アコギ用チューナーおすすめ3種!機能や使い方も詳しく解説

Pocket

チューナーっていろんな種類があるけど、アコギをチューニングするためにはどのタイプのチューナーを選べばいいんだろう?アコギに使えるチューナーで何かおすすめがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • チューナーってなに?
  • アコギにおすすめのチューナーの種類
  • クリップ式チューナーの使い方
  • おすすめのチューナー

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

チューナーってたくさん種類があり、僕も初めの頃は「どれが何用なんだろう…。」と混乱しました。同じようにチューナー選びで困っているという人はぜひ見てください!

チューナーってなに?

「チューナー」とは、楽器の音を拾ってその音程を検出する機械で、チューニングを行うために使います。

チューニングとは

「チューニング」とは楽器の音程を決められた音程に調節することです。その方法は楽器によって異なります。

ギターの場合は、ギターのヘッド部分に付いている「ペグ」というネジ状のパーツを回して、弦の張力を変え、音を調節します。

ギターの練習や演奏において、チューニングはとても大事なことです。ライブや本番などの時だけでなく、練習するときなど、ギターを弾く前は必ずチューニングを行いましょう。

アコギのチューニングにおすすめのチューナーの種類

チューナーにはペダルチューナーやクリップチューナーなどの種類がありますが、アコギのチューニングにはクリップタイプのものがオススメです。

一方、ペダルチューナー(フロアチューナー)はギターとシールド(ケーブル)で接続して使うものなので、エレキギターのチューニングによく使われます。

そーじゅ

アコギには接続するためのジャックがないから、基本的にペダルチューナーは使えないよ!

クリップチューナーはギターのヘッド部分に挟むだけなので、アコギにもエレキギターにも問題なく使えます。

クリップタイプは安くて使い方も簡単なので、初心者にもおすすめです。

クリップチューナーの種類

オートチューナー

オートチューナーはギター/ベース用チューナーとも呼ばれ、ギターを鳴らすとその音がどの弦か勝手に判断し、チューニングができるので初心者でも簡単に使えます。

ただ、名前の通りギターやベース専用のチューナーとなっており、他の楽器には使えません。またレギュラーチューニング以外には対応できないというデメリットもあります。

クロマチックチューナー

クロマチックチューナーは、オートチューナーと違って他の楽器のチューニングやレギュラーチューニング以外にも使える万能なチューニングです。

クリップチューナーの使い方

クリップチューナーの使い方はとてもシンプルですが、使ったことがない人も多いと思うので、クリップチューナーの使い方をご紹介します。

クリップチューナーの使い方

①:まずはクリップチューナーをギターのヘッドを挟むように取り付けます。

②:クリップチューナーの電源をONにします。

③:ギターの弦を1本ずつ鳴らします。

④:音を鳴らすとチューナーの画面にその音の音程が表示されるので、それを見ながらペグを回し、弦の音を1本ずつ合わせます。

ギターのそれぞれの弦の正しい音程(レギュラーチューニング)
  • 6弦 → E(ミ)
  • 5弦 → A(ラ)
  • 4弦 → D(レ)
  • 3弦 → G(ソ)
  • 2弦 → B(シ)
  • 1弦 → E(ミ)

⑤:全ての弦を合わせ終われば完了です!

特殊なチューニング

ギターのチューニングには、通常のチューニング以外にもいくつかの種類があるのでご紹介しておきます。

半音下げチューニング
  • 6弦 → E♭(ミ♭)
  • 5弦 → A♭(ラ♭)
  • 4弦 → D♭(レ♭)
  • 3弦 → G♭(ソ♭)
  • 2弦 → B♭(シ♭)
  • 1弦 → E♭(ミ♭)

半音下げチューニングは、全ての弦の音をレギュラーチューニングより半音ずつ下げたチューニングで、ハードロックやヘヴィメタルなどのジャンルでよく使われます。

ドロップDチューニング
  • 6弦 → D(レ)
  • 5弦 → A(ラ)
  • 4弦 → D(レ)
  • 3弦 → G(ソ)
  • 2弦 → B(シ)
  • 1弦 → E(ミ)

ドロップDチューニングとは、レギュラーチューニングから6弦だけを1音、EからDに下げたチューニングのことで、こちらもハードロックやヘヴィメタルの曲に使われることが多いです。

オープンGチューニング
  • 6弦 → D(レ)
  • 5弦 → G(ソ)
  • 4弦 → D(レ)
  • 3弦 → G(ソ)
  • 2弦 → B(シ)
  • 1弦 → D(レ)

オープンGチューニングは、レギュラーチューニングから1弦、5弦、6弦を1音ずつ下げたチューニングで、カントリーやブルースなどのジャンルでよく使われています。

アコギ向けおすすめチューナー

アコギ向けおすすめチューナー①:KORG / Pitchclip

シンプルで使いやすく、アコギの練習のためにピッタリのチューナーです。小さくて軽く、低価格で、とにかくコスパの高い!

LED画面で見やすく、しばらく使わなければオート・パワー・オフ機能が働くのでバッテリ―消費も抑えられます。

表示はクロマチック表示のみで、シンプルかつ不自由ない機能、特に初心者に大人気のチューナーとなっています。

アコギ向けおすすめチューナー②:KORG PC-2 Pitchclip2 クリップ・チューナー

先ほどご紹介したPitchclipより価格は少し高いですが、その分多機能で、超高精度(±0.1セント単位)でチューニングすることが可能です。

起動も素早く自動オフ機能もあり、画面もかなり見やすいので使用上のストレスは全くありません。

クロマチック表示の他に、ギターやベース用表示のモードも選べます。巻き過ぎで弦が切れるのを防止するために、巻き過ぎると警告してくれる機能など、細かい親切な機能もあり、オススメです!

アコギ向けおすすめチューナー③:tc electronic / Polytune clip

このチューナーの特徴は何といっても「6本同時チューニング」です。6本の弦をジャラーンと鳴らすだけで、画面にそれぞれの音程が表示されます。

普通のチューナーなら1本ずつ調整しなければいけませんが、このチューナーならかなり素早くチューニングを終えれますね!

そーじゅ

1本ずつのチューニングも可能で、±0.02セント単位で調整できかなり高精度!

アコギのチューニングはクリップチューナー!

今回ご紹介したチューナーから選ばなければいけない訳ではないので、とにかく「アコギにはクリップチューナー」と覚えておきましょう!

また、ギターを練習する上でチューニングはとても大事!そのチューニングにおいてチューナーは必需品とも言えるものなので、まだ持っていない場合は早めに入手しておくのをオススメします。

人と合わせて弾いたり、ライブをしたりするときにはさらに正確なチューニングが重要になるので、慎重に合わせるようにしましょう!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + five =