【ギター初心者講座】ピックの正しい持ち方!ピックがずれる、よく落とす人必見

Pocket

そーじゅ

ギター初心者で、ピックの正しい持ち方が良く分からない。ギターを弾いているうちにピックがずれたり、落とすことがよくある…。ピックが安定する正しい持ち方が知りたい!

こんな疑問に答えます。

この記事のポイント

  • ピックの基本の持ち方
  • 持ち方のコツ
  • ピッキング、ストロークの方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギター初心者こそピックの持ち方は重要

僕はギターを始めてから1年以上たっても、練習しているときにピックをポロっと落とす事が多く、「ピックってこんなに落とすものなのかなぁ」と少し悩んでいました。

ギター初心者の頃は、左手で難しいコードを押さえることや単音弾きを速く弾くことばかり意識していて、右手の正しいフォームについてあまり深く考えていなかったのです…。

そこで右手のフォーム改善に取り組み始めたのですが、その結果としてピックを落とさなくなっただけでなく、驚くほど演奏も安定するようになりました。

「初心者の頃から正しい持ち方をしておけば良かった…」

ギター初心者必見!ピックの基本の持ち方

そーじゅ

それではピックの正しい持ち方をご紹介するよ!

「正しいフォーム」とは言っても、ピックの持ち方には「こうじゃないといけない」といった正解がありません。フォームやピックを持つ指など、かなり人それぞれなので、こちらはあくまで基本的なフォームだと考えて見てください!

①ピックを人差し指の側面に置きます。

指先とピックの先が同じ方向になるように持つ人が多いです。

②ピックを軽く挟むように、画像の赤い部分の上から親指を乗せます。

強い力で挟むのではなく、親指の広い面積を使って軽く挟むようにすると安定します。

ピックを使ってギターを弾くときの持ち方、コツ

ピッキングする時のコツもご紹介していきます!上述した通り、ピックの持ち方には絶対的に正しい持ち方はなく、演奏したいジャンルや鳴らしたい音質などによっても持ち方は変わります。

ピックを使ってギターを弾く時のコツ

  • 力を抜こう
  • ピックを持つ深さに気をつけよう

ピックで弾くコツ①:力を抜こう

ギターを弾くとき、ピックを持つ手はできるだけ力を抜きましょう。力んでしまうとピックが弦に引っかかりやすくなり、音質も固い音になってしまいます。

ピックはギリギリ落ちないくらいのイメージで、必要最小限の力で軽く持つようにしましょう!

ピックで弾くコツ②:ピックを持つ深さに気をつけよう

ピックを持つ深さにも注意してみましょう。

ピックを持つ深さは、浅すぎても深すぎても良くないですが、少し浅め、または深めに持つことで、自分の好みのジャンルや演奏スタイルに合わせやすくなります。

ピックを浅く持つと…

ピックは浅く持つと、ピック先の面積が広くなるので、コード弾きのように複数の弦を1度に弾くような演奏はしやすくなります。

ピッキングの力が弱まり、音も柔らかくなります。

ただ、素早いピッキングは比較的やりにくく、ピック先の面積が広い分、単音弾きのときなどは弾きたい弦以外の弦に当たりやすくなります。

そーじゅ

とは言っても練習して技術をつけることで補えるよ!

ピックを深く持つと…

逆にピックを深く持つと、コントロールしやすくなり速弾きなど、素早いピッキングが必要な演奏はしやすくなります。

また、音質もエッジの効いた音になります。

反対に、ピック先の面積が小さいのでストロークなどで空振りしたり、力が入りすぎてピックが弦に引っかかりやすくなります。

そーじゅ

こちらはどちらかと言うと、ロックやメタルなどのジャンルに向いているね!

ピッキング、ストロークする時のピックの持ち方、コツ

ピッキングやストロークを行う時は、以下のポイントに気をつけてみましょう!

ピッキング、ストロークする時のピックのコツ

  • ピックを弦に当てるときの角度
  • ピックを弦に当てる深さ

ピックを弦に当てるときの角度

ピックは弦に直角に当てるよりも、少し寝かせて当てる方が弾きやすいです。

ピックを持つ手に力が入りすぎないように、リラックスして持ち、ピックが常に弦に負けるようにピッキングしましょう。

ピックを弦に当てる深さ

ピックを当てる深さも重要です。ピックは弦に深く当てすぎると、ピックが弦に引っかかりスムーズにストロークなどが行えません。

あくまで手はリラックスして、弦の上を撫でるように行うと、力を使わなくてもピッキングやストロークを行うことができます。

ギター初心者こそピックの持ち方をマスターしよう!

今回はピックの持ち方をご紹介しました。初心者のうちからピックを正しく持って弾けていると、その後の上達の大きな助けになりますよ!

初めから難しそうなテクニックなどを練習したくなるかもしれませんが(僕はそうでした…)、焦らず基礎をしっかり固めておきましょう!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 13 =