エレキギターの弾き方【ドレミ編】音階をマスターする3つの方法

Pocket

そーじゅ

エレキギターで「ドレミファソラシド」ってどうやって弾くんだろう…。そもそも弾けるようになる必要ってある?エレキギターで弾く「ドレミ」の弾き方が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • エレキギター初心者って、まずドレミを練習すべき?
  • ドレミの練習方法
  • さらに深く知ればドレミも役立つ
  • エレキギター初心者にオススメの練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕もギターを始めた頃は、「まずはドレミの練習!」と音階の練習をしていたのですが、結構難しいですよね!同じように「ドレミファソラシドってどうやって弾くんだろう?」と疑問に思っている人はぜひ見てください!

エレキギター初心者って、まずドレミを練習すべき?

「ドレミファソラシド」のような音の並びを「音階」と言うのですが、エレキギターを弾く上で音階が弾けるかどうかは、そこまで重要ではありません。

「楽器の練習」と聞くと、学校の授業などのイメージから「とりあえずドレミを練習しよう!」と考える人が多いです。

しかし、エレキギターは、特に初心者の場合は単音(1つの音)で弾くことよりも、コードと呼ばれる和音(いくつかの音の組み合わせ)で弾くことの方が多いので、1音ずつ「ドレミファソラシド」と弾く練習はあまり効果的ではありません。

そーじゅ

コードについて は以下の記事で詳しくご紹介しているのでチェックしてみてください!

また、 押せば音が鳴るピアノなどの楽器と違って、ギターは片方の手で押さえながらもう片方の手で弦を弾かなければ音がなりません。

なので、 初心者がいきなり音階を弾くのはけっこう難しいのです。

以上のことから、音階の練習は「重要でない」かつ「難しい」ので、優先すべき練習ではないのです。

エレキギターで弾く、ドレミ(音階)の練習方法

「あまり重要ではない」と言いましたが、できて損することはないので「一応知っておきたい!」という人のために「音階の弾き方」をご紹介します。

エレキギター、ドレミの弾き方①:指板上の位置を覚えよう!

まずは指板上のドレミファソラシドの位置を把握しておきましょう。

エレキギターの指板上の「ドレミファソラシド」の位置

  • ド(C)  → 5弦3フレット
  • レ(D)  → 4弦開放弦
  • ミ(E)  → 4弦2フレット
  • ファ(F) → 4弦3フレット
  • ソ(G)  → 3弦開放弦
  • ラ(A)  → 3弦2フレット
  • シ(B)  → 2弦開放弦
  • ド(C)  → 2弦1フレット

※開放弦とは、どのフレットも押さえずに弾くことです。

エレキギター、ドレミの弾き方②:押さえる指を覚えよう!

押さえるフレットの位置が同じでも、押さえる指が違えば押さえやすさは全く異なります。

混乱しないためにも、あらかじめどの指でどのフレットを押さえるか決めておくと良いでしょう!

具体的には

  • 3フレットは薬指
  • 2フレットは中指
  • 1フレットは人差し指

で押さえると、とても押さえやすいです。

押さえるフレットと指

  • ド(C)  → 5弦3フレットを薬指で
  • レ(D)  → 4弦開放弦
  • ミ(E)  → 4弦2フレットを中指で
  • ファ(F) → 4弦3フレットを薬指で
  • ソ(G)  → 3弦開放弦
  • ラ(A)  → 3弦2フレットを中指で
  • シ(B)  → 2弦開放弦
  • ド(C)  → 2弦1フレットを人差し指で

エレキギター、ドレミの弾き方③:きれいな音を出す方法

「しっかり押さえているつもりなのに、 なかなかキレイな音が出ない…。」

このような場合は、実はしっかりと弦が押さえられていない場合が多いです。以下のことに気をつけて押さえるとキレイな音が出やすいので意識してみてください!

キレイに音を出す方法

  • 弦を押さえるとき、指をできるだけ立てる
  • 弦はできるだけフレットの近くを押さえる

この2つのコツを意識して押さえると、比較的軽い力で押さえられ、キレイな音が出やすくなります。

さらに深く知れば、ドレミも役立つ

※ここからは少し深い話になるので「難しい話は聞きたくない!」という人はスルーしてください!

上述では、指板上のドレミファソラシドの位置を1パターンだけご紹介しましたが、実際には指板上のあらゆるところに音階が存在します。

指板上はドレミファソラシドだらけです(笑)

また、実はこの図はCメジャースケールという、スケールを表した図なのです。

スケールとは

「スケール」とは音階のことで、ギターの指板上で音の並びを表します。

スケールはコードと同じように、それぞれ「Cメジャースケール」のように名付けられ、たくさんの種類があります。

スケールはエレキギター初心者にとっては複雑で難しいですし、覚えるのも大変なので練習の優先度は低いです。

ただ、ギターソロを弾いたり、曲を作ったりするときに便利なので、中級者〜上級者のギタリストは覚えておいたほうが良いでしょう!

そーじゅ

エレキギター初心者の人はスケールの意味くらい覚えておけば十分です!

エレキギター初心者にオススメの練習法

〜エレキギター独学練習法!最短で立つ初心者するためにすべき4つのこと〜」でも詳しく書いていますが、エレキギターをある程度マスターするためには、以下のようなテクニックを身につける必要があります。

右手のテクニック

  • ストローク
  • オルタネイトピッキング
  • ミュート

左手のテクニック

  • パワーコード
  • ブリッジミュート
  • ハンマリング・オン
  • プリング・オフ
  • スライド
  • ミュート
  • チョーキング
  • ビブラート

また、以上のテクニックを正しく習得するために、チューニング方法や楽譜の読み方なども、あらかじめ習得しておいたほうが良いでしょう!

そーじゅ

エレキギターの独学練習法について は以下の記事でご紹介しているのでチェックしてみてください!

エレキギター初心者にとってドレミが弾けることの 重要度は低い

エレキギター初心者にとって、音階がスラスラ弾けるかどうかはあまり重要ではありません。

もちろん、習得しておいて損をすることはないですが、練習する優先度は低いです。

ただ、後々ギターが 上達して、

「ギターソロをアドリブでカッコよく弾きたい!」
「自分でオリジナルの曲を作曲したい!」

くらいのレベルになればギターの指板上の音階を覚えることは必要になってきます。

その時は1パターンの「ドレミファソラシド」だけでなく、指板上のすべての音階を覚えてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + three =