エレキギター初心者でも好きな曲が弾ける練習法【上達の4つのコツ】

Pocket

そーじゅ

エレキギター初心者ってどんな練習から始めればいいんだろう…?ギターの知識が全然なくて、よく分からない…。とりあえず初心者レベルから抜け出せるような、オススメの練習法があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • エレキギター初心者向け練習法①:練習を始める前に…
  • エレキギター初心者向け練習法①:和音を弾いてみよう!
  • エレキギター初心者向け練習法①:単音を弾いてみよう!
  • エレキギター初心者向けの練習法を効果的にする4つのコツ
  • エレキギター初心者にオススメの本

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく独学でギタリストになりました。僕もそうでしたが、エレキギター初心者で「何から始めれば良いんだろ…」と悩んでいる人は多いと思います。

この記事では、僕が『脱エレキギター初心者』するまでに実践したことをまとめて紹介します!「初心者レベルをできるだけ速く抜け出したい!」という人はぜひ見てください。

※少し長いですが、この記事を見れば脱エレキギター初心者に必要なことはひと通り分かるようになっています!

エレキギター初心者向け練習法①:練習を始める前に…

そーじゅ

エレキギターの練習法を紹介する前に、まずは練習前に必ずしておいたほうが良い準備を紹介するよ!

エレキギターの練習を始める前に:チューニングは必ず合わせておこう

エレキギターの練習を始める前に、まずはチューニングを行いましょう!

チューニングってなに?

『チューニング』とは、ギターの弦の張力を調整し、正しい音程に合わせることです。ギターのヘッド部分にある「ペグ」と言うパーツを回すことによって行います。一般的には「チューナー」という機械を使って行います。

チューニングは、練習前には毎回必ず行うようにし、その他にも休憩の後や、「なんとなく音がズレてきたかな?」と感じた時など、頻繁に行うようにしましょう。

ギターの演奏において、ピッチ(音程)はとても大事なので、チューニングは常に合った状態で練習することが重要です。

チューニングが狂ったままのギターを弾いていると、自分の音の感覚まで狂ってきてしまいます…。

そーじゅ

チューニングのやり方は下の記事でまとめてるから、合わせて参考にしてみてね!

エレキギター初心者向け練習法①:和音を弾いてみよう!

チューニングが整ったら、まずは和音(複数の音の組み合わせ)を弾いてみましょう!

「え、まずは単音(1つの音)からじゃないの?」と思うかもしれませんが、和音も単音もそこまで難易度に差はありません。また、和音が弾けるとすぐに曲が弾けるようになるので、まずは和音から練習してみてください!

そーじゅ

簡単な曲では、単音弾きはギターソロなどでしか使わないことが多いよ!

エレキギター初心者向け練習①:ストローク

和音を弾くために、まずはストロークという弾き方を覚えよう!

ストロークってなに?

『ストローク』とは、弦を弾くこと、特に複数の弦を弾くときには必ず使う弾き方です。

コードを弾くときなどは必須のテクニックになるので、しっかりと身に着けておきましょう!

ストロークで気を付けたいポイント
  • ピックは出来るだけ軽い力で持つ。
  • 上から下まで真っすぐ振り落とし、下から上まで真っすぐに振り上げる。
  • ピックが弦にギリギリ触れるくらい、弦をなでるようにピックを当てる。
  • ピックが弦に負けるようにストロークする。
  • 手についた水を払うように、素早く手を動かす。

ストロークはある程度慣れが必要な技術なので、以上のポイントを意識しながら、繰り返し練習してみてください!

そーじゅ

さらに詳しいストロークの練習方法は、下の記事にまとめたからぜひチェックしてみてね!

エレキギター初心者向け練習②:パワーコード

そーじゅ

ストロークの方法が分かったら、まずはパワーコードを弾いてみよう!

パワーコードってなに?

『パワーコード』とは、一般的なコードとは違い、ルート音(基準になる音)と5度の音、2つの音だけを鳴らすコードのことです。

「ん、どういうこと?」と思ってしまうかもしれませんが、今は「パワーコードって2つの音だけを鳴らすんだ!」とだけ分かっていれば大丈夫です!

1つの手の形さえ覚えれば全てのコードに対応できるようになるので、ギター初心者にはまず覚えてほしいテクニックです!

また、簡単なことに加えて、ロックやメタル、ポップスなどの幅広いジャンルで頻繁に使われているので、ギター初心者でなくとも必須のテクニックだと言えるでしょう。

そーじゅ

下の曲の始まりの部分にもパワーコードが使われてるよ!

そーじゅ

パワーコードの詳しい方法は下の記事で詳しくまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

エレキギター初心者向け練習③:ブリッジミュート

そーじゅ

次は、パワーコードとも組み合わせて使えるブリッジミュートを覚えよう!

ブリッジミュートってなに?

『ブリッジミュート』とはピックを持つ方の手の端(チョップで当てる部分)を弦のブリッジの近くに当て、軽くミュートすることで、こもったような音を出すテクニックです。

「ミュート」と名前に付いていますが、ブリッジミュートは完全に音を消す技術ではありません。

このブリッジミュートによってロックの疾走感のあるサウンドや、ヘヴィメタルの重苦しいサウンドは生み出されています!

そーじゅ

下の曲の始まりの部分にもブリッジミュートが使われてるよ!

そーじゅ

ブリッジミュートが疲れずに速く弾けるようになるコツなどを、下の記事にまとめたからチェックしてみてね!

エレキギター初心者向け練習④:オクターブ奏法

そーじゅ

印象の残りやすいリフなどによく使われているオクターブ奏法もできるようになっておこう!

オクターブ奏法ってなに?

『オクターブ奏法』とは、その名の通り「ルート音(基準となる音)」と、「その1オクターブ上の音(8度の音)」の2つの音を同時に弾くテクニックです。

オクターブ奏法はパワーコードと似た奏法で、手の形さえ覚えればすぐに曲の中でも使えるようになります。

「ルート音」と「その1オクターブ上の音」を同時に鳴らす、とはどういうことかというと、例えばルート音がドの場合、同時に1つ高いドの音も鳴らすということになります。高さの違う同じ音を同時に鳴らすことで、より印象に残りやすいサウンドになります。

そーじゅ

下の曲の始まりの部分にもオクターブ奏法が使われてるよ!

そーじゅ

オクターブ奏法をキレイに弾く方法を下の記事に詳しくまとめたから、ぜひチェックしてみてね!

エレキギター初心者向け練習法①:単音を弾いてみよう!

「そろそろ単音が弾いてみたい!」と思う頃かもしれないので、次は主に単音弾きの時に使うテクニックをご紹介していきます!

エレキギター初心者向け練習⑤:オルタネイトピッキング

オルタネイトピッキングってなに?

『オルタネイトピッキング』の「オルタネイト」とは「交互に」と言う意味で、その意味の通りオルタネイトピッキングは上,下,上,下と交互にピッキングすることを言います。

単音を連続で弾くときには、オルタネイトピッキングが基本の弾き方になるので、安定して弾けるようになるまで練習しましょう!

そーじゅ

オルタネイトピッキングも、ストロークと同じようにある程度慣れが必要!

エレキギター初心者向け練習⑥:ハンマリング・オン / プリング・オフ

そーじゅ

ギターソロなどの単音弾きパートには、必ずと言っていいほどハンマリングやプリングが使われてるから、初めに覚えておこう!

ハンマリング・オン / プリング・オフってなに?

『ハンマリング(ハンマリング・オン)』とは、ピックを持たない方の手で、弦とフレットを叩きつけるようにして音を出すテクニックです。

また、プリング(プリング・オフ)とは、こちらもピックを持たない方の手で、弦を押さえている状態から離すときに指を引っかけて音を出すテクニックです。

どちらもピッキングを使わずに音を鳴らすテクニックなので、速いフレーズを使うときなどにかなり便利です。

また、ピッキング音(ピックで弦を弾くときの音)がしないのでハンマリングもプリングも普通にピッキングした音と比べると滑らかなサウンドになります。

そーじゅ

ちなみに、ハンマリング・オンとプリング・オフを繰り返すと「トリル」というテクニックになるよ!

エレキギター初心者向け練習⑦:スライド / グリッサンド

スライド / グリッサンドってなに?

『スライド』とは、ギターの弦の上で指を滑らせ、スライドさせることで音程を変える奏法のこと。

また、『グリッサンド』もスライドに似たテクニックですが、

  • スライド→スライド後に到達する音が決まっている
  • グリッサンド→どこからどこまでスライドするか決まっていない

という違いがあります。

エレキギター初心者向け練習⑧:チョーキング

そーじゅ

チョーキングを覚えると、かなりエレキギターらしい演奏になるからマスターしよう!

チョーキングってなに?

『チョーキング』とは、ギターの弦を持ち上げて音程を上げる技術のことを言います。チョーキングは和製英語で、英語ではベンディング(bending)と呼ばれています。

チョーキングは弦をどれくらい持ち上げるか、ほんの少しの力加減で大きく音程が変わってしまうので、細かいコントロールが必要なテクニックです!

しっかりとコントロールできるようになるまで練習しよう!

エレキギター初心者向け練習⑨:ビブラート

ビブラートってなに?

『ビブラート』とは、音を波打たせるテクニックです。チョーキングと同じように、弦を持ち上げ、戻す、持ち上げて戻すを繰り返すことで行います。

チョーキングは歌のビブラートと同じで、表現の1つとして使われます。ギターソロなどでかなりよく出てきますし、チョーキングとやり方は同じなので一緒に覚えてしまいましょう。

エレキギター初心者向け練習⑩:ミュート

そーじゅ

ミュートはエレキギターの技術の中で、個人的に最も重要だと思う技術!

ミュートってなに?

『ミュート』とは、音を鳴らないようにするテクニックです。

エレキギターのミュートには右手と左手、それぞれを使ったテクニックがあります。

エレキギターは『鳴らすより鳴らさないほうが難しい楽器』と言われているくらい、とにかく雑音が出やすい楽器なので、ミュートはしっかりとできるようにしておきましょう!

エレキギター初心者向け練習11:アルペジオ

アルペジオってなに?

『アルペジオ』とは、日本語では「分散和音」と言い、コード(和音)の音をばらして一音ずつ弾くことを言います。

バラードなどの落ち着いた曲で、ギターの音がタラタラーと聞こえることがあると思いますが、これがアルペジオで、かなり多くの曲で使われています!

ぜひマスターしてみてください!

エレキギター初心者向けの練習法を効果的にする4つのコツ

ここまででご紹介したテクニックができるようになると、ある程度エレキギターが弾けるようになりますが、さらに速く上達するためには以下のポイントも意識しながら練習してみてください!

エレキギター初心者向けの練習法を効果的にする4つのコツ
  1. 毎日弾く
  2. 好きな曲をコピーする
  3. ギターを弾く目的を持つ
  4. とにかく簡単なことから

エレキギター初心者、上達するためのコツ①:毎日弾く

ギターは『1日休んだら3日分下手になる』と言われるくらい、毎日弾くことがとても重要です!もちろん、「毎日何時間も弾かなければいけない!」という訳ではなく、「1日数分でも良いから出来るだけ毎日弾く」というやり方がオススメです!

毎日弾くとは言っても「それがなかなかできないんだよな…」という人も多いと思います。そんな時は以下の方法を試してみて下さい!

毎日ギターを弾く習慣を身につけるコツ
  1. ギターを手に取りやすい場所におく
  2. ケースに入れない

ギターの練習を習慣化するコツ①:手に取りやすい場所におく

「ギターを毎日弾くと決めたけど、自分は意志が弱くて…」という人は、部屋の中で目につきやすい場所や、手に取りやすい場所にギターを置いておくのがオススメです!

僕はこれでギターに触れる回数が圧倒的に増え、ギターを弾く習慣が付いたので、とても良い方法だと思います!

そーじゅ

僕は部屋の中ではソファーに座っている時間が1番長いから、ソファーの横に置いていたよ!

ギターの練習を習慣化するコツ②:ギタースタンドを使う

ギターはギタースタンドに立てかけて、すぐに手に取って弾ける状態にしておくのがオススメです!

ギターを何かに立てかけておくのは危険ですし、ケースに毎回しまうと、「ケースから出す」という動作のせいで精神的に1ステップ、ギターから遠ざかってしまうからです。

そーじゅ

手に取りやすい位置に、スタンドを置いておこう!

エレキギター初心者、上達するためのコツ②:好きな曲をコピーする

初心者の練習として「好きな曲を1曲選んでコピーする」という練習方法はとてもオススメです!

なぜ1曲かと言うと、たくさんの曲を同時進行で練習するとなかなか曲が完成せず、「弾けるようになった!」という達成感もなかなか味わえないのでモチベーションが下がりやすいのです…。

また、好きな曲を弾くことももちろん練習へのモチベーションに繋がるので、好きな曲を1曲選んでコピーしてみてください!

また、曲をコピーするときは『コピーの細かさ』が1番重要です!

  • 音を伸ばしているか、短く切っているか
  • コード弾きの場合、全ての弦を鳴らしているか、特定の弦だけを鳴らしているか
  • どこにアクセントを置いているのか
  • どんな指運びで弾いているのか
  • ピッキングの強弱

など、細かい部分までコピーすることで、フレーズから学べることは格段に増えますよ!

そーじゅ

フレーズの細部までコピーするオススメの方法は、下の記事にまとめてるからチェックしてみてね!

エレキギター初心者、上達するためのコツ③:ギターを弾く目的を持つ

なんの目的もなくギターを弾いていると、ダラダラとなにも考えずに弾いてしまうことが多いので、

  • 「このテクニックを身につけたい!」
  • 「正しいリズム感を身につけたい!」

など、『今どんなことができるようになりたいのか』というような、具体的な目的を常に1つは持っておきましょう!

「どんな目的を定めればいいか分からない…」という人は、

  • 「正しいピッチで弾くこと」
  • 「正しいリズムで弾くこと」

の2つを、まずは目標にしてみるのがオススメです!

エレキギター初心者、上達するためのコツ④:とにかく簡単なことから

ギターの練習は、いきなり難しいことをして挫折してしまう人がものすごく多いです…。なので、とにかく始めは簡単なことから始めるようにしましょう!

特に、新しい曲を練習するときに、いきなり速いテンポで弾いてしまう人はとても多いです。

いきなり速く弾くと、弾き間違いを何度も何度も繰り返すことになるので、「フレーズを弾き間違えるクセ」が付いてしまいます。頭の中でも「練習だし、ミスしてもいっか」と無意識に考えるようになり、「完璧に弾こうと思ってもミスしてしまう」ことの原因にもなりかねません。

そーじゅ

初めはビックリするくらいゆっくりなテンポで弾こう!

エレキギター初心者にオススメの本

初心者が独学でエレキギターを習得したい場合は、1冊ギター教則本を持っておくのがオススメです!

「自分はYouTubeとかで独学するから…」と言う人も多いと思いますが、YouTubeが全ての知識を網羅している訳ではなく、足りない知識を補ったり、正しい知識として1冊持っておくと便利です。

また、教則本を何冊も買う人がいますが、ギターの教則本はどれも書いてあることはほとんど同じなので、しっかりとしたものを1冊持っていれば十分です!

オススメ教則本

そーじゅ

他にもオススメの教則本を下の記事で紹介してるから、「自分に合うものをしっかりと選びたい」と言う人はチェックしてみてね!

エレキギター初心者向けの練習法を実践して脱初心者しよう!

エレキギターを始めたばかりだと、「ホントに弾けるようになるのかなぁ…?」と思ってしまうかもしれませんが、僕は今回ご紹介した練習法を実践してギターが少し弾けるようになり、ギターが楽しくなったおかげで今でもギターを続けられています!

どんな練習方法が合うかは人それぞれですし、僕ができたからと言って誰でもできる訳ではありませんが、少なくとも今回ご紹介した練習法はどんなエレキギター初心者にも必要なことだと思います。

上達のコツの部分でご紹介した、「ただダラダラ練習するのではなく、目的を持って練習すること」や「できるだけ毎日練習すること」は特に重要なので、ぜひ練習に取り入れてみてください。

ギターは継続が1番なので、ぜひ楽しく続けて、脱初心者を目指してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギターの練習に必要なアンプなどの器具や弦などの消耗品の中で、僕が実際に使っていてオススメの物を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =