エレキギター初心者におすすめギターの選び方!メーカーって重要?

Pocket

そーじゅ

エレキギターを初めて買いたいけど、どう選べばいいんだろう…。初心者でもギター選びって自力でできる?ギターを選ぶときに見るべきポイントが何かあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • エレキギターの種類
  • おすすめのエレキギターの選び方
  • 中古エレキギター、おすすめの選び方
  • おすすめの初心者セット

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、ずっと独学で続けてきました。

9年間の中でエレキギターは3本買ったことがあるのですが、初めて買う時はどのように選べば良いか分からず、すごく困った記憶があるので、同じように「エレキギターの選び方に困っている!」という人は、ぜひ見てください。

初心者がまず知るべき、エレキギターの種類

そもそもエレキギターってどんな楽器?

エレキギターとは

エレキギター(エレクトリック・ギター)とは、ボディの中にピックアップと呼ばれるマイクが入っているギターの事を言います。ギターを弾くと弦が振動し、その振動がピックアップに伝わって、最後にアンプなどで増幅して音を響かせるという仕組みです。

「エレキギター=大きな音」というイメージがありますが、アンプで音を大きくする事が前提の楽器なので、エレキギター単体では小さな音しかでません。

エレキギターの種類ってどんなのがある?

エレキギターにはさまざまな種類やタイプがあり、それぞれ見た目や音など、あらゆる特徴が大きく異なります。

ソリッドギター

「ソリッドギター」とは、1番一般的なエレキギターで、ギター本体のボディの中に空洞がないタイプのギターです。ソリッドギターにも数えきれないほどの種類があるので、代表的なタイプをご紹介していきます。

ストラトキャスター(ストラトキャスタータイプ)

ストラトキャスターは「世界で最も使われているギター」だと言われています。実際にロックからジャズなど、あらゆるジャンルのギタリストに使われており、「本当にオールマイティーなギターだな」という印象があります。

詳しい特徴の話をすると、本体に搭載された3つのピックアップが特徴的で、スイッチでそれぞれのピックアップに切り替えられるようになっており、パキパキした硬くて歯切れのよい音質から、ポワンとした柔らかい音質まで出せるようになっています。

そーじゅ

ピックアップとはギターの内部にある、マイクのように音を拾うパーツのこと!この3つのピックアップがオールマイティーに使える理由!

僕も「フェンダージャパン」のストラトキャスターを1本所有していますが、本体が軽くて、ボディの形が体にフィットするようになっているので初心者でもすごく弾きやすいギターだと思います。

「ストラトキャスター」と「ストラトキャスタータイプ」の違い

ストラトキャスターというギターは、アメリカのフェンダー社から売られているギターですが、ものすごく人気なので他社からコピーモデルもたくさん売られており、それらは「ストラトキャスタータイプ」と呼ばれて区別されています。

レスポール(レスポールタイプ)

「レスポール」は厚みのあるパワフルな音質が特徴のギターで、その特徴からロックやメタル、パンクなどのジャンルに多く使われています。

音質で言えばとにかく力強いことと、ノイズが押さえられることが特徴です。

そーじゅ

持ってみるとけっこう重いのも特徴!

レスポールもストラトと同じように、ギブソン社から売られている「レスポール」と他社の「レスポールタイプ」で区別されています。

レスポールのピックアップは2つで、こちらもスイッチで切り替えることができます。

テレキャスター(テレキャスタータイプ)

「テレキャスター」はストラトキャスターと比べてもかなり歯切れの良い、シャキシャキした音が特徴です。とってもシンプルなギターで、本体もかなり軽量です。

テレキャスターもストラトキャスターと同じくフェンダー社から発売されており、「元祖ソリッドギター」というようなギターです。

ピックアップもシンプルに2つで、レバースイッチでそれぞれのピックアップを選択できます。

その他にもたくさんあるギターの種類

エレキギターの代表的なモデルと言えば、ストラトキャスター、レスポール、テレキャスターの3つですが、その他にも「SG」や「エクスプローラー」など、個性的なギターもかなりの人気で、使っている有名なギタリストも多いので、自分のお気に入りのギタリストがどのギターを使っているのかぜひチェックしてみてください!

