ギター初心者におすすめの選び方!アコギ選びで重要な4つのポイント

Pocket

そーじゅ

アコギを初めて買いたいけど、どんなふうに選べばいいんだろう・・・。ギター初心者でも自力でアコギ選びできる?ギター初心者におすすめの選び方、見るべきポイントが何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • アコギってなに?どんな種類がある?
  • ギター初心者向け、アコギの選び方
  • 中古ギターのメリット、デメリット、選び方
  • ギター初心者にも分かる、さらに詳しいアコギの選び方

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

9年間の中でアコースティックギターは新品、中古含めて3本買ったことがあるんですが、初めて買う時はどんな基準で選べば良いのか分からずかなり悩んだので、同じように「アコギ選びで困っている!」という人は、ぜひ見てください!

アコギってなに?ギター初心者にオススメの種類は?

アコギとは

アコギとはアコースティック・ギター、生ギターのことで、エレキギターのように電気的な増幅を使わず、楽器本体から直接音を響かせるギターのことを言います。

アコースティックギターとエレキギターの違いについては以下の記事で説明しています。

使われる用途としては

  • 弾き語り
  • ソロギター
  • バンドのギターやギターボーカル

など、幅広く使われています。

アコギの中にもいくつかの種類があり、それぞれに違いや特徴があるのでご紹介していきます。

アコギ(アコースティックギター)の種類

フォークギター(フラットトップギター)

アコギとして最も一般的なギターがこの「フォークギター」です。アコギの中では比較的弾きやすいので、僕が初心者にオススメするなら確実にこのギターです!ギターのボディの表面(トップ)が平ら(フラット)なことから、「フラットトップギター」とも呼ばれています。

フォークギターにはさまざまなタイプがあり、迫力のある激しい音から繊細な美しい音まで奏でることができます。そのため、いろんなジャンルに使うことができるのも魅力の1つであり、初心者にピッタリな理由でもあります。

「最も一般的」ということで、たくさんのメーカーからさまざまなタイプが売り出されているので、自分の好みに合った1本を探してみてください!

クラシックギター(ガットギター)

フォークギターのような金属の弦ではなく、ナイロン製の弦が張られているギターを「クラシックギター」と言います。昔は羊の腸からできたガットと呼ばれる素材の弦が使われていたことから「ガットギター」とも呼ばれています。

そーじゅ

クラシックギターは学校の授業などで使われているイメージがあります!(僕の学校だけかも(笑))


金属の弦に比べて、ナイロンの弦はソフトな音が出るので、ジャンル的にはクラシックやジャズ、フラメンコなどの演奏に用いられることが多いです。

初心者が「アコギを買おう!」と、クラシックギターを買う事は少ないかもしれませんが、ナイロン弦は柔らかく、指が痛くなりにくいので初心者には向いています。

エレクトリックアコースティックギター(エレアコ)

エレアコ」はエレキギターとアコギの中間のようなギターで、形はアコギと似ていますが、本体の中にエレキギターと同じようにピックアップ(マイク)が付いているので、アンプに繋げて演奏することができます。

バンドの中でアコギのような形のギターが使われている場合、エレアコが使われていることが多いです。

演奏する感覚としては、大きさ的にもフォークギターとほぼ変わらないような感じで弾く事ができます。

ギター初心者でも選べる!アコギの選び方

ギター初心者向けアコギの選び方①:見た目

ギターを選ぶときは、まず「このギターカッコいいッッッッ!!!」と思うものを選びましょう!ふざけているわけではありません(笑)

自分の気に入った見た目やデザインのギターは自然に大切に扱いますし、「このギターを弾こう!」という、練習する上でのモチベーションにも大きく関わります

カッコいいギターはどんどん弾きたくなると思いませんか?また、ギターが気に入って、愛着が湧いてしまうとなかなか「ギター辞めよう」となりません!なので、ギターの見た目はギター選びでものすごく重要なポイントだと思います。

ギター初心者向けアコギの選び方②:音

もちろんギターの「」もすごく大事です。自分の好みの音のギターを選びましょう!

とは言っても、初心者でギターの音を聞いた経験が少ない人は、「自分にギターの音の違いなんて分かるのかな?」と思ってしまうかもしれませんが、とりあえず購入する前に音を聴き比べてみましょう。

ギターが弾けない場合は、店員さんに頼むと弾いてくれますよ!

はじめは音の違いをはっきりと感じることは難しいかもしれませんが、「なんか違うな」くらいは感じられると思います。この「違い」を感じることは重要なので、ぜひ聴いてみてください!

ギター初心者向けアコギの選び方③:大きさ

お店でギターを選ぶときは店員さんに弾いてもらって音を確かめるだけでなく、かならず自分で構えてみて大きさやフィット感をチェックしてみましょう!

ギターの大きさは「自分の体に合うかどうか」「弾きやすさ」「音量や音質」に関わってきます。

基本的には、ボディの大きさが

  • 大きいほど音量が大きく、迫力がある音、
  • 小さいほど音量は小さく、繊細な音、

という風になります。

ギターはその大きさによっていくつかの種類に分けられますが、一般的で初心者にオススメなのタイプは「ドレッドノートサイズ」「フォークサイズ」の2種類です。

ドレッドノートサイズ

アコギの中で最も定番のギターです。ポップスからロック、ブルースまで幅広いジャンルで使うことができます。

ドレッドノートサイズの特徴

  • ボディは大きくて厚い
  • ボディのくびれは浅くめ
  • 迫力のあるパワフルでダイナミックな音色

フォークサイズ

フォークサイズは、ドレッドノートサイズに比べると少し小ぶりで抱えやすいという特徴があり、

  • 体の小さな人
  • 手の小さな人
  • 女性

などには特にオススメです。

フォークサイズの特徴

  • ボディは小さめ
  • ボディのくびれは深め
  • 繊細で細やかな音色

ギター初心者向けアコギの選び方④:値段

1万円以下の激安ギター

5000円~1万円の入門用ギターには以下のような特徴があります。

5000円~1万円のギターの特徴

  • 作りが粗く、精度も悪い。
  • 弦高(フレットから弦の高さ)が高くて、コードが押さえにくい。
  • ピッチが正確でない、狂いやすい。
  • 音質も良くない

そーじゅ

キズやギターの管理にあまり気をつかう必要がないというメリットもあるけど、あまりオススメはできない・・・。

30万円以下の高級ギター

10万円~30万円くらいの高級ギターには以下のような特徴があります。

10万円~30万円くらいのギターの特徴
  • 上質な木材で作られており、精度も良い。
  • 弦高(フレットから弦の高さ)が低い。
  • とても弾きやすい。
  • ピッチが正確で、音程が狂いにくい。
  • 音質は最高級


やはり、値段の分、この価格帯にはすばらしいギターが揃っています。ギターを弾く人は1度は所有してみたいギターだと思います!(僕は弾いたことはありますが、所有したことはありません(泣))

ただ、高級ギターは管理するのに温度や湿度に気を配ったり、強い衝撃を与えないようにしなければいけません。

そーじゅ

初心者には値段も管理方法もちょっとハードルが高いね・・・。

1万円~3万円のエントリークラス

僕が初心者に最もオススメな価格帯は、中級ギターの中でも値段の抑えめな1万円~3万円くらいのギターです。

このクラスだと入門用ほど作りや精度の悪いものは少なく、ある程度ピッチも正確なものが多いです。材質などはあまり上質ではありませんが、管理にそこまで気を遣わなくて良いので、ガンガン練習に打ち込むことができると思います。

また、このクラスは種類もかなり多いので、自分の気に入るモデルを選ぶことも可能です!

中古アコギのメリット、デメリット、ギター初心者の選び方

中古のアコギってどうなの?」と思っている人も多いと思います。個人的には、初心者1人で中古のギターを選ぶのは難しいと思います。

ただ、ギターに詳しい友だちや知人について来てもらって選ぶことは可能なので、中古アコギを買うメリット、デメリット、選ぶときのポイントをご紹介します。

ギター初心者が中古アコギを選ぶメリット

ギター初心者が中古アコギを選ぶメリット

  • 同じ金額だと新品よりランクが高いギターから選べる。
  • 音の鳴りが新品より良い。
  • ときどき掘り出し物がある。
  • ときどきカスタマイズされたギターもある。

ギター初心者が中古アコギを選ぶデメリット

ギター初心者が中古アコギを選ぶデメリット

  • 自分でギターの状態を見極める必要がある。
  • 問題があるギターも多い。
  • メンテナンスにお金がかかる場合がある。
  • パーツによっては消耗している場合もある。

良い中古アコギを見極めるポイント

以下のような中古アコギは避けましょう!

良い中古アコギを見極めるポイント

  • フレットが大きくすり減っている。
  • ネックが反っている。
  • ボディが膨らんでいる。
  • ナットやサドルのミゾが深い。

ギター初心者にも分かる、さらに詳しいアコギの選び方

初心者の人は前述してポイントに注意していただければ、ピッタリの1本と出会うことができると思いますが、「ギターのことをより深く知って選びたい!」という人は、以下のことも頭の隅に置きつつ選んでみてください!

木材にも注目しましょう

アコースティックギターは基本的にほとんどのパーツが木材から出来ているので、「どんな種類の木材から出来ているか」で、音質もクオリティもかなり違ってきます。

アコギのボディは

  • ボディートップ
  • ボディサイド
  • ボディバック

の3つによって成り立っていますが、これらのパーツが単板(1枚板)か合板(何枚かの板が張り合わせられた板)かによって以下の3つのタイプに分けられます。

木材の種類によって分けられる3つのギタータイプ

  • オール単板(全てのパーツが単板)
  • オール合板(全てのパーツが合板)
  • トップのみ単板(ボディトップだけが単板で、その他は合板)

単板は「重量が軽い」「響きが良い」「値段が高い」という特徴があります。
反対に、合板は「重い」「音の響きは単板に劣る」「丈夫」「値段が安い」という特徴があります。

初心者の人には「オール合板」、価格的に可能なら「トップのみ合板」のギターを選ぶことをオススメします!

ギター初心者でもアコギ選びは可能!

今回ご紹介したポイントに気を付けて選んでいただければ、あなたの求める条件にピッタリの、理想の一本が見つかると思います!はじめてのアコギはぜひ、お店に行って、実際にギターに触れたり、店員さんに弾き比べてもらったり、聴き比べたりして、必ずあなた自身で納得がいってから購入してください!

自分の理想のギターが手に入ると、きっと練習にも身が入り、上達も早まると思います!

僕も毎回、自分の理想のギターに出会う瞬間はかなり感動しますが、はじめての1本との出会いは特に衝撃的でした!ぜひ、あなたも理想のギター手に入れて、お気に入りを作ってみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 3 =