ギター初心者がまず揃えるもの4選!これだけあれば今すぐ始められる。

Pocket


そーじゅ

ギターを始めるためには、ギター本体以外にまず何が必要なんだろう?ギター初心者がギターを始めるために揃えるもの、最低限必要なものが知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギター初心者がまず揃えるべきもの
  • エレキギターを弾くために必要なもの
  • ギターを弾く上で、あれば便利なもの

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、ずっと独学で続けてきました。

僕が初めて「ギターを始めよう」と決めたときは、使えるギターすら持っておらず「何から揃えればいいんだろう…。」とけっこう途方に暮れたので、同じようにギターを始めようと思っている人、始めたばかりの人はぜひ見てください!

ギター初心者がまず揃えるべきもの

ギターを始めるために、「まず、これだけあれば今すぐ弾き始められる!」というアイテムをご紹介します。

ギター初心者がまず揃えるもの①:ギター本体

まずはもちろん、ギター本体ですよね!一言にギターと言っても、数え切れないほどの様々なタイプや種類があります。

その中でも、1つは自分の弾きたい音楽に合ったタイプのギターを選ぶこと。

そーじゅ

例えばゴリゴリのロックを弾くのにクラシックギターを買ってもなかなか原曲のようには弾けないよね!

また、自分が「これめちゃくちゃカッコいい!!」と思うギターを選ぶことなどが重要です。

ギターの選び方については以下の記事で詳しくご説明しているので、ぜひチェックしてみてください!

ギター初心者がまず揃えるもの②:ピック(ピックを使って弾きたい場合)

ピックを使わない弾き方をしたいという人もいるかもしれませんが、一般的にはピックを使った奏法から始める人が多いのでピックも必需品としておきます。

ピックにもいくつかの種類がありますが、代表的なもので言うと、

  • 正三角形の「おにぎり型」
  • 水のしずくのような形の「ティアドロップ型」

が良く使われます。

また、ピックの素材にもプラスチックや金属、木製のものなどがあり、硬さによっても「THIN」「MEDIUM」「HARD」などと分けられています。

さらに滑り止めアリ、ナシなど、分類すればキリがありません

ピックは「これがオススメ!」というよりは、1枚100円~200円程度ですので、実際に触ったり、使ってみて、自分のお気に入りを探した方が良いと思います!

僕が使っているピック

僕はピックに結構こだわりがあり、特に「滑りにくい」という事を重視しているのですが、このピックは滑り止めが付いおらず、ピックの材質自体が滑りにくくなっているので滑り止めの部分が剥がれたりすることがなく、使いやすいです。

この特殊な材質は「ウルテム素材」と呼ばれ、「人間の爪に最も近い」と言われており、弾いた感触も他のピックとは違い、爪で弾いたような響きの良いサウンドを生み出します。

ギター初心者がまず揃えるもの③:チューナー

ギターの練習を正しいチューニングで行うことはとっても大事なのですが、ギターはチューニングが狂いやすい楽器です。

基本的に毎回、練習前には必ずチューニングを行います。

プロのギタリストなんかは、1回のライブ中にも何回もチューニングをしてるよ!

チューニングをするためのスマホアプリなんかもありますが、チューナー(チューニングするための機械)を使うのが1番簡単で素早く、正確なので、特に初心者にはオススメです。

僕が使っているチューナー

初心者に定番のチューナーで、クリップタイプなので回りの音の影響を受けにくく、とにかくシンプルなので何も考えずに使えます(笑)

安くて、小さくて軽く、しばらく使わなければ自動でオフになるなどの便利な機能もあり、使ってみると全く不自由ないチューナーです。

ギター初心者がまず揃えるもの④:替えの弦

ギターをやっていく上で、1番頻繁に交換しなければいけない消耗品が「弦」です。ギターの弦は弾いているうちに切れたり、しばらく弾いていなくてもサビていきます。

ギターの弦もたくさん種類があり、どのメーカーでもその太さによって「Light」「Regular」「」などと分類されています。

そーじゅ

ギターの弦はいつ切れてしまうか分からないので、できるだけ常に交換用を用意しておこう!

僕が使っている弦

ダダリオは世界で人気の弦メーカーですが、僕は張り替えたときに煌びやかなサウンドと、強い耐久性がかなり気に入ってもう5年以上使っています。

また、ギターは6本弦があるので、弦交換するときにどの弦がどの弦か分からなくなりやすいのですが、ダダリオの弦は弦の端っこについているボール状の部分が

  • 1弦はシルバー
  • 2弦がパープル
  • 3弦グリーン
  • 4弦ブラック
  • 5弦レッド
  • 6弦ゴールド

と色分けされているので、とっても分かりやすいです!

エレキギターを弾くために必要なもの

エレキギターを弾くためには、アコースティックギターに加えていくつかのアイテムを揃える必要があるので、1つずつご紹介していきます。

エレキギターを弾くために必要なもの①:アンプ

「エレキギターでも練習するだけならアンプはいらないよね」と思っている人も多いですが、エレキギターはそもそもアンプに繋ぐことが前提の楽器です。

ギターのみでの生音ではかなり小さな音しか鳴りませんし、そんな状態でずっと練習していると自然に大きな音を出そうと力が入り、変なクセが付いてしまう場合があります。

小さなアンプ、またはイヤホンアンプなどでも十分なので、アンプを使って練習するのがオススメです。

僕が使っているアンプ

アンプは基本的に部屋に置きっぱなしになるので、「見た目が部屋に合っている」という事も重要だと思いますが、このアンプはどんな部屋にも合うようなシンプルでクラシカルな見た目が嬉しいです。

アンプの機能としても、夜間などの練習に必要なヘッドフォンを繋ぐための端子など、練習用アンプとして必要な機能が揃っています。

ミニアンプですが、サウンドも「さすがVOX」という感じで、価格も安価なのでかなりコスパに優れたアンプだと思います。

エレキギターを弾くために必要なもの②:シールドケーブル(シールド)

シールドとは、ギターとアンプなどを接続するためのコードのような物ですが、イヤホンアンプなどを除いてアンプを使うためにはこちらも必要です。

また、僕は初心者のころ「シールドなんて繋がればいいよね」と安物を使っていたのですが、ホントにすぐ断線して使えなくなってしまうんですよね(笑)

なので、高級品を買う必要はないのでミドルクラス、数千円くらいのものを使ったほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + eleven =