ギターを挫折してしまう理由と挫折しないための8つのポイント

Pocket

そーじゅ

ギターの練習、やる気でないなぁ。挫折しそう…。なんでギターってこんなに挫折しやすいんだろう?挫折してしまった人にありがちな理由や挫折しない方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • ギターを挫折してしまう理由
  • ギターの練習を挫折しない方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

ギターを始めてしばらくは、僕も「ギター全然上達しない…。」と何度か挫折しそうになりました。同じように今、挫折しそうな人はぜひ見てください!

ギターを挫折してしまう理由

ギターを練習していると、なかなか上達が実感できなかったりして、「なんとなくモチベーションが上がらない。」「スランプかも…。」なんて思うこと、ありますよね?

ギターを挫折してしまう人に多い「挫折の理由」には以下のようなものがあります。

ギターを挫折してしまう理由

  • なかなか曲が弾けるようにならない
  • 練習方法が分からない
  • どうしてもできないテクニックがある
  • コードが押さえられない、覚えられない
  • 指が痛い、手が小さい
  • なぜか原曲通りに弾けない
  • 上手い人みたいに弾けない
  • ただただ、練習を続けられない

ギターを挫折してしまう理由①:なかなか曲が弾けるようにならない

練習している曲がなかなか弾けるようにならないと、だんだんとギターへのモチベーションが下がり、挫折しそうになりますよね?

これはギターを辞めてしまう理由としてかなり多いです。

このような状況に陥る人には「もっとすぐに弾けるようになると思っていた」という人が多いです。

テレビやライブ映像などで見るプロのギタリストたちって、いかにも簡単そうにギターを弾いていますよね?それを見て、「ギターってすぐに弾けるように?」と勘違いしてしまうためです。

そーじゅ

プロの人達が簡単そうに弾けるのも、めちゃくちゃ練習した結果!

ギターを挫折してしまう理由②:練習方法が分からない

特に独学の人に多いですが、「ギターを買ったものの、何から練習すれば良いか分からない…」という人も多いと思います。

そして、迷った末にすごく難しいことから始めてしまう人もとても多いです。

ギターを挫折してしまう理由③:どうしてもできないテクニックがある

「このテクニックがどうしても出来ない…。」と、何かのテクニックでつまずいてしまうこともあると思います。これも挫折して、ギターを辞めてしまいやすいタイミングですよね。

ギターを挫折してしまう理由④:コードが押さえられない、覚えられない

コードでつまずくギター初心者もとても多いです。

コードはギター経験がない人にとって押さえるのが難しく、数がとにかく多いので、「こんなの全部覚えれない!」と挫折してしまうことが多いのです。

ギターを挫折してしまう理由⑤: 指が痛い、手が小さい

「ギターをやろうとした事がある」という人の話を聞くと、多くの人が「自分は手が小さくてギターはムリだった」とか「指が痛すぎて辞めてしまった」と答えます。

これらの問題は初心者の期間を超えてしまえば乗り越えられるのですが、そこを超えられず、かなり短い期間で挫折してしまう人が多いです。

ギターを挫折してしまう理由⑥:なぜか原曲通りに弾けない

「自分の好きな曲をコピーしてみたけど、原曲みたいに全然弾けない!」と感じる人も多いと思います。

ギターを挫折してしまう理由⑦: 上手い人みたいに弾けない

Youtube などを見ていると、ギターがものすごく上手い人たちばかりですよね?

さらにそんな凄すぎるテクニックを持った人たちが「まだギターを始めて半年です。」などと言っているのを見てしまうと、「自分はこんな風に弾けない…。」「自分には才能がないんだ…」と絶望し、挫折してしまう人が多いです。

ギターを挫折してしまう理由⑧:ただただ、練習を続けられない

「特に理由はないけど、なんとなく辞めてしまった」という人も結構多いのが現実です。

ギターを楽しめないと、練習がただツライものになってしまい、理由がなくても辞めてしまいます。

ギターを挫折しない方法

ご紹介したそれぞれの「挫折してしまう理由」に対応して、解決法をご紹介します。

そーじゅ

ギターを挫折してしまう理由①の解消法はギターを挫折しない方法①というふうに番号で対応しているよ!

ギターを挫折しない方法

  • とにかく簡単な曲から始める
  • とにかく簡単なことから始める
  • 情報を集める
  • 簡単なコードだけを覚える
  • 押さえやすい弦を使う
  • 自分が満足できるクオリティーまで完成させる
  • 人と比べない
  • ギターを弾くことを習慣にする

ギターを挫折しない方法①:とにかく簡単な曲から始める

初めから難しい曲に挑戦する人は多いですが、初めから難しいことをすると挫折する確率もグンっと上がってしまいます。
初めはとにかく簡単な曲を練習するのがオススメです!

そーじゅ

以下の記事で初心者にオススメの記事をたくさんご紹介しているのでぜひチェクしてみてね!

ギターを挫折しない方法②:とにかく簡単なことから始める

「どんな練習をすればいいか分からない!」という人は、やはり難しいことをすると挫折しやすくなってしまうので、とにかく簡単なことから始めてみてください。

まずやって欲しいことは、「すごく簡単な曲を1曲弾けるようになること」

すごく簡単といっても初めはなかなか弾けるようにならないと思うので、まずは1曲に集中して、「弾けるようになった!」という感動と楽しさを味わってほしいのです。

そーじゅ

さらに細かいギターの練習方法については以下の記事で詳しくご紹介しているのでチェックしてみてね!

ギターを挫折しない方法③:情報を集める

何かのテクニックでつまずいた時は、そのテクニックについてとにかくたくさんの情報を集めまくりましょう。

そのテクニックの基本、コツ、練習方法、実際に弾いている動画などをたくさん見ると突破の糸口になることが多いです。

この方法で大体のテクニックはマスターできるのですが、それでもできない場合はそのテクニックにトライするにはまだ早すぎるのかもしれません。

そーじゅ

どうしてもできない場合は一旦諦めて、もう少し簡単なテクニックに挑戦してみよう!

ギターを挫折しない方法④:簡単なコードだけを覚える

〜ギター初心者がまず覚えるべき4つのコード〜」でもご紹介していますが、初心者が初めから全てのコードを覚える必要はありません。
というか、全てなんて無理です!笑

初めに覚えるコードとしては「G」,「D」,「Em」,「C」の4つのコードがオススメです。

この4つのコードは「すごく良く使われていて、押さえやすい」というコードなので、初心者にはぴったりなのです。

そーじゅ

コードについては以下の記事で詳しくご紹介しているのでぜひチェックしてみてね!

ギターを挫折しない方法⑤:押さえやすい弦を使う

「指が痛い!」
「手が小さくて押さえられない!」

これらの問題を完全に解決することはできませんが、かなりマシにすることができます!

ギターの弦は、その太さ(ゲージ)によっていくつかの種類がありますが、弦が細ければ細いほど軽い力で押さえらるので初心者には細い弦がオススメです。

「ライトゲージ」「スーパーライトゲージ」などの細い弦なら指の痛みはかなり抑えられると思います。

ダダリオ
そーじゅ

僕はこの弦を使ってるよ!

また、「手が小さいからコードが押さえられない」と思っている人は、実際は指の柔軟性が足りなかったり、指の力が弱いせいで押さえられていないことがほとんどです。

こちらの場合でも、細い弦を使うことで押さえやすくなるのでぜひ試してみて下さい!

そーじゅ

ギター初心者の弦選びについては以下の記事で詳しくご紹介しているのでぜひチェックしてみてね!

ギターを挫折しない方法⑥: 自分が満足できるクオリティーまで完成させる

「なぜか原曲通りに弾けない」という悩みですが、これは原曲の方に原因があります。

普段私たちが耳にしている楽曲って、ほとんどに様々なエフェクトがたくさん加えられているんですよね。

なので自分が部屋で練習している時の、アンプ直繋ぎ、または生音のギターの音とは全然違って当たり前なんです!

もしどうしてもこだわりたい場合はエフェクターなどを揃えて工夫することもできますし、「そこまでじゃないな…。」という人は自分が満足できるクオリティーまで完成させられれば十分です。

ギターを挫折しない方法⑦:人と比べない

「上手い人みたいに弾けない」と悩んでいる人がたくさんいますが、異常に上手い人ってごく1部の凄すぎる人たちなんですよね。
このような人たちとは練習環境も練習量も違いますし、比べることにあまり意味はありません。

そーじゅ

人と比べず、自分のペースでやっていくのがオススメ!

ギターを挫折しない方法⑧:ギターを弾くことを習慣にする

連取が続かないという人は、早いうちにギターに触ることを習慣にしてしまうのがオススメです。
毎日、数分でもいいのでギターに触ることを習慣にしてみましょう。

オススメの方法は「部屋の中で最も長く過ごす場所から手が届くところにギターを置く」という方法です。

あまり「続けよう!」と意識しなくても、自然とギターを手に取りやすくなりますよ!

ギターを挫折してしまう理由を解消しよう!

「ギター、挫折しそう、、、。」と思っている人はぜひ、以下のギターを挫折しない方法を試してみてください!

ギターを挫折しない方法

  • とにかく簡単な曲から始める
  • とにかく簡単なことから始める
  • 情報を集める
  • 簡単なコードだけを覚える
  • 押さえやすい弦を使う
  • 自分が満足できるクオリティーまで完成させる
  • 人と比べない
  • ギターを弾くことを習慣にする

これらの方法は、実は僕が見つけた「ギターをできるだけ楽しむための方法」です。ギターを心から楽しむことが、ギターを挫折しない1番の方法だからです。

ギターを弾くことが辛くなりそうな時は、とにかく楽しむことに集中してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 5 =