パワーコードの練習曲おすすめ10選!!ギターが上達する曲選びのコツ

Pocket

そーじゅ

パワーコードが上手く弾けるようになりたい…。どの曲で練習すればいいんだろう?パワーコードが使われていて、練習曲としておすすめの曲があれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • パワーコードってなに?
  • 曲選びのポイント
  • パワーコード練習曲10選
  • パワーコードと合わせて覚えたいテクニック

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

新しいテクニックを覚えるときは、とにかく弾いて練習したいですよね!パワーコードの練習にピッタリな曲を探している人はぜひ見てください!

ギター初心者はパワーコードをマスターするのがおすすめ!

パワーコード練習曲をご紹介する前に、まだマスターしていない人のためにパワーコードについて軽く説明しておきます!

パワーコードとは

「パワーコード」とは、ルート音(基準になる音)と5度の音、2つの音だけを鳴らすコードのことを言います。

「ん、どういうこと?」と思ってしまうかもしれませんが、今は「パワーコードって2つの音だけを鳴らすんだ!」とだけ分かっていれば大丈夫です!

パワーコードは鳴らす音が2つだけなので、マスターするのは難しくありません。また、1つの形をマスターすれば一気に2、30個のコードが弾けるようになります!

パワーコードは名前の通り低温でパワフルさ、力強さを表すことができるので、
ロックやメタルなどのジャンルで大活躍します。

そーじゅ

パワーコードの弾き方や練習方法については、下の記事で詳しくまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

パワーコード練習曲!おすすめの10曲!

それでは、パワーコードの練習にピッタリな練習曲をご紹介します。これらの曲は、ほとんどパワーコードだけで1曲弾けてしまうのですごくおすすめです!

リライト/ ASIAN KUNG-FU GENERATION

この曲はとにかくシンプル!曲のほとんどがパワーコードで構成されているので、パワーコードの練習曲としてピッタリです。

バンドで演奏する曲としても定番の曲なのでオススメです。

小さな恋のうた / MONGOL800

この曲はギター初心者向けの曲としてよく紹介されていますよね!少しテンポが早いですが、こちらも1曲を通してパワーコードだけで弾けてしまいます。

テンポはゆっくりから練習しましょう。

風の日 / Ellegarden

超有名バンド、エルレの人気曲です!

パワーコードが使われている曲としては珍しくテンポがゆっくりめなので、練習しやすいと思います。

完全感覚Dreamer / ONE OK ROCK

こちらもだれもが知るバンド、ワンオクの代表曲です!

ギターは難しそうに聴こえますが、テクニックはシンプルなものばかりでパワーコード、ブリッジミュート、オクターブ奏法などが使われており、初心者がギターを学ぶのにピッタリな1曲です。

そーじゅ

この他にも、バンドで弾ける曲を下の記事でたくさんまとめているから合わせて参考にしてみてね!

Smells like teen spirit / Nirvana

洋楽はあまり知らないという人でも、この曲は知っている人が多いのではないでしょうか!

ニルヴァーナの代表曲もほぼパワーコードで弾けるのでおすすめです!

American idiot / Green day

この曲はテンポが早く、コードの切り替えも早いので初めは苦戦するかもしれません。

ゆっくりなテンポから練習して、完璧に弾けたら徐々にスピードアップしてみてください!

Pretty Fly (For a White Guy) / The Offspring

この曲もコードチェンジが少し細かいですが、テンポが遅いので初心者でも対応できると思います。

繰り返しが多く、曲の構成もシンプルなので覚えやく、オススメです!

そーじゅ

この他にも、ギター初心者でも簡単に弾ける洋楽を下の記事でたくさんまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

曇天 / DOES

銀魂のオープニング曲としても有名な曲ですが、演奏はシンプルで難易度が低く、初心者にもおすすめできます!

テンポが少し早いですが、ギターはほぼ全てパワーコードだけで弾くことができます!

Don’t Say Lazy

アニメ「けいおん」の曲として有名なこの曲も、ほとんどパワーコードのみで弾けてしまいます。

こちらも少しテンポが早めなので、ゆっくりなテンポに落として練習してみてください。

Crossing field/LiSA

ソードアートオンラインの主題歌のこの曲を弾きたいという人も多いのではないでしょうか?

この曲もほぼパワーコードで構成されているので、テンポだけに気を付けて弾いてみてください!

そーじゅ

この他にも、ギター初心者でもすぐに弾けるアニソンを下の記事でたくさんまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

パワーコード練習曲選びのポイント

パワーコードをどの曲で練習するかですが、自分でも曲を選べるようになっておきましょう。

曲選びのポイントさえ押さえておけば、パワーコードの次にどんなテクニックを練習するとしても練習曲を選びやすくなりますよ!

特にギター初心者は以下の点に注目して曲選びをしてみましょう。

パワーコード練習曲選びのポイント

  • 好きな曲、好きなアーティストの曲
  • あまり速すぎない曲
  • シンプルなリズムの曲
  • 1度に練習するのは1曲まで

好きな曲、好きなアーティストの曲

自分の好きな曲、好きなアーティストの曲を選ぶのはオススメです!

いくら練習にふさわしい曲でも、全く興味のない曲をずっと練習するのはモチベーションが上がらないし、飽きてしまいますよね?

弾いていて楽しくない曲を練習してもツラいだけ!「好きな曲」「興味が持てる曲」「好きなジャンルの曲」など、なんでも良いので、まずは楽しく弾ける曲を選びましょう!

あまり速すぎない曲

好きなジャンルがロックやメタルだと、テンポの早い曲がすごく多いですよね?また、「速い曲が弾きたい!」と思っているかもしれません。

ただ、基礎が出来ていないまま早く弾いても付いていけませんし、無理やり早く弾いているとフォームが崩れたり、変なクセがついて、上達を妨げてしまうこともあります。

しっかりと基礎力が付くまでは、なるべくゆっくりの曲を選ぶのがオススメです!

シンプルなリズムの曲

しっかりとした基礎力が付くまでは、リズムもシンプルな曲を選んだ方が良いですよ!

リズム感」も上達していく上で必須の基礎的な力なのですが、初めから複雑なリズムの曲ばかり練習していると、なかなか自分の中のリズム感が確立されません。

まずは基本的なリズムを身に着ける、という事を優先しましょう!

1度に練習するのは1曲まで

これは初心者限定ですが、弾きたい曲が1曲見つかったら、その曲が弾けるようになるまで次の曲を探さないのがオススメです!

曲のコピーに時間がかかるうちから何曲も同時並行で練習してしまうと、なかなか曲が完成せず、「あれ、ずっと練習してるのに弾けるようにならないな…。」と感じてしまいます。

こうなるとモチベーションもだんだん下がってしまうので、1曲、多くても2、3曲に集中して練習した方が、やる気を失わずギターを続けやすいです

パワーコードと合わせて覚えたいおすすめテクニック

パワーコードと合わせて覚えたいテクニック①:ブリッジミュート

パワーコードを修得したら、ぜひ一緒に覚えたいのが「ブリッジミュート」です!

ブリッジミュートとは

「ブリッジミュート」とは、右手(オーソドックスの場合)で弦に少し触れることで曇ったような音を鳴らすテクニックです。

ブリッジミュートはよく、パワーコードと組み合わせて使われます。難易度も低く、初心者が覚えるテクニックとしてもピッタリなのでぜひマスターしてみてください!

そーじゅ

ブリッジミュートの方法やコツについては下の記事で詳しくまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

パワーコードは曲を弾いて練習するのがおすすめ

パワーコードには幅広い使い道があるので、とにかく弾いて、使い方をどんどん学んでいくのがおすすめです!

また、今回ご紹介した曲の中にも、ブリッジミュートのように色々なテクニックが少し混ざっています!このようにパワーコードは様々なテクニックと併用されることが多いので、ぜひ合わせてマスターしてみてください。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 17 =