『香水』ギター弾き語り!アルペジオでの簡単な弾き方【ギターコード、tab譜(初心者向け)付き】

Pocket

そーじゅ

瑛人の「香水」をギターで弾き語りしたい!ギター初心者でも弾けるかな…?できるだけ簡単に弾ける方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 『香水』をギターのアルペジオで弾き語りする前に…
  • 『香水』ギター弾き語り、アルペジオでの簡単な弾き方

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

まだまだ大流行中の瑛人さんの『香水』、すごくいい曲ですよね。僕も何度も聴いていてふと気が付いたのですが、この曲、ギターで案外簡単に弾けてしまうんです…!香水が弾けるようになりたい人はぜひ見てください。

『香水』をギターのアルペジオで弾き語りする前に…

「香水をギターで弾き語りしたい!」という人の中には、もう数えきれないくらい何度もこの曲を聴いたという人も多いと思います。ただ、なんとなく繰り返し聴いていても、案外ギターの音は聴けていないことが多いんですよね。

ギターで曲をコピーするときは、ギターのパートを完全に頭に入れてからの方がスムーズに練習に入りやすいので、「何回も聴いたよ〜」という人でも、まずはギターの音に集中しながら何度か原曲を聴いてみてください!

本当にいい曲ですよね!ギターの音を聴いてみて、ある程度把握できたら次のステップに進みましょう。

そーじゅ

「香水」に限らず、どんな曲でも練習に入る前に何度か聴いてみるのがオススメ!

『香水』ギター弾き語り、アルペジオでの簡単な弾き方

そーじゅ

それでは早速、香水をアルペジオで弾き語りする弾き方を紹介していくよ!

今回はできるだけ簡単な弾き語りでの弾き方をご紹介したいので、ギターソロは省いて、押さえる弦ができるだけ少ない弾き方をご紹介します!

香水のギター、アルペジオで弾き語り①:弾く前に…

弾き方をご紹介する前に、まずはカポタストを1フレットに装着しましょう。

カポタストとは?

『カポ (カポタスト)』とはギターのキー(調)を変えるための道具で、ネックに取り付けて使います。「バレーコードがたくさん出てきて弾きづらい…」というような曲を、簡単に弾けるようにするために使うことも多いです。

ギターの楽譜を見るとよく「カポ〇フレット」などと指定されているので、1つ持っておくと便利です。

オススメのカポ

カポタストを付けた後は必ずチューニングを合わせるようにしましょう。「さっきチューニングしたばっかりだけど…」という場合でも、カポタストを付けた後はチューニングがよくズレてしまうので再確認するようにしてください。

香水のギター、アルペジオで弾き語り②:1、3、5、7小節目

この『香水』という曲は、1曲を通してずっと8小節のフレーズの繰り返しで構成されています。つまりたった8小節を覚えるだけで1曲弾けてしまうのです!

また、その8小節のうちの1、3、5、7小節目は全く同じです。ということで、まずはここを覚えてしまいましょう。

そーじゅ

「TAB譜を見て弾ける!」という場合は上のTAB譜を見て、TAB譜を見てもよく分からない場合は下の解説を見ながらチャレンジしてみよう!

まず始めに、左手(右利きの場合)で、

  • 中指で6弦の3フレット
  • 薬指で2弦の3フレット

を押さえます。

左手は押さえながら、右手で

  1. 親指で6弦を「ズッ」と弾き、
  2. 人差し指と中指で2、3弦を「チャッ」と弾き、
  3. 親指で5弦(叩きやすい弦でも可)を「カッ」っと叩きましょう。

「ズッチャッカッ」というリズムです(笑)

初めは親指で弦を「カッ」と叩く感覚が掴めないかもしれませんが、慣れれば問題なくなるので、まずは手順だけ覚えてしまいましょう。

次に左手を移動させ、人差し指1本で2、3弦の2フレットを同時に押さえます。

先ほどと同じように右手で、

  1. 親指で5弦を弾き、
  2. 人差し指と中指で2、3弦を同時に弾き、
  3. 親指で6弦をカッと叩きます。

「ズーーッチャッカッ」という風に弾きましょう!

繋げると「ズッチャッカッ ズーーッチャッカッ」という感じです(笑)リズムは曲を聴きながら覚えましょう!

1、3、5、7小節目で以上のことを繰り返します。

そーじゅ

まずはリズムなどの細かいことより、手順を覚えてしまおう!

香水のギター、アルペジオで弾き語り③:2小節目

2小節目はDコードの押さえ方から始まります。Dコードは、

  • 人差し指で3弦の2フレット
  • 中指で1弦の2フレット
  • 薬指で2弦の3フレット

を押さえます。

右手は、

  1. 親指で4弦を弾き、
  2. 人差し指と中指で2、3弦を同時に弾き、
  3. 親指で6弦をカッと叩きます。

「ズーーッチャッカッ」のリズムです。

ズーーッチャッカッが終わってもまだDコードを押さえたままで、

  1. 人差し指か中指で1弦を弾きます。
  2. その音が鳴っている間に左手の小指で1弦の3フレットを叩き音を出します。これを『ハンマリング・オン』と言います。
  3. 次に叩いた小指を1弦に引っ掛けながら離します。こちらは『プリング・オフ』という技術です。
  4. 人差し指か中指で2弦を弾き、
  5. 同じく人差し指か中指で3弦を弾き、
  6. 最後に左手の人差し指で3弦をプリング・オフします。

ここまでDコードを押さえる左手は、動かさないといけない指以外は動かさないようにしましょう(始めはどうしても動いてしまうと思いますが…)

ここがこの曲の最難関なのですが、ハンマリング・オン、プリング・オフをしっかりと練習し、原曲を聴いてリズムをチェックしながら弾くと弾けるようになると思います!

そーじゅ

ハンマリング・オンとプリング・オフのやり方が分からない場合は、下の記事で詳しく解説してるからぜひチェックしてみてね!

香水のギター、アルペジオで弾き語り④:4小節目、8小節目

こちらは2小節目とそこまで大きく変わらないので、頑張って覚えましょう!

まずは左手でDコードを押さえます。

右手で

  1. 親指で4弦を弾き、
  2. 人差し指2弦を弾き、
  3. 中指で1弦を弾き、
  4. 人差し指か中指で2弦を弾き、
  5. 人差し指か中指で3弦を弾き、
  6. 最後に左手の人差し指で3弦をプリングします。

香水のギター、アルペジオで弾き語り⑤:6小節目

左手は、

  • 人差し指で6弦の2フレット
  • 中指で2弦の2フレット
  • 薬指で3弦の3フレット

と押さえます。

右手はまず、

  1. 親指で6弦、人差し指で3弦、中指で2弦を同時に2回「ジャッジャッ」と弾き、
  2. 親指で「カッ」と叩きます。

「ジャッジャッカッ」という感じです。

次に左手を、

  • 人差し指で5弦の2フレット
  • 中指で3弦の2フレット
  • 薬指で2弦の3フレット

という風に移動させます。

右手は、

  1. 親指で5弦、人差し指で3弦、中指で2弦を同時に「ジャーン」と弾き、
  2. 親指で5弦を弾き、
  3. 人差し指で3弦を弾き、
  4. 左手の中指で3弦をプリングします。

香水のギター、アルペジオで弾き語り⑥:最後に通しで

それぞれのパートがスムーズに弾けるようになったら、全てのパートを繋げて弾いてみましょう!

 

そーじゅ

これでギターパートは完成!!

『香水』はギターのアルペジオの練習にもピッタリ!

今回ご紹介した『香水』は、

  • 曲のテンポがゆっくり
  • 繰り返しが多く、曲の構成がシンプル
  • 使われているコードが少なくて簡単

など、ギター初心者がアルペジオや弾き語りを練習するのにピッタリな要素がたくさん詰まっています。ギターを始めたばかりの人は、このような特徴のある曲を選んで練習してみるのがオススメです。

ギターは好きな曲が弾けるようになると一気に楽しくなってくるので、ぜひ上手く弾けるようになるまで練習してみてください。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみに、ギターが簡単なオススメ曲を下の記事で紹介してるから、ぜひ合わせて参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + nineteen =