エレキギター初心者はまず『パワーコード』で曲を弾こう!【3パターンのパワーコード】

Pocket

そーじゅ

エレキギター初心者は、まず「パワーコード」を練習すべきってホント!?そもそもパワーコードって何?パワーコードのやり方とか、練習方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • エレキギター初心者はまず『パワーコード』?
  • パワーコードの押さえ方
  • パワーコードと合わせて覚えたいテクニック
  • パワーコードの練習にオススメの練習曲
  • 一般的なコードからパワーコードへ変換する方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギターを習得しました。

ギターを始めたばかりの頃は何を練習したら良いか分からず、今考えるとかなり『効率の悪い練習』をしてしまっていました…。そんな今の僕がもしギター初心者に戻ったとしたら、まず『パワーコード』を練習するので、今回はそんなパワーコードについてご紹介していきます!

エレキギター初心者はまず『パワーコード』?

パワーコードってなに?

『パワーコード』とは、ルート音(基準になる音)と5度の音、2つの音だけを鳴らすコードのことを言います。

「ん、どういうこと?」と思ってしまうかもしれませんが、今は「パワーコードは2つの音だけを鳴らすんだ!」とだけ分かっていれば大丈夫です!

パワーコードは鳴らす音が2つだけなので、コツさえ掴めばすごく簡単にマスターできてしまいます。また、「1つのコードをマスターすれば一気に2、30種類のコードが弾けるようになる」という万能さも魅力です。

さまざまな曲の中で名前の通り『パワフルで、力強い低音サウンド』を表現するために使われ、特にロックやメタルなどのジャンルで大活躍する『パワーコード』、ギター初心者のうちにしっかりと習得しておきましょう!

そーじゅ

一般的な『コード』については、下の記事で詳しく解説してるからチェックしてみてね!

エレキギター初心者でもできる『パワーコードの弾き方』

そーじゅ

それでは早速、パワーコードの弾き方を解説していくよ!

パワーコードにはいくつかのパターンがあるので、それぞれのパターンに分けて詳しく説明していきます。

エレキギター初心者でもできる『パワーコードの弾き方』①:パワーコードの基礎

パワーコードは「ルート音」と「5度の音」の2つの音から成り立っているコードです。まずは簡単にルート音と5度の音について説明しておきます。

そーじゅ

ちょっと複雑な話なので、頭の隅っこに置いておくくらいでOK!

ルート音とは

『ルート音』とは基準となる音のことで、パワーコードのルート音はそのコードの名前、例えば「Cコード」ならルート音も「C(ド)」になります。

5度の音

『5度』というのは、ルート音からの距離を表していて、例えばルート音が「C(ド)」ならド(1度)、レ(2度)、ミ(3度)、ファ(4度)、ソ(5度)という事で、ソが「5度の音」という事になります。

このルート音と5度の音を指板上で見てみると、必ず以下のような配置になります。

ルート音(上の画像では5弦、3フレット)と、そこから下の弦に1本、ボディ側に2フレット分移動した5度の音(上の画像では4弦、5フレット)です。

そーじゅ

この『ルート音から1本下の弦、2フレットボディ側』というルールは、ルート音が6弦、5弦の場合は絶対だから覚えておこう!

エレキギター初心者でもできる『パワーコードの弾き方』①:パターン1

基本を踏まえた上で、早速パワーコードのパターンをご紹介していきます。

1つ目のパターンは『ルート音が6弦にある場合』です。このときの押さえ方を「Gコード」を例にご説明します。

「Gコード」のパワーコードの鳴らし方

まず、鳴らす音は「Gコード」なので、ルート音の「G(ソ)」と5度の音である「レ」になります。

この時、ルート音の「ソ(6弦、3フレット)」は人差し指、5度の音の「レ(5弦、5フレット)」は薬指で押さえる人と小指で押さえる人がいます。どちらか押さえやすい方で押さえましょう。

そーじゅ

パワーコードで1番重要なのがこの「手の形」!!

ミュートをマスターしよう!

上記の方法だと、鳴らしたい2つの音以外にも、鳴らしたくない音が鳴ってしまうと思います。この『鳴らしたくない音』を鳴らさないために「ミュート」という技術を使います。

ミュートとは

『ミュート』とは指で軽く弦に触れて弦の振動を止め、音が鳴らないようにする事です。

今回の「Gコード」の場合、鳴らしたい音は6弦と5弦にあるので、1〜4ミュートする必要があります。

まず、6弦、3フレットを押さえている人差し指で1〜5弦に軽く触れてミュートします。横から見ると以下のようなイメージになります。

次に、5弦、5フレットを押さえている薬指、もしくは小指で1弦〜4弦に軽く触れて、同じようにミュートします。

この2本の指で余分な音をミュートすることができますが、余った指をサポート的に使うことでより確実にミュートができるので、自分がやりやすいやり方を試してみてください。

そーじゅ

このように、ルート音が6弦にある場合は4弦~1弦の音をミュートするよ!

エレキギター初心者でもできる『パワーコードの弾き方』①:パターン2

2つ目のパターンは『ルート音が5弦にある場合』です。この場合の押さえ方を「Cコード」を例にご説明します。

押さえる位置は「Cコード」なので、ルート音の「C(ド)」と5度の音である「G(ソ)」になります。

この時もルートの音の「ド(5弦、3フレット)」は人差し指、5度の音の「ソ(4弦、5フレット)」は薬指か小指で押さえましょう。

ルート音が5弦にある場合、1,2,3弦に加えて6弦もミュートする必要があります。

まず、5弦、3フレットを押さえている人差し指で1〜4弦、6弦に軽く触れてミュートします。横から見ると以下のようなイメージになります。

 

次に4弦、5フレットを押さえている薬指か小指で1〜3弦もミュートしましょう。

そーじゅ

人差し指の先で6弦に軽く触れるのが、コツを掴むまで少しむずかしい!

パワーコードの押さえ方 ④:パターン3

3つ目のパターンは『ルート音が開放弦の場合』です。開放弦とは何も押さえない状態のことを言うので、、押さえるのは5度の音だけです。

6弦の開放弦なら「Eコード」、5弦なら「Aコード」になります。

この場合は、5度の音を人差し指で押さえる人と、中指で押さえる人がいます。自分が押さえやすい方、ミュートしやすい方で押さえましょう。

エレキギター初心者がパワーコードと合わせて覚えたいテクニック

パワーコードと合わせて覚えたいテクニック①:ブリッジミュート

パワーコードを修得したら、ぜひ一緒に覚えて欲しいのが『ブリッジミュート』です!

ブリッジミュートとは

「ブリッジミュート」とは、右手(オーソドックスの場合)で弦に少し触れることで曇ったような音を鳴らすテクニックです。

ブリッジミュートはよく、パワーコードと組み合わせて使われます。

そーじゅ

ブリッジミュートについては、下の記事で詳しく解説してるよ!

パワーコードと合わせて覚えたいテクニック②:オクターブ奏法

オクターブ奏法とは

「オクターブ奏法」とは、オクターブ違いの2つの音を同時に弾くてテクニックです。

オクターブ奏法はパワーコードから、5度の音を押さえている指をオクターブ違いの音へ動かすだけなので、パワーコードをマスターしたら同時に習得してしまうのがオススメです。

そーじゅ

オクターブ奏法については、下の記事で詳しく解説してるよ!

エレキギター初心者にオススメの練習【パワーコードの練習にピッタリ!】

パワーコードを練習するのにピッタリな曲を何曲かご紹介します。これらの曲は、ほとんどパワーコードだけで1曲弾けてしまうのでぜひ試してみてください!

曇天 / DOES

Smells like teen spirit / Nirvana

American idiot / Green day

小さな恋の歌 / モンゴル800

Basket case / Green day

一般的なコードからパワーコードへ変換する方法

「パワーコードを習得しても、パワーコードが出てくる曲以外は弾けないよね…。」という人に朗報ですが、一般的なコードをパワーコードに変換することもできます!

「Cメジャーコード」を例に説明すると、一般的なCメジャーコードは以下の形です。

以下の表で見てみると、Cメジャーコードで押さえる一番低い音がC(ド)だという事が確認できますよね。
この音がルート音になります。

この音に5度の音であるG(ソ)を足すとCのメジャーコードになります。

同じようにDメジャーコードのルート音はD(レ)、Eメジャーコードのルート音はE(ミ)となっています。
あとはこのルート音に5度の音を足すだけで完成です。

ルート音 5度の音
Aコード A(ラ) E(ミ)
Bコード B(シ) F(ファ)
Cコード C(ド) G(ソ)
Dコード D(レ) A(ラ)
Eコード E(ミ) B(シ)
Fコード F(ファ) C(ド)
Gコード G(ソ) D(レ)

この方法はマイナーやセブンスなどのコードからでも共通して使う事ができるので、ぜひ使ってみてください!

エレキギター初心者はまず、パワーコードを修得しよう!

パワーコードは初心者でも簡単に習得できて、かつ便利なテクニックです。覚えるとあらゆるコードに対応できるようになるので、ぜひマスターしてみてください!

また、パワーコードは決して初心者用のテクニックではなく、プロも使っている表現の幅が広い奏法です。ぜひ、完ぺきに弾きこなせるようになるまでトライしてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + nine =