フルアコースティックギター

「ソリッドギター」の他にも、エレキギターにはいくつかの種類があります。その1つが「フルアコースティックギター」です。短くフルアコと呼ばれる事も多いです。

「アコースティック」という文字が入っていますが、ピックアップを搭載しているエレキギターの一種です。
ボディ内部全体が空洞になっており、ソリッドギターよりも弦の響きが大きい反面、アンプを通して大音量で演奏すると「ハウリング」しやすいのが特徴です。

セミアコースティックギター

ソリッドギターとフルアコースティックギターの特徴をひとつにしたようなエレキギターのタイプが、このセミアコースティックギターです。
ボディ内部は一部のみが空洞になっていることでハウリングが起こりにくく、ダイナミックな弦の響きも残されています。

エレキギター初心者におすすめの選び方、メーカーって重要?

エレキギター 初心者におすすめの選び方①:見た目

まず初めに「このギターカッコいい!!!」と思うものを選ぶことが重要です。冗談ではありません(笑)

見た目の気に入っているギターは自然とていねいに扱いますし、カッコいいギターはどんどん弾きたくなるものです!

見た目だけで選ぶのはオススメしませんが、ギターの見た目は練習する時のモチベーションにも大きく関わるので重要なポイントであることには間違いありません。

また、愛着が湧いたギターを持つと、ギターを辞めにくくなるのも大きなポイントです。

エレキギター 初心者におすすめの選び方②:音

もちろんギターの「音」もすごく大事です。自分の好みの音のギターを選びましょう!

とは言っても、初心者でギターの音を聞いた経験が少ない人は、「自分にギターの音のちがいなんて分かるのかな?」と思ってしまうかもしれませんが、とりあえず購入する前に音を聴き比べてみましょう。

そーじゅ

ギターが弾けない場合は、店員さんに頼むと弾いてくれるよ!

はじめは音の違いをはっきりと感じることは難しいかもしれませんが、「なんか違うな」くらいは感じられると思います。この「違い」を感じることは重要なので、ぜひ聴いてみてください!

エレキギター 初心者におすすめの選び方③:値段

ギターの値段もギターを選ぶうえで重要なポイントですよね。どれだけ気に入ったギターでもあまりに予算オーバーの場合選択肢に入りません。ということで、それぞれの価格帯のギターの特徴をご紹介します。

1万円以下の激安ギター

1万円くらいまでの入門用ギターには、

  • 作り、精度も悪く、音質も良くない。
  • チューニングが狂いやすい、ピッチが正確じゃない。

などの特徴を持つギターが多く、あまり初心者には勧められません。

30万円以下の高級ギター

30万円くらいまでの高級ギターには、

  • 上質な木材、材質。
  • 作り、精度が良く、音質は最高級。
  • ピッチが正確、チューニングも狂いにくい。

という特徴があり、まさにあこがれのギターです。しかし、高級ギターは絶対に強い衝撃を与えないようにしたり、管理に気を遣う部分が大きく、ギターを持ちなれていない初心者が持つには少し大変かな、とも思います。

3万円以下のエントリークラス~10万円以下の中級クラス

僕が初心者にお勧めするなら、中級ギターの中でも比較的安い1万円~3万円くらいのギターです。このクラスだと、1万円以下のギターのような質の悪いギターも少なく、種類も多くなってきます。

また、気に入ったギターがあるのなら10万円以下のクラスも十分オススメですよ!僕は今でもこの価格帯のギターをよく選びますが、プロでも使うようなクオリティのギターもたくさんありますよ!

エレキギター 初心者におすすめの選び方④:メーカー

Ibanez(アイバニーズ)

アイバニーズも日本のギターメーカーで、クオリティが高いわりに価格がそこまで高くなく、見た目もかなりスタイリッシュなギターを多く販売しています。

また、他のメーカーのギターに比べてネックが薄いものが多く、初心者にも弾きやすいギターが多いです。

YAMAHA(ヤマハ)

日本の歴史ある音楽メーカーというだけあって、丁寧で精度の高いしっかりした楽器が多いです。また、初心者用のギターだと色のバリエーションがかなり多く、自分の好きな見た目を選べます。

特にPacificaというギターはたくさんのグレードがあり、安価なものは初心者にも人気です。

Epiphone(エピフォン)

「レスポール」という最も有名なギターのうちの1つを作ったGibson(ギブソン)という会社があるのですが、エピフォンはそのギブソンの廉価版、「ギブソン公認のコピーモデルを作るメーカー」というような感じで有名です。

コピーモデルと言っても、やはり公認というだけあってギター自体の質はかなり高いです。価格もギブソンのギターより安いので、初心者にかなり人気のメーカーです。

Squier(スクワイア)

ギブソンにとってのエピフォンのように、世界で最も人気のギター「ストラトキャスター」を販売するフェンダーの廉価版を作っているのがスクワイアです。

Fender社のギターと全く同じ形の廉価版という感じなので、もちろんクオリティーは高いです。価格も2万円台~5万円台とコストパフォーマンスの高いギターがそろっています。

中古エレキギター、初心者におすすめの選び方

「中古のギターってどうなんだろう…。」と思っている人もいると思いますが、初心者が誰のアドバイスも受け中古エレキギターを選ぶのは、けっこう難しいかな?と思います。

ただ、ギターに詳しい人について来てもらったり、アドバイスがもらえるなら中古ギターを選ぶことも十分可能だと思うので、中古ギターのメリット、デメリット、選ぶときのポイントをご紹介していきます。

中古エレキギターのメリット

  • 同じ金額の新品ギターより、ランクの高いものから選べる。
  • 新品のギターより音の鳴りが良い場合がある。
  • 稀に掘り出し物や、高価なカスタマイズが施されたものもある。

中古エレキギターのデメリット

  • ギターの状態を見極める目が必要、ジャンク品も多い。
  • 購入後、メンテナンスにお金がたくさんかかる場合がある。
  • いろんな箇所が消耗している場合がある。

中古ギターを見極めるポイント

こんな中古ギターは避けよう!

  • フレットが大きくすり減っている。
  • ナットやサドルのミゾが深い。
  • ネックが反っている。
  • 消耗がヒドい。

エレキギター初心者におすすめ初心者セット

エレキギター初心者で、「ギター関連のものはまだ何も持っていない」という人には初心者セットもオススメです。

僕も初めてギターを買ったときは初心者セットを買いましたが、、ギターの練習を始めるのに必要な道具が一度に揃い、しかも安いということでとても便利です。

主に初心者セットに入っているもの

  • ギター本体
  • ギターケース
  • シールド(シールドケーブル)
  • アンプ(小型アンプかヘッドホンアンプ)
  • ピック
  • ストラップ
  • チューナー
  • ギタースタンド
  • 交換用の弦
  • 教則本やDVD

など。

そーじゅ

これらがすべて入っているとは限らないけど、だいたいこれくらいは含まれているよ!

おすすめのエレキギターの初心者セットは以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

エレキギター初心者は見た目や音、値段、メーカーなどに注目!

エレキギターを買うとき、初心者のうちは今回度紹介したように欲しいギタータイプやメーカーの中から自分の予算内のギターをピックアップし、その中で見た目や音が気に入ったギターを選ぶのがオススメです!

僕も初めてのギターは、見た目で「カッコいい!」と思ったギターを実際に試奏しに行き、音も「なんとなく良さそう!」と思ったので購入しました。

やっぱり、初心者のうちって細かいことはあまり分からないので、感覚的に気に入るものを選ぶのが、練習するときのモチベーションを保つ意味でも1番良いと思います。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − six =