ギター初心者でも簡単!コードチェンジの3つのコツと練習方法

Pocket

そーじゅ

ギター初心者で、コードチェンジが上手くできない!1つ1つのコードは押さえられるのに、コードチェンジでもたつく…。コードチェンジがスムーズにできるコツが知りたい!

こんな疑問答えます!

この記事のポイント

  • コードチェンジとは
  • まずはコードを押さえられるようにしよう!
  • コードチェンジが上手くなるコツ
  • コードチェンジ練習法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕もギター初心者の頃、コードはしっかり押さえられるのにコードチェンジがスムーズにできず、苦労していたことがあります。同じように悩んでいる人はぜひみてください!

ギター初心者がつまずく「コードチェンジ」とは

 

コードチェンジとは

「コードチェンジ」とは、曲に合わせてコードを次々と入れ替えていくことです。

コードチェンジは、ギターで曲を弾くためには絶対に必要なテクニックです。

ただコードを1つずつ練習しながら、「コードチェンジ、なかなか上手くならないなぁ」と思っている人もいると思います。

しかし、コードチェンジを上手くするには1つ1つのコードを押さえる練習ではなく、コードチェンジの練習をした方が効率的です!

また、僕も初めはコードチェンジがなかなか上達せず、「なんで上達しないんだろう…。」と思っていましたが、コードチェンジの上達は「慣れ」による部分がかなり大きいです。

そーじゅ

コードチェンジさえできればどんどん曲が弾けるようになるから、根気強く練習してみてね!

まずはコードを押さえられるようにしよう!

「1つ1つのコードではなくコードチェンジの練習をした方が効率が良い」と言いましたが、1つ1つのコードが確実に押さえられないと、コードチェンジを練習するのは難しいです。

「まだ、1つ1つのコードを確実に押さえられない」という人はまず、コードの練習から行いましょう!

~ギター初心者がまず覚えるべき4つのコード~」でも詳しく書いていますが、ギター初心者が初めから全てのコードを一度に覚える必要はありません。

まず始めに覚えるコードとしては、「G」,「D」,「Em」,「C」の4つがおすすめです。この4つは押さえるのが簡単で、すごくたくさんの曲で使われています。

それぞれのコードは以下のコード表で確認することができます。

また、それに少し押さえるのが難しい「F」「Bm」、さらに「Am」コードを加えた7つのコードが「最も頻繁に使われるコード」だと言われています。優先的に練習してみてください!

→コードの練習法に関しては下の記事に詳しくまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

ギター初心者向け!コードチェンジが上手くなるコツ

1つずつのコードがある程度パッと押さえられるようになったら、コードチェンジを練習してみましょう!

コードチェンジを行う時は以下のコツを意識しながら行ってみてください。

コードチェンジのコツ

  • 一気に全ての指を押さえる
  • 最小限の動きで
  • 最後の拍で指を離す

一気に全ての指を押さえる

コードを押さえるときは、指を1本ずつ押さえるのではなく、空中で手の形を作り一気に全ての指を押さえる必要があります。

1本ずつ押さえているとコードチェンジに時間がかかってしまうためです。

始めは「そんなの絶対ムリ!」と思うかもしれませんが、これは繰り返し手の形を作ることで必ずできるようになります。

そーじゅ

手の形を空中で作る練習はギターが無くてもできるから、空いている時間などに行うのがおすすめ!

最小限の動きで

コードチェンジをするときは、あまり手を大きくネックから離さず、最小限の動きで行いましょう!

それぞれの指も、次のフォームを作るための最小限の動きを意識すると、コードチェンジのスムーズさが格段に上がります!

最後の拍で指を離す

次のコードに移るために押さえている指を離すとき、一瞬開放弦(何も押さえない状態)を弾くことになりますが、ここはあまり気にする必要はありません。

最後の拍でパッと指を離してしまって、次のコードの準備に備えましょう!

また、次のコードの準備に入る時にはすでに「次のコードは何なのか」と「そのコードの手の形」が頭の中に浮かんでいる必要があります。

コードを弾きながら、早めに次のコードの事を考えて準備するクセをつけよう!

コードチェンジ練習法

コードチェンジのコツが理解できたら、実際にコードチェンジの練習をしてみましょう。この時も上記のコツに注意しながら行ってください。

練習は以下の順番で徐々にレベルアップしていきましょう。

コードチェンジ練習法の手順

  • まずはコード2つだけでコードチェンジ
  • コードの数を増やしてみる
  • ストロークを入れてみる

まずはコード2つだけでコードチェンジ

まずは2つのコードを選び、それらを交互に押さえるコードチェンジの練習をしてみましょう!

始めはゆっくりで良いので、確実に押さえられているか、確認しながら行いましょう。慣れてきたらだんだんとスピードアップしてみて下さい。

そのテンポでミスをたくさんしてしまうなら、その速さがあなたにとって「速すぎる」という意味。ミスがあまり起きないテンポまで落として練習しましょう。

選ぶコードは、初めは

Em→Am→Em→Am…
C→Am7→C→Am7…
G→Em7→G→Em7…

のように移動が簡単なコード。

それがスムーズにできるようになったら移動が大きなコードへとステップアップしていきましょう!

コードの数を増やしてみる

2つのコードである程度スムーズにコードチェンジができるようになってきたら、コードの数を3つ、4つと増やしてみましょう。

こちらの練習も、初めは指の移動が少なくコードチェンジが簡単なコード、慣れてきたら、指の移動が多いコードで練習してみましょう。

ストロークを入れてみる

4つのコードや、いろんなコードのパターンで上手くコードチェンジができるようになったら、本格的なストロークも入れてみましょう。

ストロークとは

「ストローク」とは、複数の弦を一度にピッキングすること。上から下に向かって6弦から1弦にピッキングすることをダウンストローク、下から上に向かって1弦から6弦にピッキングすることをアップストロークと言います。

まずはシンプルなリズムでストロークしながら、コードチェンジを行ってみてください。

シンプルなリズムで確実に、テンポを合わせながらコードチェンジができるようになったら、今度はいろんなリズムのストロークも試してみましょう!

ここまでこれば、曲の中に出てくるコードチェンジにもかなり対応できるようになってきます!

ギター初心者はコードチェンジの練習をしましょう!

コードやコードチェンジの練習は「慣れる」という事が1番重要になるので、短時間で完全にマスターするのは難しいですが、根気よく練習を続けてみてください。

コードやコードチェンジある日急にできるようになる人が多く、それが「指が慣れた」タイミングなんだと思います。

また、「慣れる」という事が重要なので、しばらく練習を空けてしまうと、あなたの手はすぐにコツを忘れてしまいます。少なくとも、ある程度慣れるまではできれば毎日、できるだけ頻繁にギターに触ることをオススメします!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 4 =