【ギターチューナーアプリ】初心者におすすめ2選!無料で使えるチューニングアプリ

Pocket

そーじゅ

ギターのチューニングを合わせたいけど、ギター初心者でチューナーはまだ持ってない!ギターチューナーとして使えるスマホアプリがあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • おすすめのギターチューナーアプリ
  • チューニングの方法
  • いろいろなチューニング

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

初心者の頃、ギターは目の前にあるのに音が狂っていて、早く弾きたいのにチューニングを合わせないと練習を始められない!という日がしばらく続きました…(笑) 同じように「今すぐチューニングしたい!」という人は見てください。

おすすめギターチューナーアプリ2選【初心者でも使いやすい】

ギターチューナーアプリで検索してみると案外たくさん見つかるのですが、その中には実際のチューナーと同じように使えるものもいくつかあります!

チューナーアプリを1つ入れておけば、いつでもどこでもチューニングを合わせてギターの練習を始めることができますよ!

そーじゅ

実際のチューナーを持っていても、スマホにチューナーアプリを1つ入れておくのはオススメ!

ギターチューナーアプリ①:楽器チューナーLite

『楽器チューナーLite』はとてもシンプルなチューナーアプリですが、細かい針の動きまでとても見やすく、チューナーとして必要な機能はしっかり備えています。

使い方などに関しては説明することが無いくらいシンプルな作りなので、ギター初心者や初めてチューナーを使う人でも使いやすいと思います!

このアプリはiPhone専用アプリなので、iPhoneユーザーの人はぜひ試してみてください!

そーじゅ

僕のスマホにもかなり前から入っているよ!

ギターチューナーアプリ②:Hardwire

ギターの弦を1本1本チューニングするのって案外めんどくさいですよね…?ただこの「Hardwire」は、なんと6本の弦を同時にチューニングできるチューナーアプリなんです!

チューニングの精度も十分で、チューニングにかかる時間をかなり短縮できると思います!

こちらのアプリはiPhone、アンドロイド、どちらでも使えます。

そーじゅ

ちなみに1本ずつチューニングする事もできるよ!

ギターチューナーアプリの使い方

チューナーアプリを用意できたところで、次は使い方をご紹介します!

そーじゅ

ギターをチューニングしたことが無い人にも分かるように説明するよ!

ギターチューナーアプリの使い方①:アプリを開く

まずはインストールしたアプリを開きます。

「楽器チューナーLite」の場合は以下のような画面が開きます。

ギターチューナーアプリの使い方②:音を鳴らす

次に、ギターの音を鳴らしていきます。

まずは6弦(1番太くて、1番低い音の弦)を、弦を押さえていない状態(開放弦)で鳴らしてみましょう。

ギターチューナーアプリの使い方③:ペグを回して音を合わせる

音を鳴らしてアプリの画面を見ると、音のズレが確認できると思います。

音の調整はペグ(弦を調節するネジのようなもの)を回して行いましょう。

それぞれの弦の正しい音程は以下のようになっています。

正しい音程(レギュラーチューニング)

6弦 → E(ミ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

ペグを締めると音が高くなり、ペグを緩めると音が低くなります。

→チューニングはペグを緩めて「高い音から正しい音」に合わせると音が狂いやすくなります。必ずペグを締めて「低い音から正しい音」に合わせるようにしましょう。

そーじゅ

元の音が、正しい音より高い方向にズレている場合は、一旦正しい音より低くして、そこから正しい音に合わせよう!

エレキギター初心者でも簡単チューニング④:それぞれの弦を順番に合わせていく

6弦の音が合わせられたら、同じ作業を5弦、4弦、3弦…と順に行っていきます。

エレキギター初心者でも簡単チューニング⑤:もう 1度確認する

6本の弦のチューニングが終わったら、もう何度か確認し、音がズレている弦を調整しましょう。
何周か確認して、ズレている音が無くなったらチューニング完了です!

ギターのチューニングの種類

「レギュラーチューニングの正しい音程」はすでにご紹介しましたが、ギターのチューニングには他にもいくつかの種類があるのでご紹介していきます!

半音下げチューニング

半音下げチューニング

6弦 → E♭(ミ♭)
5弦 → A♭(ラ♭)
4弦 → D♭(レ♭)
3弦 → G♭(ソ♭)
2弦 → B♭(シ♭)
1弦 → E♭(ミ♭)

半音下げチューニングでは、全ての音がレギュラーチューニングに比べて半音ずつ低くなっているので、サウンドにヘビーな印象を与えやすいという特徴があります。

このチューニングは、ハードロックやヘヴィメタルなどのジャンルでよく使われています。

また、ギター初心者にとっては弦が緩むことで、通常のチューニングより軽い力で弦が押さえられるというメリットもあります。

ドロップDチューニング

ドロップDチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

ドロップDチューニングもハードロックやヘヴィメタルなどで使われることが多いです。このチューニングはレギュラーチューニングから6弦を1音下げるだけでできてしまいます。

コードによっては、レギュラーチューニングでは押さえるのがすごく難しいのに、このドロップDチューニングにすることで簡単に押さえられるようになったりします。

オープンGチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → G(ソ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → D(レ)

このチューニングはカントリーやブルースなどのジャンルに使われることが多いです。

レギュラーチューニングより1弦、5弦、6弦が1音ずつ低くなっています。

ギターチューナーアプリは初心者でも使いやすい!

チューナーアプリは機能がシンプルなものが多く、アプリを開くだけですぐにチューニングが始められるものがほとんどなので、ギター初心者にもおすすめです。

また、チューナーをまだ持っていない人や、「今すぐチューニングしたいけどチューナーがない!」という場面なども、ギターをやっているとときどき出てくると思います。

スマホに1つアプリを入れておけば、そんな時でも安心なのでぜひ気に入ったものをインストールしてみてください。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =