エレキギター初心者のためのチューニング!超簡単な方法を詳しく解説

Pocket

そーじゅ

エレキギターのチューニングをしたいけど、ギター初心者で方法が分からない…。チューニングの方法とか、チューニングする時のコツ、注意点なんかもあれば知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • チューニングってなに?
  • エレキギターのチューニング方法
  • チューニングの種類
  • なぜチューニングは必要?

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕も超初心者の頃、エレキギターを買ったのは良いけどチューニングの存在すら知らず、教えてくれる人も周りにいなかったのでスゴく困りました。同じように困っている人はぜひ見てください!

エレキギターの「チューニング」ってなに?

チューニングとは

「チューニング」とは、エレキギターに張られている6本の弦のそれぞれの音程を、定められている正しい音程に合わせる作業のことを言います。

そーじゅ

「チューニング」という言葉は音の高さ自体を表すこともあるから、「チューニングがズレてる」みたいな言い方もするよ!

チューニングが正確に合っていない場合、それぞれの弦から出る音が不快な音の組み合わせ(不協和音)となってしまいます。こうなるとギターの演奏が上手い下手関係なく、気持ちの悪い音になってしまうので注意が必要です!

ギターを買ったばかりの時や弦を変えたばかりの時、本番前はもちろん、練習前にも毎回必ずチューニングを行うようにしましょう。

初心者でも簡単にできるエレキギターのチューニング方法

それでは「初心者にも簡単にできるエレキギターのチューニング方法」をご紹介していきます。チューナー(チューニングに使う機械)が手元にない場合もあると思うので、初めにスマホのチューナーアプリを使用した方法をご紹介します!

エレキギター初心者でも簡単チューニング①:スマホアプリを開く

チューナーのアプリと言っても色んな種類があるのですが、僕は「楽器チューナー light」というアプリをずっと使っています。無料アプリですし、機能がとてもシンプルなので初心者でも使いやすいと思います。

今回はこのアプリの使い方とともに説明します。

まずは「Tuner light」をインストールし、アプリを開くとこのような画面が開きます。

エレキギター初心者でも簡単チューニング②:音を鳴らす

次に、ギターの音を鳴らしていきます。

まずは、6弦(1番太くて、1番低い音の弦)から音を合わせていきます。弦を押さえていない状態(開放弦)で音を鳴らしてみましょう。

エレキギター初心者でも簡単チューニング③:ペグを回して音を合わせる

音を鳴らしてアプリを見ると、画面の針が左右に動いていると思います。この針が真ん中にある状態が「チューニングが正しい」と言う状態です。

音の調整はペグ(弦を調節するネジのようなもの)を回して行います。

そーじゅ

チューニングにはアプリの他にチューナーや音叉を使う方法があるけど、どの方法でもペグを回して音程を調節する部分は同じ!

ペグを締めると音が高くなり、ペグを緩めると音が低くなります。

また、チューナーの針が中心より

左にある時は正しい音程よりも実際の音が低く、
右にある時は正しい音程よりも実際の音が高い

ということを表しています。

※「正しい音程」とはチューニングが合っている状態の音のことです。

チューニングはペグを緩めて「高い音から正しい音」に合わせると音が狂いやすくなります。必ずペグを締めて「低い音から正しい音」に合わせるようにしましょう。

そーじゅ

元の音が、正しい音より高い方向にズレている場合は、一旦正しい音より低くして、そこから正しい音に合わせよう。

エレキギター初心者でも簡単チューニング④:それぞれの弦を順番に合わせていく

6弦のチューニングが終わったら、同じ作業を5弦、4弦、3弦…と順番に行いましょう。

それぞれの弦の正しい音程は以下のようになっています。

正しい音程(レギュラーチューニング)

6弦 → E(ミ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

エレキギター初心者でも簡単チューニング⑤:もう 1度確認する

6本の弦のチューニングが1周終わったら、確認でもう1度チューニングし、音がズレている弦は調整しましょう。これを音がズレた弦が無くなるまで繰り返します。

チューナーを使ったチューニング

チューナーを使うと、より正確に、早くチューニングを行うことができます。チューナーを使った場合でも基本的にチューニングの方法は同じです。

チューナーにもクリップタイプやフロアタイプなど、たくさんの種類があり、それぞれ特徴や長所、合っている使用環境などが異なるので、自分に合うチューナーを使うことが重要です。

オススメのチューナーは以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

【ギターチューナー】おすすめはどれ?初心者にピッタリのチューナー5選

2019.07.27

エレキギターのチューニングの種類

「レギュラーチューニングの正しい音程」はすでにご紹介しましたが、ギターには他にもいくつかのチューニングがあるので、ご紹介していきます!

半音下げチューニング

半音下げチューニング

6弦 → E♭(ミ♭)
5弦 → A♭(ラ♭)
4弦 → D♭(レ♭)
3弦 → G♭(ソ♭)
2弦 → B♭(シ♭)
1弦 → E♭(ミ♭)

半音下げチューニングは、ハードロックヘヴィメタルなどのジャンルでよく使われるチューニングです。

全ての音がレギュラーチューニングに比べて半音ずつ低くなっているので、よりヘビーな印象を与えやすいという特徴があります。

また、弦が緩むことで通常より弦が押さえやすくなるというメリットもあります。

ドロップDチューニング

ドロップDチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

ドロップDチューニングもハードロックヘヴィメタルなどで使われることが多いです。このチューニングはレギュラーチューニングから6弦を1音下げるだけでできてしまいます。

いくつかの押さえるのが非常に難しいコードが、このドロップDチューニングにすることで簡単に押さえられるようになったりします。

オープンGチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → G(ソ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → D(レ)

このチューニングはカントリーブルースなどのジャンルに使われることが多いです。

レギュラーチューニングより1弦、5弦、6弦が1音ずつ低くなっています。

なぜエレキギターを弾くうえでチューニングは必要?

ここまでチューニングの方法をご紹介してきましたが、「なぜチューニングが重要なのか」という疑問にも答えていこうと思います。

音の感覚を養う

チューニングがズレた状態のギターを日ごろから弾いていると、自分の中の音の感覚もズレてしまうことがあります。

しっかりとした音の感覚を練習の中で養うためにも、毎回練習前にチューニングを行うことは重要です。

他の楽器と合わせる時は特に重要

バンド組んだり、他の人や楽器と合わせて演奏するときは、特にチューニングは重要になってきます。

どれだけ上手い演奏者でも、チューニングがズレていると良い演奏はできません。これはギターの音と他の楽器の音の組み合わせが不協和音を作り出してしまうからです。

ですので、人と合わせる時は特に慎重にチューニングを行いましょう!

エレキギター初心者は今のうちにチューニングをクセにしましょう!

今回はエレキギター初心者でも簡単にできるチューニングの方法をご紹介しました。

初心者のうちから、しっかりとチューニングを行うクセ、正しい音の感覚を身に着けておくことはとっても大切です。

今回ご紹介したどの方法でも良いので、ぜひチューニングをマスターしてみましょう!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、ギター初心者向けの独学練習法を以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =