パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽10選【ギター初心者でもパワーコードだけで弾ける!】

Pocket

そーじゅ

パワーコードだけで弾ける曲って無いかなぁ…。洋楽が好きだから、パワーコードだけで弾ける洋楽で、何かおすすめの曲があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • パワーコードってなに?
  • パワーコードだけの曲、おすすめの洋楽10選

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。

ギター初心者で、まずパワーコードから練習を始める人は多いと思いますが、少し出来るようになってくるとやっぱり曲が弾きたくなりますよね?パワーコードで弾ける曲を探している人はぜひ見てください!

パワーコードって?

そーじゅ

「まだパワーコードが完璧じゃない…」と言う人のために、まずはパワーコードについて解説していくよ!

パワーコードとは

『パワーコード』とは、ルート音(基準になる音)と5度の音、2つの音だけを鳴らすコードのことを言います。

「ん、どういうこと?」と思ってしまうかもしれませんが、今は「パワーコードって2つの音だけを鳴らすんだ!」とだけ分かっていれば問題ありません!

パワーコードは鳴らす音が2つだけなので習得するのが簡単で、一般的なコードのようにたくさんの形を覚える必要がないので、特にエレキギター初心者にはまず初めに覚えてほしいテクニックです!

そーじゅ

パワーコードの弾き方や練習方法については、下の記事で詳しくまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

パワーコードだけの曲、おすすめの洋楽10選

それでは、弾くのに必要なテクニックがパワーコードだけで、ギター初心者でも簡単に弾ける曲を10曲をご紹介します!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽①:Black Sabbath / Paranoid

パワーコードとブリッジミュートだけでほぼ全て弾ける1曲です。テンポもそこまで速くないので、原曲のスピードでもすぐに弾けるようになると思います。

印象的なイントロのリフも簡単なので、ぜひトライしてみてください!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽②:Offspring / pretty fly for white a guy

こちらの曲では、3本の弦を使うタイプのパワーコードが使われています。Offspringの曲ではこのタイプのパワーコードがよく使われていますが、難しければ2本弦のタイプで代用しても問題ありません!

テンポは速いイメージですが、ギターの演奏は案外ゆっくりで弾きやすいです!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽③:The Ramones – Blitzkrieg Bop

こちらのミュージックビデオではかなりテンポが速くなっていますが、ほとんどの音源ではゆっくりな曲になっています。

The Ramonesはシンプルな曲が特に多いので、色んな曲を聴いてみてください!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽④:Nirvana / In Bloom

この曲はサウンドの雰囲気からものすごくロックな印象ですが、ギターの演奏的にはテンポが遅く、かなり弾きやすい曲です!

繰り返しが多く、覚えるパートも少ないのですぐに覚えられます。

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑤:Green day / American Idiot

この曲はギター初心者向けの曲としてもよく紹介されている曲で、初心者でもかなり弾きやすい曲です。

とは言ってもテンポは少し速すぎるので、練習を始める時は必ず遅いテンポで練習するようにしましょう。

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑥:blink-182 / all the small things

こちらはパワーコードとブリッジミュートで演奏されている曲としてはかなり爽やかな印象の曲でおすすめです!

曲の構成もシンプルなので、すぐに覚えられると思います!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑦:Anarchy In The UK

この曲もテンポがゆっくりで弾きやすいです!

ピストルズの曲もギター初心者が弾きやすい曲ばかりなので、興味があればぜひ聴いてみてください。

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑧:Blur / song 2

イントロの部分はパワーコードではありませんが、似た手の形で弾くことができます。

残りのパートは普通のパワーコードで演奏できます!

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑨:Sum-41 / The Hell Song

この曲はテンポが速くてパワーコード以外の部分もあるので、少し挑戦してみたい人にもオススメです!

とは言っても、テンポを落とせば特に難しい部分はないので気軽にチャレンジしてみてください。

パワーコードだけの曲、おすすめ洋楽⑩:Led zeppelin whole lotta love

こちらの曲も少しパワーコード以外の技術が必要になりますが、基本的にパワーコードとブリッジミュートの繰り返しです。

かなりらかっこいい曲なのでぜひトライしてみてください!

パワーコードだけの曲は、洋楽にもたくさんある!

パワーコードは簡単に習得できますが、案外奥が深く、高いクオリティーで演奏したり、曲の雰囲気によって表現を変えたりするためにはたくさんの練習が必要です。

これはパワーコードだけに限らず、多くのギターのテクニックにおいて言えることですが、そのテクニックのクオリティーを上げるには『繰り返し弾いて慣れる』と言うのもかなり重要です。

とは言っても、ただただパワーコードを弾いていてもつまらないので、完璧に身につくまで好きな曲でたくさん練習してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

今回紹介した曲の中でよく使われてた『ブリッジミュート』の上手な弾き方や練習方法は、下の記事にまとめてるからぜひチェックしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =