ギター初心者にアコースティックギターがおすすめな理由と選び方

Pocket

そーじゅ

ギター初心者でギターを始めてみたいけど「アコースティックギター」ってどうなんだろう・・・。アコギの特徴とか、どんな人が向いているのかも知りたい!ギター初心者におすすめのアコギの選び方とかコツも教えて欲しい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • アコースティックギターとは
  • アコギの特徴
  • アコギはどんな人に向いている?
  • アコギを買う時の選び方

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕はアコギ(アコースティックギター)とエレキギターを両方弾くので、今回はアコギについてご紹介したいと思います。「アコギを始めてみようかな?」と思っている人はぜひ見てください!

ギター初心者にアコースティックギターがおすすめな理由

アコギ(アコースティック・ギター)とは、エレキギター以外のギター、弦の音を楽器本体から直接響かせる仕組みのギターのことを言います。

そーじゅ

ナイロン弦が張られたクラシックギター、スチール弦が張られたフォークギターなんかもアコースティックギターに含まれるよ!

アコギは、

  • 弾き語り
  • ソロギター
  • バンドのギターボーカル
  • バンドのギタリスト

といった場面でよく使われます。ギター初心者でいきなりバンドを組む人は少ないかもしれませんが、アコギは弾き語りなど、1人で演奏する場面でも良く使われるので初心者にもピッタリなんです!

アコースティックギターの特徴

アコギには以下の3つの特徴があります。

  • 弦が太い
  • ネックが太い
  • ボディーが大きい

これらの特徴から、初心者はアコギを始めるとしばらく苦労する人が多いです。

ただ、この最初に苦労する時期を乗り越えれば、アコギは覚えるべきテクニックの数は少ないので、ギターを弾くことを楽しみやすくなります!

アコースティックギターの特徴①:弦を押さえにくい

アコギはエレキギターに比べて弦が太く、その分弦を押さえるのに力が必要です。正直、1度慣れてしまえば「弦硬いな…」と苦労することは滅多にありませんが、初心者にとってはツライ部分かもしれません。

ちなみにアコギの弦がなぜ太いかと言うと、アコギの演奏ではスピーカーなどの力を使わず、弦の振動をギター本体のみの力で響かせなければいけないので、より振動しやすく、響きやすい、太い弦が使われるのです。

アコースティックギターの特徴②:手が小さい人にとっては弾きにくいことも

アコギはネックが太いので、手の小さい人にとってはネックに手が回りにくく、弾きにくく感じる人も多いようです。

このネックが太いのも、太い弦の張力に耐えるために太く作られているのですが、これも弦を押さえにくい1つの要因になります。

そーじゅ

弦が押さえにくいのは慣れればそこまで大きな問題ではないよ!

アコースティックギターの特徴③:体の小さな人にとっては弾きづらいことも

これも慣れてしまえばそこまで感じない人も多いですが、ボディーが比較的大きなアコギは体の小さな人にとって演奏しづらいです。

ただ、これはボディーの小さめなアコギを選ぶことで大体の人はクリアできる問題でもあります!

ギター初心者でアコギが向いている人の特徴

アコギの初心者に向いている部分と、苦労する部分をご紹介しましたが、次にどんな人にアコギが向いているかご紹介します!

アコギが向いている人の特徴

  • アコギが好きな人
  • アコギの見た目、音が気に入った人
  • 好きな曲、弾きたい曲にアコースティックギターで弾かれている曲が多い
  • 機材などが苦手な人

アコギは弦を押さえるのに苦戦する初心者が多く、アコギよりも弦が押さえやすいエレキギターと比べると、まともに音が出せるようになるまでに時間がかかります。

ただ、音が出せるようになると、エレキギターのようにたくさんのテクニックや機械の扱い方を知る必要がないので、ギターを弾くことに集中したり、楽しんだりしやすいという特徴があります。

アコギが向いている人の特徴

アコギが好き、もしくはアコギの見た目や音が気に入っているなら、迷わずアコギを始めてみたら良いと思います。せっかく気に入っているのに「でもエレキの方が初心者には向いてるかも…」みたいに悩む必要はありませんよ!

そーじゅ

直感は案外重要なポイント!

また、好きな曲、弾きたい曲にアコギで弾かれている曲が多い場合も、アコギが向いていると思います。ギターを練習する時は、できるだけ好きな曲を練習した方が良いので、原曲により近い音を出せるアコギで練習するのがオススメです。

また、エレキギターの機材って結構ややこしいです。覚えることも多いので、「機材とかいじるの、あんまり好きじゃない」という人はアコギの方が合っていると思います。

ギター初心者におすすめのアコギの選び方

ギター初心者のアコギの選び方①:アコースティックギターの種類を知ろう!

フォークギター(フラットトップギター)

アコギの中で1番ポピュラーなタイプが「フォークギター(フラットトップギター)」です。恐らく弾きやすさも1番なので、初心者には特にオススメです!

そーじゅ

1番ポピュラーなので、その分種類も多く、自分が気に入る1本を見つけやすい!

