アコギ初心者におすすめのギターメーカー2選!おすすめアコギも!

Pocket

そーじゅ

アコースティックギターが欲しいけど、どのメーカーが良いのかな?ギターのメーカーって沢山あってよく分からない…。ギター初心者におすすめのギターメーカーとか、おすすめアコギがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • アコギってどんな楽器?
  • アコギ初心者におすすめのギタータイプ
  • アコギ初心者向けギターの選び方
  • アコギ初心者におすすめのギター3選

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。

1本目のギターを買うときって選び方が全く分からないし、安い買い物でも無いのですごく迷いますよね…。アコギ選びで迷っている人はぜひ見てください!

アコギってどんな楽器?

ギター初心者には、「アコースティックギターについてよく知らない…」という人もいると思うので、まずは『アコギとはどんな楽器なのか』というところからご説明していきます!

アコギとは

『アコギ(アコースティック・ギター、生ギター)』とは、エレキギターのように電気的な増幅を使わず、楽器本体の空洞で音を響かせるタイプのギターのことを言います。

アコースティックギターは、

  • 弾き語り
  • ソロギター
  • バンドのギターやギターボーカル

など、さまざまなジャンルで幅広いミュージシャンに使われています。

アコギ初心者におすすめのギタータイプ

「アコギ」と一言に言っても、実際にはたくさんの種類やタイプがあり、それぞれに特徴や個性があります。演奏する音楽のジャンルやスタイルによっても向き不向きもあるので、それぞれの特徴をひと通り把握しておくのがオススメです!

そーじゅ

代表的なギターのタイプを紹介していくよ!

アコギのタイプ①:フォークギター

アコギとして最も一般的なのが、『フォークギター(フラットトップギター)』と呼ばれるタイプです。

「フォークギターは聞いたことある!」という人は多いと思いますが、他にもギターのボディの表面(トップ)が平ら(フラット)なことから、「フラットトップギター」とも呼ばれます。

フォークギターは他のタイプと比べても弾きやすく、種類も多いのでアコギ初心者にオススメのタイプです。

フォークギターの種類

フォークギターの中にも細かい分類があり、主に大きさによって分類されています。ギターの大きさはギター選びにおいて重要な要素の一つなので、ギターを選ぶときは注目してみてください。

フォークギターの種類②:ドレッドノートサイズ

ドレッドノートサイズはフォークギターの中で最も定番で、ギター初心者にもオススメのサイズです。

ドレッドノートサイズには以下のような特徴があります!

ドレッドノートサイズの特徴
  • ボディは大きくて厚い
  • ボディのくびれは浅くめ
  • 迫力のあるパワフルでダイナミックな音色

さまざまなジャンルでの演奏に幅広く対応できるので、「まだどんな演奏をしたいかよく分からない…」という人でも選ぶことができます!

フォークギターの種類①:フォークサイズ

フォークサイズは、ドレッドノートサイズと比べると「少し小さめで抱えやすい」という特徴があります。

フォークサイズには以下のような特徴があります!

フォークサイズの特徴
  • ボディは小さめ
  • ボディのくびれは深め
  • 繊細で細やかな音色

体の小さな人や手の小さな人にピッタリのサイズですね!サウンドの特徴的には「激しくというよりは、キレイで繊細な感じに弾きたい!」という人にもおすすめです。

アコギのタイプ②:エレクトリックアコースティックギター

「エレクトリックアコースティックギター(エレアコ)」はエレキギターとアコギを足して2で割ったようなギターで、見た目はアコギのようですがピックアップ(マイク)が付いていて、アンプに繋げることができます。

そーじゅ

弾いた感覚的にはフォークギターと変わらない感じ!

アコギのタイプ③:クラシックギター

フォークギターは金属の弦が張られていますが、ナイロンの弦が使われているギターを「クラシックギター(ガットギター)」と言います。

クラシックギターは名前の通りクラシックや、その他にもジャズ、フラメンコなどのジャンルで使われることも多いです。

「アコギを買おう!」と、クラシックギターを買う人は少ないですが、ナイロン弦は柔らかいのでギター初心者でも指が痛くなりづらいという特徴があります。

そーじゅ

クラシックギターは学校の授業などでよく使われているイメージ!

