ギター初心者でも独学は可能?独学を可能にする5つのポイント

Pocket

そーじゅ

ギター初心者でも独学でギターの習得はできる?独学ってどんな練習すればいいんだろう…。なにかオススメの練習方法があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • 初心者でもギターの独学はできる?
  • ギターを独学するときに意識すべきポイント
  • オススメの練習方法
  • 初心者は気を付けた方が良い注意点

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕がギターを始めたときもそうでしたが、ギター初心者にとっては「初心者でも独学だけで弾けるようになる?」「練習って何から始めればいいんだろう…。」など、分からない事だらけですよね…。同じように、ギター初心者で独学に不安がある人はぜひ見てください!

初心者でもギターの独学はできる

ギター初心者にとって不安なのが、「独学でもホントに弾けるようになる?」という疑問だと思います。結論から言って、独学で弾けるようになることは十分可能です!その理由を説明していこうと思います。

初心者がギターを独学で習得するのは可能

ギターを練習する目的にもよりますが、ギターを独学で習得することは可能です。

「目的にもよる」と言うのは、ギター独学の目的が「プロのギタリストになること」だった場合、そもそもプロのギタリストになれるかどうかはギターの上手さだけの問題ではないので、可能とも不可能とも言えません。

そーじゅ

ただ、これはギター教室に通ったからと言って解決できる問題じゃないよね!

一方、目的が「好きな曲が弾けるようになりたい」「お気に入りの曲を弾き語りしてみたい」みたいなものなら達成はそれほど難しくありません。上達の速度は人にもよりますが、続けていれば必ず弾けるようになります!

独学はお金がかからないので続けやすい

ギター教室に通う場合、1時間で3000~4000円お金がかかってしまいます。個人の懐事情にもよりますが、これはけっこう負担ですよね・・・。

そーじゅ

僕の周りでもギターにお金を費やして金欠に陥ってしまう人はけっこういる…。

独学の場合、この教室代はかからないのでギター本体を買ってしまえばその後の出費はギターの弦などの消耗品くらい、金銭的にあまり余裕がなくてもギターを続けていくことができます。

お金がかからないこと以外にも、独学にはたくさんのメリットがあります。

ギター初心者が独学する上で意識すべきポイント

初心者が独学で意識すべきポイント①:できるだけ毎日ギターにさわる

ギターを始めたらとにかくできるだけ毎日ギターに触りましょう。

「ギターは続けていれば必ず上達する」と言いましたが、実際には初心者の時点で辞めてしまう人がすごく多いです。せっかくギターを用意したのに、すぐに辞めてしまうなんてもったいないですよね・・・。

独学では、ギター教室のように「毎週教室に行ってギターを弾く」という事はしないので、自分で意識しないとサボれてしまいます。

特にギター初心者は「ギターを弾く」という習慣が付く前に辞めてしまう人が多いので、ギターが手元にある人はできるだけ早くギターを弾く習慣を作ってしまいましょう

そーじゅ

短い時間でも良いから、できるだけ毎日弾こう!

初心者が独学で意識すべきポイント②:ギターを目に付く場所に置く

ギターを毎日触るといっても「それがなかなかできないんだよなぁ・・・。」という人もいると思います。そういう人は部屋の中の目に付く場所にギターを置いてみましょう。

また、部屋の中で自分が一番長い時間いる場所ってどこですか?人によってソファだったり、ベッドの上だったりすると思います。どの1番長時間過ごす場所から手が届く場所にギターを置いてみましょう。

初心者が独学で意識すべきポイント③:自分が弾きたい曲を”1曲”練習しましょう!

ギターの独学に挫折してしまう大きな原因が、「なかなか弾けるようにならない」という事です。

独学では先生に「次はこの曲をやりましょう。」と言われることも無いので、自分で「この曲はなかなか弾けるようにならないから、違う曲にしよー」と、1曲が弾けるようになる前に気分で違う曲を練習しはじめ、気が付けばたくさんの曲を同時進行で練習してしまっている人が多いです。

そうすると、1曲がなかなか曲が完成せず、「弾けるようになった!」と言う達成感を味わう事もできません。ですので、何曲か弾けるようになって独学に慣れるまでは、できるだけ1曲、多くても2.3曲を集中して練習するようにしましょう。

初心者が独学で意識すべきポイント④:ときどき録音や録画をしてみる

独学のデメリットとして、「悪いクセが付いても注意してくれる人がいない」という事もあります。このデメリットを解消するために、「少し弾けるようになったら、ときどき録音してみる」という方法が有効です。

「自分で弾きながら聴いてるのに、録音する必要ある?」と思うかもしれませんが、録音した音源を聴いてみると、特にリズムのズレなどの小さなミスがすごくよく分かります

また、弾いている時の手元をスマホなどで撮ってみると、自分のクセに気が付くと思います。自分が想像している弾き方とぜんぜん違う弾き方になっていることに気が付くこともあるので、オススメの練習法です!