フォークギターの中でも色んな種類があり、そのタイプや形によって音も迫力のあるものから、繊細な音を奏でるものまでさまざまです。ということから、フォークギターは幅広いジャンルで使われます。

クラシックギター(ガットギター)

ナイロン製の弦が張られているギターを「クラシックギター(ガットギター)」と言います。「アコギが欲しい!」とクラシックギターを買う人は少ないと思いますが、ナイロン製の弦は柔らかく、初心者が弾いても指が痛くなりにくいという特徴があります。

そーじゅ

僕が学生の時はこのクラシックギターが音楽の授業で使われていたよ!(僕の学校だけかも(笑))

クラシックやジャズ、フラメンコなんかの演奏によく使われます。

エレクトリックアコースティックギター(エレアコ)

エレアコ」はエレキギターとアコギの間に位置するようなギターで、ギターの内部にピックアップ(マイク)があるので、エレキギターのようにアンプにつなげて大音量で演奏することも可能です。

ギターを弾く感覚的には、フォークギターとあまり変わりません。

大きさや形の種類

ギター大きさによってもいくつかの種類に分けられています。その中でも比較的ポピュラーで初心者にオススメなのが「ドレッドノートサイズ」「フォークサイズ」と言うタイプです。

ドレッドノートサイズ

ドレッドノートサイズは1番定番のタイプで、以下のような特徴があります。

ドレッドノートサイズの特徴

  • ボディは大きくて厚い
  • ボディのくびれは浅くめ
  • 迫力のあるパワフルでダイナミックな音色

フォークサイズ

フォークサイズは、ドレッドノートサイズより小さめのサイズで、「体の小さな人」「手の小さな人」「女性」などにすごくオススメです。

フォークサイズの特徴

  • ボディは小さめ
  • ボディのくびれは深め
  • 繊細で細やかな音色

ギター初心者のアコギの選び方②:見た目

ギターを選ぶときは、第1に「これカッコいいッッッ!!!」と思うものを選んだほうが良いですよ!

ふざけているわけではなく、見た目やデザインが気に入ったギターは自然と大事に扱いますし、練習する時もやる気が出ます。

やはり気に入らないギターよりも、カッコいいギターの方が弾きたくなりますし、「ギターを辞めよう」とも思いにくいです。

ギター初心者のアコギの選び方③:音

ギターを選ぶうえで「」もとても重要です。ただ、初心者にとってそれぞれのギターの音の違いを聞き分けるのは少し難しく、音だけでは選びきれないと思います。

なので、他の条件を重視しても良いのですが、分からなくても購入する前に必ず1度はそのギターの音を聞いておくようにしましょう!

そーじゅ

ギターが弾けない場合は、店員さんに頼むと弾いてくれるよ!

音の違いは分からなくても「この音なんかイヤ」くらいは感じると思います。

ギター初心者のアコギの選び方⑤:大きさ

ギターは大きさの大きさは、「体へのフィット感」「弾きやすさ」なんかに関わってくるので重要なポイントです。購入する前に必ず1度構えてみて、自分の体に合うかどうか確かめてみましょう。

また、ギターの大きさは、そのギターの音量や音質にも関係しています。

基本的にボディの大きさが大きいほど音量が大きく、迫力がある音、小さいほど音量は小さく、繊細な音となっています。

ギター初心者のアコギの選び方④:値段

ギターを選ぶ上でギターの値段も重要ですが、単純に安ければ安いほど悪い、高ければ高いほど良い、という訳でもありません。

1万円以下のギター

5000円~1万円くらいの激安ギターには、以下のような特徴があります。

激安ギターの特徴

  • 作りが粗く、精度も悪い。
  • 弦高(フレットから弦の高さ)が高くて、コードが押さえにくい。
  • ピッチが正確でない、狂いやすい。
  • 音質も良くない

そーじゅ

「ギターの管理や傷に気を遣う必要があまりない」というメリットもあるけど、やっぱり質は悪い…。

30万円以下のギター

10万円~30万円くらいの高級ギターには以下のような特徴があります。

高級ギターの特徴

  • 上質な木材で作られており、精度も良い。
  • 弦高(フレットから弦の高さ)が低い。
  • とても弾きやすい。
  • ピッチが正確で、音程が狂いにくい。
  • 音質は最高級

やっぱり高級ギターはクオリティーも最高級!ギタリストならだれでも1度は所有してみたい!

ただ、高級ギターは高温や多湿、衝撃に弱いという特徴もあるのでかなりしっかりと管理する必要があります。

そーじゅ

ギターを扱ったことのない初心者にはハードルが高いよね…。

1万円~3万円ギター

僕が初心者にオススメな価格帯は、1万円~3万円くらいのエントリークラスのギターです。

この価格帯だと1万円以下のようなクオリティーの低いものは少なく、また管理にそこまで慎重になる必要もないので、ガンガン練習に使う事が可能です!

また、この価格帯はいろんなモデルがあり、好きなタイプのギターも選びやすいですよ!

中古ギターの選び方、さらに詳しい選び方は以下の記事でご紹介しています。

ギター初心者でもアコースティックギターは始められる!

アコースティックギターの特徴やメリット、デメリットを知って、「自分にはアコギが向いてるかも!」と思った人は、ぜひアコギを買って、弾きはじめてみてください!

アコースティックギターにもエレキギターにもそれぞれに素晴らしさがあり、1度ハマったらなかなか抜け出せない、深い魅力がありますよ!

今回ご紹介したポイントを意識して、ぜひアコギを購入し、素晴らしいギターライフを楽しんでみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =