【エレキギター初心者向けアンプ】ヘッドホン、イヤホンアンプおすすめ3選

Pocket

そーじゅ

エレキギターを部屋で練習するために、大きな音が出ないヘッドホンアンプかイヤホンアンプが欲しい!エレキギター初心者におすすめのヘッドホンアンプ、イヤホンアンプがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます。

この記事のポイント
  • ヘッドホンアンプってなに?
  • エレキギター初心者にオススメのアンプ

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギターを始めたばかりの頃、エレキギターの生音のみで練習してたんですが、やっぱり物足りないですよね!かと言って部屋で大きな音は出せない…。という人にはヘッドホンアンプ、イヤホンアンプがおすすめです!アンプ探しで迷っている人はぜひ見てください!

エレキギター初心者にピッタリ!『ヘッドホンアンプ、イヤホンアンプ』

そーじゅ

まずは知らない人のためにヘッドホンアンプ、イヤホンアンプについて説明するよ!

ギター本体にある空洞を使って音を響かせるアコースティックギターと違って、エレキギターはギター本体だけでは音を響かせることができません。

そこで、必要になるのが『アンプ』です。

アンプとは

「アンプ(ギターアンプ)」とは、シールドケーブルなどでエレキギターと接続して、エレキギターから伝わってきた電気信号を音に変換し、スピーカーから音として出すための機械です。

エレキギターの練習はアンプなしでもできない事はないですが、音がとても小さいので、無意識に音を大きく出そうと力が入りやすく、変なクセが付きやすい…というデメリットがあります。

僕も初めてアンプを使って弾いたとき、「あれ、自分ってこんなに力んでたんだ…。」と気が付きました…。

ギターを弾くうえで『脱力』はすごく重要なので、できるだけアンプを使って練習するのがおすすめです。

そーじゅ

エレキギターの練習にアンプが必要な理由については、以下の記事でさらに詳しくまとめているから合わせて参考にしてみてね!

「そうは言っても、部屋でアンプを使って大きい音を出すのはムリ…」そんな人にはヘッドホンアンプ、イヤホンアンプがピッタリです!

ヘッドホンアンプとは

ヘッドホンアンプとは、スピーカーから音を出すのではなく、ヘッドホンやイヤホンから音を出すためのギター練習用のアンプです。

ヘッドホンアンプは、騒音問題などで大きな音が出すことができない環境でもギターの練習ができるように開発されたアンプです。

最近ではヘッドホン自体にアンプが内蔵されており、直接ギターに繋げるようなものも発売されています。大きさは超小型のものが多く、持ち運びにもかなり便利です。

イヤホンアンプの他にも、

  • 自然な歪みと温かみのあるサウンドから愛好家やマニアも多い真空管アンプ
  • 整ったサウンドが特徴で、ほとんどメンテナンスの必要なく扱いやすいトランジスタアンプ
  • 真空管アンプやトランジスタアンプの中で名機をモデリングしたデジタルアンプ

などいろんな種類のアンプがあります。

そーじゅ

イヤホンアンプ以外のタイプのアンプについては、以下の記事でまとめているから合わせて参考にしてみてね!

エレキギター初心者にオススメのヘッドホンアンプ、イヤホンアンプ

そーじゅ

それではおすすめのヘッドホンアンプ、イヤホンアンプを紹介していくね!

エレキギター初心者おすすめヘッドホンアンプ①:VOX / amPlug 2

コストパフォーマンスに優れていて、手軽に使えるヘッドホン、イヤホンアンプを探しているならこのアンプがオススメです!

見た目は超小型で、本体をギターに差し込むだけで弾き始められる手軽さが特徴ですが、サウンドは本格的で真空管アンプのようなソフトな音質に加え、ディレイ、リバーブ、コーラスなど9種類のエフェクトを内蔵しています。

iPhoneなどと接続できる端子も付いており、音楽に合わせてギターを練習するのにとても便利です。

コンパクトながら一発でVOXと分かる特徴的なデザインや、様々なタイプのギターに対応できる180度回転するプラグなど、細かい部分まで行き届いたアンプとなっています。

そーじゅ

大人気だったamPlugシリーズからさらに改良されていて便利な機能が豊富!

エレキギター初心者おすすめヘッドホンアンプ②:VOX / amPhones

とにかく使い勝手の良いヘッドホンアンプを探している人はこちらがオススメです。こちらは先ほどご紹介したamPlugを内蔵し、オーディオテクニカ製のヘッドホンと一体になったタイプです。

ヘッドホンを直接ギターのジャックに挿してスイッチを入れるだけで使えるという驚きの仕様です!

ヘッドホンとしても優れており普段使い用としても快適。折りたためるので持ち運びにも便利です。機能はamPlugと似ており、本格的なサウンドや様々なエフェクト、スマホと接続するためのAUX IN端子などは同様に内蔵されています。

そーじゅ

見た目は普通のヘッドホンにしか見えない!

エレキギター初心者おすすめヘッドホンアンプ③:IK MULTIMEDIA iRig2

こちらはスマホやタブレットなどがアンプやエフェクターになってしまうというアイテムです!

コンパクトな本体にギターとスマホやタブレット、ヘッドホンを接続して使用します。

AmpliTube FREEなど、使えるアプリはいくつかあり、それらをインストールすると使い始めることができます。有料アプリなどもあり、さらに本格的なサウンドや、エフェクターなどを楽しめます。

「いろんなエフェクターを使ってみたい!」という人には特に便利だと思います!

そーじゅ

オーディオ・インターフェースとしても使用できる!

エレキギター初心者おすすめヘッドホンアンプ④:BOSS / WAZA-AIR

こちらはワイヤレスヘッドホンにアンプが搭載されたタイプです!

エフェクターでは定番のブランドである『BOSS』から発売されています。トランスミッターとヘッドホンをペアリングして差し込むだけで使い始められるので、ワイヤレスだからと言って煩わしい作業はありません。

専用アプリでアンプやエフェクトを切り替えることができ、使えるエフェクトは50種類以上、Bluetoothでスマホと接続し音楽を流しながら弾くことも可能です。これら全てをワイヤレスで行えるところもポイントです。

特徴はとにかく本格的、クオリティーの高いサウンドやエフェクトだけでなく、BOSSの立体音響技術によって実際に自分の前に大きなアンプがあるかのように、演奏者の頭の向きによって聞こえ方が変わる機能まであり、まるでステージ上で演奏しているかのような感覚を味わえます。

そーじゅ

ギター本体のジャックの形によってはトランスミッターが差し込めず、使えないから注意が必要!

エレキギター初心者の部屋練習はヘッドホンアンプがあれば間違いない!

ギターを始めたばかりで「アンプでの練習は上手くなってからにしよう!」となんとなく思っている人は多いですが、生音での練習にはデメリットも多いです。

また、アンプを使うことで1ステップ理想の音に近づけるのも嬉しいですね。練習もより楽しくなること間違いなしだと思います!

1つだけ注意して頂きたいのが、あまり大きすぎる音や長時間のヘッドホンの使用は耳に良くありません。また、アンプによってはボリュームを上げたままスイッチをオフしたり、オンすることで壊れたり、ダメージを負ってしまうことがあるので気をつけてください。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、アンプ意外にも練習に必要な器具や弦などの消耗品の中で、僕が実際に使っていてオススメの物を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 10 =