同じように自分の弾き方をチェックする意味で、鏡の前で弾いてみるのもオススメです。

初心者が独学で意識すべきポイント⑤:徹底的にマネする

悪いクセを作らないために役立つもう1つの方法が「好きなギタリストを徹底的にマネする」です。すでに上手く弾けている人をマネすることで、正しいフォームが自然と身に付くようになります。

また、僕はYouTubeで好きなギタリストの弾き方や手元をかなり研究し、ソックリに弾けるようになりました。そこで気が付いたのですが、弾き方をまねると、自然と音も似てくるのです!自分の好きな音が自分で出せるようになった時はものすごく感動したので、ぜひ試してみてください。

初心者にオススメなギター独学練習方法

ギター独学練習法①:練習する1曲を選ぶ

まずは練習する1曲を決めましょう。初めの方は簡単な曲の方が良いですが、難易度よりもとにかく自分の好きな曲を選ぶのがオススメです。

僕は初めての曲になぜか、かなり難易度の高い「カノンロック」という曲を選んでしまいましたが、「この曲を弾けたらカッコいいだろうな!!!」という強い思いがあったので、時間はかかりましたが辞めずに習得することができました。

そーじゅ

全く興味のない曲を何度も繰り返して練習するのは本当にツラい・・・。

また、初めのうちは有名な曲を選んだほうが良いと思います。有名な曲だとググったりYoutubeで検索すると弾き方の解説をカンタンに見つけることができます。

ギター独学練習法②:その曲に必要なテクニックを確認する

曲が決まったら、その曲を弾くのにどんなコードやテクニックが必要なのか確認しましょう。

まず、Youtubeでその曲を検索してみましょう。有名な曲なら誰かがその曲の弾き方を解説している動画を発見できます。その曲を弾くのに、なにか必要なテクニックがある場合はそのテクニックの名前を検索しましょう。

そーじゅ

youtubeの「弾いてみた」系の動画もすごく参考になるよ!

次にその曲の楽譜をネットで探しましょう。「曲名 TAB譜」で検索すると出てくることが多いです。これでその曲に必要なコードが分かるので、そのコードを瞬時に押さえられるようになるまで何度も繰り返し練習しましょう。

ギター独学練習法③:曲を弾いてみる

テクニックやコードを一通り習得したら、1フレーズずつ練習してみましょう。できるだけ短く区切って繰り返し練習するのが早く上達するコツです。

はじめはものすごくゆっくりしか弾けないと思いますが、何度も繰り返しているうちに手が慣れてきて、スラスラと弾けるようになるので、焦らず繰り返し練習してみましょう!

弾きたい曲が特にない・・・。

「好きな曲を選べと言われても、なにも思いつかない・・・。」という場合、まず4つのコードを練習しましょう。

4つのコードとは「G,D,Em,C」です。

ギターのコードは数えきれないほどあり、「これを全部おぼえるのか・・・。」と絶望している人も多いと思います。実際にコードが覚えられずギターを辞めてしまう人もけっこういます。

ただ、1曲にでてくるコードはそこまで多くありませんし、多くの人気の曲は先ほどご紹介した「G」「D」「Em」「C」の4つのコードで弾くことができるのです!

ちなみに以下の曲のサビはこの4つのコードで弾くことができます。

「G」「D」「Em」「C」だけでサビを弾ける曲

小さな恋のうた / MONGOL800
あの素晴らしい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修
ハナミズキ / 一青窈
チェリー / スピッツ
百万回のI love you / Rake
あの紙ヒコーキくもり空わって / 19
ポニーテールとシュシュ / AKB48
ふたりごと / RADWIMPS
オレンジ / SMAP
青いベンチ / サスケ
キセキ / GREEEEN
花 / Mr.Children
僕が一番欲しかったもの / 槇原敬之
天体観測 / BUMP OF CHICKEN
AM11:00 / HY
また明日 / ELT
3月9日 / レミオロメン
Milk tea / 福山雅治

他にもたくさんあります。

そーじゅ

洋楽が好きな人はYouTubeで[C D Em G SONGS]と検索するとたくさん出てくるのでチェックしてみてください。

以下の記事で初心者がアコギで弾くのにピッタリな曲を10曲ご紹介しています。

初心者が独学する上での注意点

独学する時に注意すべきこと①:正しい姿勢で弾く

ギターを練習する時に正しい姿勢で弾くことはすごく大切です。悪い姿勢で練習することに慣れてしまうと、変なクセが付いたり、必要のない所に力が入ってしまいます。

また、座って練習する場合もストラップ(肩からかけるヒモ)をかけて練習すると、正しい姿勢をキープしやすいのでオススメです。

独学する時に注意すべきこと②:力まない

ギターだけでなく、楽器を弾くときに力を抜くことはとても重要です。力が入っていると、やはり変なクセがとても付きやすいですし、硬い音になってしまいやすいです。

意識して力を抜く事で、スムーズに弾けるようになったり、いい音が出るようになるので僕は今でも「力が抜けているかな?」とよく自分でチェックしています。

独学する時に注意すべきこと③:チューニングを必ず合わせる

練習を始める前に、毎回ギターのチューニングを必ず合わせましょう。また、長時間練習したり、なんとなく「ズレてきたかなぁ?」と音程に違和感を感じたときにもチューニングをチェックしましょう。

チューニングがズレたまま練習していると、ズレた音を記憶してしまい音感が悪くなってしまいます。

初心者でもギターは独学はできる

今回ご紹介した方法で練習を続けていくと、ギター初心者でも独学で続けやすいですし、ギター習得はかなりしやすくなると思います。僕もこの方法で毎日毎日練習して、少しずつ弾けるようになりました。

こんな風に聞くと「練習ツラそう・・・。」と思うかもしれませんが、ギターを弾く事が習慣になってからは、好きな曲を弾くだけなので特にツライこともなく、毎日楽しくギターを弾いています!

あなたもぜひ練習を楽しんで、最高のギターライフを送ってみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つ事を願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =