【ギターチューナー】おすすめはどれ?初心者にピッタリのチューナー5選

Pocket

そーじゅ

ギターチューナーってどれも似ていて、いまいち違いが分からない。いくつかタイプがあるけど、どう違うんだろう・・・。ギター初心者に合うギターチューナーがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギターチューナーとは
  • ギターチューナーの種類
  • 初心者におすすめのギターチューナー

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕はギターを始めた時に、かなり適当にチューナーを買ったのですが、初めてのスタジオ練習の時に急に動かなくなってすごく困りました(笑) チューナー選びに迷っている人はぜひ見てください!

ギターチューナーとは?

チューナーとはチューニングに必要な機械で、音を拾い、その音程を検出します。

チューニング

チューニングとは楽器の出す音を決められた音程に合わせること。ギターの場合は6本の弦をヘッドにあるペグというネジのような部分を回すことで、弦の張力を調整し、音程を合わせます。

ギターの演奏においてチューニングはとても重要なので、かならず練習前に行いましょう。

また、チューナーにもそのタイプや仕組みなどによって色んな種類があるので、まずはどんな種類があるのかご紹介していきます!

ギターチューナーの種類!初心者におすすめな種類はコレ

チューナーには一般的に「クリップタイプ」と「ペダルタイプ」の2種類があり、この2つは初心者にも人気です。

ギターチューナーの種類(タイプ別)①:クリップタイプ

クリップタイプのチューナーは、クリップ上の部分をギターのヘッドに付けて使います。「比較的安く、小さくて扱いやすい」という特徴があるので、初心者にも人気です。

安いと言っても普通に使う分には十分なクオリティーで、高い精度のものも多いです。

本体に付けて使用するので周りの音の影響は受けにくいですが、ライブ会場など、ものすごい大音量の音が鳴っている状況下では正しくチューニングできない事があります。

通常、アコースティックギターとエレキギター両方に使用できます。

エレキギターの初心者用セットに入っているのは、このクリップタイプのチューナーが多いです。

そーじゅ

チューナーは基本的にギターとベースどちらにも使えるよ!

ギターチューナーの種類②(タイプ別):ペダルタイプ

ペダルタイプは足元に置いて、シールドでギターと接続して使用します。

エフェクターのように足元に置くので「フロアチューナー」とも呼ばれています。

クリップタイプとは違って、シールドと接続ができないアコースティックギターのチューニングには使えません。

文字盤が光って暗いステージの上でも見やすくなっていたり、ステージ上で使うのに向いています。

そーじゅ

ステージ上で使うために、他のエフェクターに電源を供給する機能なんかも付いていることが多いよ!

ギターチューナーの種類(仕組み別)①:オートチューナー

オートチューナーはギターを鳴らすと、その音が6本の内のどの弦か判断し、チューニングができるので初心者にオススメです。

ただし、オートチューナーはギターやベース、または通常のチューニングにしか対応できないというデメリットもあります。

ギターチューナーの種類(仕組み別)②:クロマチックチューナー

クロマチックチューナーとは、オートチューナーのように弦の判別をしないので、どんな音にも対応できます。

ギター以外の楽器のチューニングや、特殊なチューニングも合わせる事ができます。

初心者におすすめのギターチューナー

クリップタイプの初心者におすすめのギターチューナー

クリップタイプは安価で使い方もシンプルなものが多く、初心者に最もオススメのタイプです。

KORG / Pitchclip

シンプルなクリップタイプのチューナーです。安価ですが、小さくて軽く、クオリティーも問題なし。ギター練習のためにチューニングするにはピッタリのチューナーです!

LED画面は見やすく、しばらく使わなければオート・パワー・オフ機能が働くのでバッテリ―消費も抑えられます。

クロマチックのみの表示で、シンプルかつ、不自由ない機能でとっても人気の機種となっています。

KORG / AW-4G-BK PitchCrow-G

価格はPitchclipよりは少し高め、その分機能が多く、±0.1セント単位で超高精度にチューニングすることができます。

画面も鮮やか、素早く起動してしばらく使わないと自動でオフになります。

クロマチック表示だけでなく、ギターやベースチューニングのモードも選べます。

そーじゅ

巻き過ぎで1番細い1弦が切れるのを防止するために、巻き過ぎるとディスプレイに点灯して警告してくれる機能もあるよ!

tc electronic / Polytune clip

こちらは6本の弦を1度にチューニングできる驚きのチューナーです。6本の弦を同時に鳴らすと、それぞれの弦の音程を表示してくれます。

また、1本ずつチューニングする事もでき、±0.02セント単位で高精度にチューニングでき、反応もすごく早いです!

ペダルタイプの初心者におすすめのギターチューナー

ペダルタイプはステージでの使用に合うものが多いので、「初心者だけどステージで演奏する予定、希望がある」という人に特におすすめです!

KORG / Pitchblack mini

ペダルタイプのチューナーで、かなりミニサイズ。そのサイズからボードにも組み込みやすいのでステージで使うのにピッタリです。

また、通常シールドでの接続が必要なペダルタイプのチューナーは音に影響するものも多いですが、このチューナーは音の変化を防ぐ使用になっています。

エフェクターへの電力供給などの機能もあり、小さい割に画面も見やすいのでかなり使いやすいです。

tc electronic / PolyTune 3

先ほどご紹介したpolytune clipと同様、このチューナーにもポリフォニック・チューニングと言って、6弦同時チューニングが可能な機能が付いています。

こちらも音への影響を防ぐとなっており、かなり短い時間でチューニングチェックができるのでステージでの使用にピッタリです!

アプリでもチューニングできる

チューナーを使いたくないという人は、チューナーの機能があるスマホアプリがたくさん出ているので使ってみてください!手軽にチューニングしたい時にすごく便利です。

ただし、スマホのアプリの場合、ギターと接続するわけではないので周りの音や大きな音の影響を受けやすいというデメリットもあります。

チューナーアプリはこちらの記事でご紹介しています。

今回おすすめした初心者向けのギターチューナーをぜひ試してみてください!

ギターチューナー選びにそこまで真剣になる人は少ないですが、ギターを弾く人にとってチューニングは毎日のように行う作業です。

スグに使えて、迅速に、正確に働くチューナーを選ぶことで、毎日気持ちよくギターの練習を始めることができますよ!

少なくともしっかりと機能するもの、できれば自分の使用状況に合ったものを選んだほうが良いでしょう。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =