エレキギターの種類一覧とその特徴!初心者におすすめはどれ?

Pocket

そーじゅ

エレキギターってたくさん種類があるけど、どのギターにどんな特徴があるのかイマイチわからない…。どんな特徴があって、どんな風に分類できるんだろう?初心者におすすめのギターもあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • エレキギターの分類一覧とその特徴
  • エレキギターの種類一覧とその特徴

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕が初めてギターを買ったときは「見た目がカッコいい!!」という理由が9割くらいだったので、ギターを始めてもどんな種類のギターがあるのか全く理解していませんでした。同じように「ギターの種類、よくわからない。」という人はぜひ見てください!

エレキギターの分類一覧とその特徴

エレキギターの分類①:ギタータイプごとの分類

ソリッドギター

「ソリッドギター」とは、「エレキギター」と言われたら恐らく1番初めに思い浮かぶであろう最も一般的なエレキギターです。

ソリッドギターの特徴

  • アコースティックギターなどと違って、ギター本体のボディに空洞がない。
  • 生音(アンプなどを使わずに弾いた音)が小さく、アンプを通しても雑音が出にくい。

フルアコースティックギター

よく「フルアコ」とも呼ばれるギターで、「アコースティック」という言葉が入っていますが、ピックアップ(ギターの音を拾うマイクのようなもの)を内蔵しているので、エレキギターの一種です。

フルアコースティックギターの特徴

  • ソリッドギターと違って、ボディの中が空洞。
  • ボディが空洞なので音が響きやすく、アンプを通すと比較的雑音が出やすい。

セミアコースティックギター

「セミアコ」とも呼ばれるタイプで、ソリッドギターとフルアコースティックギターの中間のようなギターです。

セミアコースティックギターの特徴

  • ボディの中は一部が空洞になっている。
  • 雑音も出にくく、弦の響きも出すことができる。

エレキギターの分類②:ピックアップの種類の分類

エレキギターは、弦を弾いたときに「ピックアップ」と呼ばれるマイクのような部分でその弦の振動を拾い、それを電気信号としてアンプなどに送る、というしくみになっているのですが、そのピックアップにもいくつか種類があります。

また、ピックアップによって音質がかなり異なり、ここがギターを選ぶうえで買う人の好みが大きく出る部分でもあるので、ピックアップの種類をいくつかご紹介していきます。

シングルコイル

シングルコイルの特徴は、シャキッと歯切れが良く、爽快な明るいサウンドです。アタック音(ピックが弦に当たるときの音)も出やすく、硬く粒立ちの良い音や、強弱を強調したサウンドが作りやすいです。

逆にパワーの面では弱めで、ノイズに比較的弱いという特徴もあります。

ハムバッカー

ハムバッカーの特徴は、何といってもそのパワフルで太いサウンドです。低音寄りな、柔らかく温かいサウンドが作りやすいです。また、歪ませやすい、雑音に強いという特徴もあります。

シングルコイルとは真逆で、明るく軽快な雰囲気は作りにくいです。

シングルコイルとハムバッカーがミックスされている場合もある。

スイッチでシングルコイルとハムバッカーを切り替えられるという機能になっている物もあります。

ただ、あくまでハムバッカーに疑似的なシングルコイルを付け足したものなので、本物のシングルコイルとは微妙に違うサウンドにはなります。

エレキギターの種類一覧とその特徴

エレキギターの種類一覧①:ストラトキャスター

エレキギターの王道、定番、「世界で最も使われているギター」などと言われるギターで、ありとあらゆるジャンルのギタリストたちに愛されるオールマイティーなギターです。

ストラトキャスターの特徴

  • シャープで歯切れの良いサウンド
  • ロック、ポップ、ジャズ、ブルースなどのジャンルでよく使われる
  • トレモロアームが付いているのでアームを使った奏法が楽しめる。
  • ピックアップはシングルコイルを3つ搭載
  • 3つのピックアップの組み合わせで5wayの音色が使え、まさに万能。

僕もフェンダージャパンのストラトキャスターを持っていますが、本体は軽くて、体に馴染みやすい形なので初心者でもとても弾きやすいギターだと思います。

「ストラトキャスター」と「ストラトキャスタータイプ」の違い

ストラトキャスターはフェンダー社から発売されているギターですが、かなり人気のギターなのでたくさんのメーカーから「コピーモデル」のような似たギターが発売されています。

それらのギターはフェンダー社のものと分けるために「ストラトキャスターライプ」と呼ばれています。

同じように、後述でご紹介するレスポール、テレキャスターなどにもそれぞれ、「レスポールタイプ」「テレキャスタータイプ」が存在するのでご注意ください。

エレキギターの種類一覧②:レスポール

こちらもストラトキャスターと並んで人気なギターで、パワフルなサウンドからロックやメタルなどのジャンルでよく使われます。表面の美しい木目や湾曲したボディがカッコいいというのも人気の秘密です。

レスポールの特徴

  • パワフルで重厚、太く芯のある、暖かみのあるサウンド
  • ロック、メタル、パンクなどのジャンルでよく使われる
  • ピックアップは2つのハムバッカーを搭載
  • ノイズに強い

実際に持ってみるとストラトキャスターなどと比べてかなり重いギターです。構造上1,2弦あたりのハイポジション(それぞれの弦の高い音)が少し弾きにくいかなぁという印象もあります。

エレキギターの種類一覧③:テレキャスター

「ソリッドギターの原点」というようなギターで、とにかくシンプルです。フェンダーからストラトよりも早くから発売されていたモデルです。

テレキャスターの特徴

  • かなり歯切れが良く、鋭く固い、ジャキジャキしたサウンド
  • ロック、ブルース、カントリーなどのジャンルでよく使われる
  • 2つのシングルコイルが搭載

持ってみるととにかく軽い!余計な機能を排除したシンプルなギター!見た目もサウンドもストレートで骨太な印象です。

エレキギターの種類一覧④:SG

「SG」はSOLID GUITAR(ソリッドギター)の頭文字を取って名付けられたギターで、個性的なデザインが人気です。

SGの特徴

  • レスポールに似ているが低音のモワモワした感じはなく、全体的に引き締まったサウンド。
  • ロック、ポップ、パンクなどのジャンルでよく使われる

太くてパワフルなサウンドを持ちながらも、歯切れの良さもあり、「少しストラトの要素を持たせたレスポール」というような印象のギターです。

エレキギターの種類一覧⑤:ジャズマスター、ジャガー

ジャズマスターは名前の通り「ジャズにも使えるギター」というコンセプトで作られたギターです。ジャガーはジャズマスターとほぼ同じ形ですが、もう少しロックやポップス向きのサウンドです。

ジャズマスター、ジャガーの特徴

  • ジャズマスターはメロウなサウンド、ジャガーはもう少しきらびやかなサウンド
  • ジャズマスターはジャズ、グランジ、オルタナなどのジャンルでよく使われる
  • ジャガーはロックやポップスなどのジャンルでよく使われる

ジャズマスターは出力があまり高くなく、ロックやメタルなどのジャンルではあまり見かけません。

エレキギターの種類一覧⑥:変形ギター

とにかく派手さや個性を求める人には変形ギターがオススメです。変形ギターにもフライングV、モッキンバード、エクスプローラー、ファイヤーバードなど、様々なメーカーから様々な派手な変形ギターが発売されています。

ただ、中には座って練習したりするのに、とにかく弾きづらいものもあるので、変形ギターは特に買う前に試し引きをすることをおすすめします。

エレキギターの種類って案外たくさんある!

今回は主なエレキギターの種類をご紹介しましたが、プロのギタリストに使われているギターだけでもまだまだたくさん存在します。マイナーなメーカーのギターなんかも入れたら数え切れないほどの種類があります!

その中から1本、自分のお気に入りを選ぶのはけっこう難しいので、特に初心者はまず、今回ご紹介したような有名で比較的人気があるギターを選ぶのがオススメです。

ギターを弾いているうちに「もうちょっとこんな特徴があるギターが欲しい」など、思うようになってくるかもしれないので、自分の本当にお気に入りの1本を見つけるのはそれからでも遅くないと思います。

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています。

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 4 =