アコギ初心者におすすめのギターメーカー

そーじゅ

それではオススメのギターメーカーを紹介していくよ!

アコギ初心者おすすめメーカー①:YAMAHA

まずは1つ目に、日本の大手ギターメーカーである『YAMAHA』のギターがオススメです!

ヤマハという名前は聞いたことがある人がほとんどだと思いますが、長い歴史のある日本の音楽メーカーで、ギターの他にもピアノなど、さまざまな楽器メーカーとして有名です。

ギターに関しても、精度が高く確実な作りが特徴なので、比較的安価なモデルを求めるギター初心者でもコストパフォーマンスの優れたモデルを見つけることができると思います。

YAMAHAのオススメギター:FG830

「迷ったらとりあえずコレ」というモデルが、YAMAHAの定番モデルである「FGシリーズ」です。

ドレッドノートタイプくらいのサイズなので、迫力のあるサウンドも奏でられますし、音の響きも豊かでかなりバランスの整ったモデルだと思います。

『FG830』は値段がそこまで高くないのですが、クオリティーが高く幅広いジャンルで使えるオールラウンダーなギターなので、「初心者といえば『FG830』という人も多いです。

そーじゅ

FGシリーズは800、820、830、850と4つのモデル分かれていて、番号が大きいほど材質が高品質で値段も高くなるよ!

アコギ初心者おすすめメーカー②:Morris

YAMAHAと並んで人気の国産ギターメーカーである『Morris』が製造するギターも、アコギ初心者にとってもオススメです!

「安価なギターを買うならYAMAHAかMorrisでしょ!」というギター通の人も多く、まず初めにチェックすべきメーカーだと思います。

こちらもコスパの良い初心者向けモデルをたくさん製造しています。

Morrisのおすすめギター:F-351

Morrisのギターなら特にオススメなのが『F-351』。

こちらはフォークタイプなので少し小ぶりでネックも細め、弦の張力も低めなので体の小さな人や女性、手の小さな人などにもピッタリな一本です!

こちらもサウンドは響きが良く、どんなジャンルにも対応できるギターだと思います。全5色から選べます。

アコギ初心者がギター選びでメーカー以外に注目すべきポイント

アコギ初心者、ギター選びのポイント①:見た目

アコギを選ぶときに、自分の気に入った見た目のギターを選ぶのはオススメです。

「カッコいい!!!」と感じたギターは、練習する時のモチベーションも上げてくれますし、自然に大切に扱います。

また、ギターに愛着が湧くとなかなか「ギター辞めよう」と思いにくいのもポイントです!

そーじゅ

見た目『だけ』で選ぶのはオススメしないけどね!

アコギ初心者、ギター選びのポイント②:音

もちろん、アコギの音もすごく重要です!

ただ、ギター初心者の場合「好みの音とか、よく分からない…」という場合もあると思います。

そんな場合は、とりあえず何本か聴き比べてみましょう。はっきりと「この音が好きだな」とまでは分からなくても、「なんか違うな」くらいは感じられると思います。

この「違い」を感じるのが重要なので、ぜひ1度生で聴いてみてください!

そーじゅ

楽器屋さんなどで、ギターが弾けない場合は店員さんに頼むと弾いてくれるよ!

アコギ初心者、ギター選びのポイント③:大きさ

お店でギターを選ぶときは店員さんに弾いてもらって音を確かめるだけでなく、かならず自分で構えてみて大きさやフィット感をチェックしてみましょう!

ギターの大きさは「弾きやすさ」の他に、「音量や音質」にも関わってきます。

一般的に、ボディの大きさが

  • 大きいほど音量が大きく、迫力がある音、
  • 小さいほど音量は小さく、繊細な音、

という風に考えて選ぶと良いでしょう。

アコギ初心者のギター選びはメーカーにも注目!

アコギを選ぶときは、ぜひ今回ご紹介した基準を目安にして選んでみてください!

また、今回ご紹介したメーカーやギターはかなり厳選したオススメのものなので、まず初めにチェックしてみると、より後悔のないアコギ選びができると思います。

実際に購入する前に、お店でギターに触れてみたり、聴き比べたりしてみるのもすごくオススメです。必ず自分自身で納得がいってから購入するようにしましょう!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、アコギ初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − two =