【ギターアルペジオ、基本のパターン】7レベルのアルペジオを習得しよう!

Pocket

そーじゅ

ギターのアルペジオの基本的なパターンが知りたい!色々なパターンを弾きながら練習したい…!何か上達に役立つアルペジオのパターンがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギターの「アルペジオ」って?
  • ギターアルペジオの基本パターン
  • 実際の曲のギターアルペジオのパターンも弾いてみよう

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

アルペジオって、上手く弾くのは案外難しいですよね…。僕も始めは上手く弾けなかったので、色々なパターンを弾いて練習しました。アルペジオを上達したい人はぜひ見てください!

ギターの「アルペジオ」って?

そーじゅ

「アルペジオのことをよく知らない…」という人もいるかもしれないから、まずはアルペジオについて説明していくね!

アルペジオってなに?

『アルペジオ』とは、日本語では「分散和音」と言い、コード(和音)の音をばらして一音ずつ弾くことを言います。

上の説明だと少し難しいですが、簡単に言うとアルペジオは「バラして弾く奏法」です。

ギターの弦は6本あり、(右利きの場合)左手で弦を押さえ、右手でその弦を弾くことで音が鳴るのですが、この6本の弦を「まとめて弾くか」「バラして弾くか」、右手の奏法は大きく分けるとこの2つしかありません。この、

  • 「まとめて弾く奏法」を『ストローク』
  • 「バラして弾く奏法」を『アルペジオ』

と言います。

また、アルペジオにも種類があり、大きく分けると

  1. 『ピックを使った弾き方』
  2. 『指を使った弾き方』

2種類があります。

ピックを使ったアルペジオは「ピッキングアルペジオ」とも呼ばれ、指弾きのアルペジオと比べると、

  • 少し固い音質になりやすい
  • 音量が少し大きくなりやすい

などの特徴があります。

反対に、指弾きのアルペジオには、

  • 柔らかいサウンドになりやすい
  • 音量は小さくなりやすい

と言った特徴があります。


ギターアルペジオの基本パターン

そーじゅ

それでは、アルペジオの基本的なパターンをいくつか紹介していくよ!

レベル順にご紹介していくので、順に弾いてみて「これちょっとスムーズに弾けないな…」と感じたところから重点的に練習してみてください!

ギターアルペジオパターン、レベル①:右手だけで弾いてみる

まずは左手は使わず、右手だけでアルペジオを弾いてみましょう。

※左利きの場合は右手→左手、左手→右手として考えてください。

左手は全弦開放弦(何も押さえないこと)です。

右手はそれぞれ、

  • 薬指…1弦
  • 中指…2弦
  • 人差し指…3弦
  • 親指…6弦

で弾きましょう。

速く弾くのではなく、ゆっくりとテンポを維持しながら弾いてみてください。1音1音綺麗に音が鳴っているか確認しながら弾いていきましょう。

そーじゅ

ある程度スムーズに弾けるようになったら次のレベルに挑戦していこう!

ギターアルペジオパターン、レベル②:親指を動かしてみる

次は、親指を6弦〜4弦と移動しながら弾いてみましょう。

こちらも左手は全て開放弦で、右手は、

  • 薬指…1弦
  • 中指…2弦
  • 人差し指…3弦
  • 親指…4〜6弦

と担当します。

そーじゅ

これもスムーズに弾けたら次のレベルに挑戦しよう!

ギターアルペジオパターン、レベル③:左手も合わせてみる

右手の動きが分かってきたら、左手も合わせて弾いてみましょう。

このパターンは、左手は「Cメジャーコード」を押さえます。

指弾きのアルペジオの場合、右手の親指は常にベース音(ルート音)を担当するので、「Cメジャーコード」の場合は「C(5弦、3フレット)」のある5弦を弾きます。

Cコード以外の場合でも、親指はベース音を担当するので、それぞれのコードのベース音が何弦にあるのか意識してみましょう!

それぞれのコードのベース音の位置

ギターアルペジオパターン、レベル④:登ったり降りたりしてみる

次は少し複雑なパターンにも挑戦してみてましょう。

こちらも左手は先ほどと同じ「Cメジャーコード」を押さえます。バラードなどでよくあるパターンなので、しっかりと弾けるようにしておきましょう!

ギターアルペジオパターン、レベル⑤:同時に弾いてみる

ここまではそれぞれの指を1本ずつ使っていましたが、2本同時に弾くパターンも組み合わせてみましょう。

こちらも弾き語りなどでよく見かけるパターンです!左手は変わらず「Cメジャーコード」を押さえましょう。

ギターアルペジオパターン、レベル⑥:色んなコードを使ってみる

2本同時に弾くパターンは色々あるので、他のパターンも試してみましょう。

ギターアルペジオパターン、レベル⑦:実際の曲を弾いてみる

最後は実際の曲と同じように、左手のコードを移動しながらアルペジオを弾いてみましょう。

コードは「C→G→D→Em」と進みます。

ちなみにこのコード進行は米津玄師の「Lemon」という曲の一部です。

実際の曲のギターアルペジオのパターンも弾いてみよう

そーじゅ

実際の曲の中に出てくるアルペジオのパターンも弾いてみよう!

ギターアルペジオおすすめ曲①:香水 / 瑛人

ギターアルペジオおすすめ曲②:Wherever you are / ONE OK ROCK

※著作権の関係でオリジナルの曲を貼ることができなかったので、ぜひYoutubeなどで探してみてください!

ギターアルペジオおすすめ曲③:夜明けと蛍 / のn-buna

そーじゅ

ちなみに「アルペジオ向けの練習曲が知りたい!」という人は、下の記事にまとめているから、ぜひチェックしてみてね!

ギターアルペジオを色々なパターンで弾いてみよう!

アルペジオの練習を始めたら、色々なパターンを弾いて弾き慣れていきましょう!

基本的なパターンや、さまざまな曲のアルペジオ部分を弾いていくと、アルペジオのパターンはそこまで多くないことに気がつくと思います。

一見複雑に見えるアルペジオも、よく見てみるといくつかのパターンの組み合わせであることが多いので、まずは基本のパターンから習得してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみに、「アルペジオについてもっと詳しく知りたい!」という場合は、下の記事で詳しく解説してるからぜひチェックしてみてね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =