を上げる。
  • H.C → 半音分、音程を上げます。
  • 1H.C → 1音半分、音程を上げます。
  • 2C → 2音分、音程を上げます。
  • Q.C → 4分の1音分、音程を上げます。

ビブラート

「ビブラート」は、前述したチョーキングと同じ要領で弦を押し上げたり、下げたりを繰り返して、歌などのビブラートと同じように音程を揺らすテクニックです。

Tab譜上では「Vib」と表されます。

スライド

「スライド」は押さえているフレットから他のフレットへ指をスライドさせて、滑らかに音程を変えるテクニックです。

Tab譜上では「S」で表されます。

ハンマリング・オン

「ハンマリング・オン」は、指を弦に叩きつけて音を鳴らすテクニックです。

Tab譜上では「H」と表されます。

ピッキングせずに弦に指を叩きつけて音を鳴らすテクニックです。

プリング・オフ

「プリング・オフ」は、弦を押さえている指を弦に引っ掛けるように弦から離すことで音を鳴らすテクニックです。

Tab譜上では「P」と表されます。

トリル

「トリル」は、ハンマリング・オンのように叩きつける、プリング・オフのように引っ掛けるを繰り返して細かく音を鳴らすテクニックです。

Tab譜上では「Tr」と表されます・

ブラッシング

「ブラッシング」は、手を弦に軽く触れてミュートしながら弦を弾き、パーカッションのような音を出すテクニックです。

Tab譜上では「×」と表されます・

ナチュラル・ハーモニクス

「ナチュラル・ハーモニクス」は5フレット、7フレット、12フレットなど、ハーモニクスの音の出るポイントに軽く触れて、弦を弾きながら離すことでハーモニクスの音を出す奏法です。

Tab譜上では「」「N・H」などと表されます。

ピッキング・ハーモニクス

「ピッキング・ハーモニクス」はナチュラル・ハーモニクスと原理は同じですが、ピックを持っている指を弦に触れながらピッキングすることでハーモニクス音を出すテクニックです。

Tab浮上では「picking Harm」「」などで表されます。

タッピング

「タッピング」とはライトハンド奏法とも呼ばれ、弦を押さえる手と反対の指で弦を叩いて音を鳴らすテクニックです。基本的にハンマリング・オンやプリング・オフと一緒に使います。

Tab譜上では「」「R・Hと表されます。

コード譜の読み方

コード譜は「コードダイアグラム」と「リズム譜」の2つでできており、

  • コードダイアグラムに書かれているコードを押さえる
  • リズム譜の通りにストロークする

という風に弾いていきます。

コードダイアグラム

「コードダイアグラム」は、それぞれのコードの押さえ方を表しています。

6本の線がそれぞれの弦、縦の線がフレット、黒丸が押さえる場所を表しています。

リズム譜の読み方

リズム譜はその名の通りリズムを表しています。「コ」の字のような記号がダウンストローク(上から下にストロークすること)、「V」の字のような記号がアップストローク(下から上にストロークすること)を示します。

横線と重なっている太線の斜め線はストロークのリズムを表します。

音符って読めないとダメ?

Tab譜やコード譜が読めるようになったら、次は五線譜や音符を読めるようにしないとダメなのかな…?」と不安に思っている人もいると思いますが、ギターを弾くためなら基本的にTab譜とコード譜で十分です。

そーじゅ

むしろ、ギターを演奏するためだけなら、TAB譜の方が便利!

ギターには楽曲によって「変則チューニング」と呼ばれる、通常のチューニングと異なったチューニングが設定されていたり、カポという道具を使ってキーを変える場合があるのですが、五線譜でこのような状況に対応するのはすごく難しいのです。

そのほかにも、ギターには同じ音がいくつかの弦にあります。例えば「3弦3フレット」「4弦8フレット」は同じ音です。ただ、この違いを五線譜や音符で表すことはできません。

このようにギターを弾くためだけならTab譜やコード譜を使った方が有利です。

音符が必要なこともある

もしあなたが、スタジオミュージシャンやツアーミュージシャン、ピアノなどの他の楽器と譜面でやり取りをするようなミュージシャンを目指したいというのなら、五線譜や音符を勉強したほうがよいでしょう。

また、「ギター向けでない楽譜を読んでギターで弾いてみたい」というような人も五線譜が読めた方が良いですね!

ギター初心者はまずTab譜、コード譜の読み方マスターしよう

今回ご紹介した説明を文字で読んでいると「なんだか難しそう…」と感じたかもしれませんが、ギターを持って、楽譜を見ながら読んでみると、本当にめちゃくちゃ簡単なのですぐにマスターできると思います。

楽譜が読めれば、「バンドで好きな曲をコピーしたい!」「あの曲を弾き語りしたい!」という場合にも、すごく簡単にできるようになるので、ぜひ読めるようにトライしてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + eleven =