ギター初心者のコード練習方法はコレ!押さえ方の4つのコツ、バレーコードの練習法も【独学練習法】

Pocket

そーじゅ

ギターのコードってたくさんあって全部覚えるの大変そう…。何個か練習してみたけど上手く押さえられない…。ギター初心者向けのコードの練習方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • ギター初心者におすすめコード練習方法
  • コードの押さえ方のコツ
  • コードチェンジの練習方法

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学でギタリストになりました。

僕もギターを始めて、まず最初に苦戦したのが『コード』…。上手く押さえられないし、とにかく多すぎなんですよね!(笑) 同じように苦戦している人はぜひ見てください!

ギター初心者におすすめのコード練習方法

ギターを始めたらまずコードを練習する人が多いですが、初めは指も痛いし、なかなか上手く押さえられない…。しかもめちゃくちゃたくさんある…!

そーじゅ

という事で、ギター初心者でも簡単にできるおすすめのコード習得法をご紹介していくよ!

ギター初心者向けコード練習方法①:4つのコードを覚える

ギター初心者で「たくさんあるコード、全部覚えないとダメなんだ…。」と思っている人が多いですが、初めから全てのコードを覚える必要はありません!

まず初めは「G」,「D」,「Em」,「C」と呼ばれる4つのコードを覚えましょう!

これらのコードは「すごく良く使われていて、初心者でも押さえやすい」コードです。

なかにはこの4つのコードだけで1曲が構成されている曲もあるので、ぜひ最初に習得してしまいましょう!

4つのコードだけで弾ける曲

STAND BY ME / Ben E King

とても有名な曲ですが、4つのコードだけで最初から最後まで弾けてしまいます!曲自体もゆっくりですごく弾きやすいので、初心者にオススメの名曲です!

ギター初心者向けコード練習方法②:自分の弾きたい曲に出てくるコードを練習する

4つのコードを習得したら、自分の弾きたい曲を1曲決めて、その曲に出てくるコードだけを練習しましょう。

ここで重要なのが「出てきたコードは確実に覚える」という事。そうでないと、いつまでたっても習得済みのコードは増えていきません。

「え?全部覚えなくていいの?」と思うかもしれませんが、全部のコードを覚える必要はありません。

そーじゅ

あまり使われないコードもあるから、頻繁に使われるコードを優先的に覚えよう!

もしコードをたくさん覚えたいなら、

  • 指が慣れ、ある程度どんなコードでも一瞬で押さえられるようになった。
  • 何曲か弾けるようになり、どんなコードが良く使われるか分かってきた。

この2つをクリアしてから覚えると効率が良いので、それまでは我慢するのがおすすめです!

ギター初心者向け、コードの正しい押さえ方と4つのコツ

コードを実際に押さえてみると、なかなか上手く押さえられないコードが出てくると思います。音が出なかったり、「ビーーーン」という変な音がしたり…。

こんな時は、弦を押さえた状態のまま弦を1本ずつ鳴らしていき、どの弦が正しく押さえられていないのかチェックしてみましょう!

そーじゅ

以下の4つのコツを意識しながら押さえると、上手く押さえやすいよ!

コードを上手く押さえる4つのコツ
  • 指を立てる
  • できるだけフレットの近くを押さえる。
  • 押さえにくいコードは指を少しななめにしてみる。
  • 手の平はネックから離す。ピンポン玉が手のひらとネックの間に入るようなイメージ。

ギター初心者向け、バレーコードの押さえ方と練習方法

コードはたくさんありますが、その中でも1本の指で6本全ての弦を押さえる状態(バレー)を含むコードを『バレーコード(セーハコード)』と言います。

具体的に言うと「F」「Bm」などのコードがバレーコードです。

バレーコードはよく「初心者が最初にぶつかる壁」のように言われていて、押さえるのに少しコツと指の力が必要です。

そーじゅ

練習する時は、以下の4つのコツを意識しながらやってみよう!

バレーコードを押さえる4つのコツ
  • 親指と人差し指で挟むように押さえる。
  • 人差し指の平、ではなく、少し側面(親指側)を使って押さえる。
  • 人差し指をすこしアーチ状にする。
  • 他の指で押さえていない弦に集中して、人差し指に力をこめる。
そーじゅ

バレーコードもコードを押さえた状態で弦を1本ずつ鳴らして、全部の弦が正しく鳴っているかチェックしてみよう!

ギター初心者にオススメ!コードチェンジの練習方法

以上の練習方法を実行してみると、だんだん色んなコードを押さえられるようになってくると思います。

ただ、1つ1つのコードが押さえらえるようになっても、まだ曲をスラスラ弾くことはできません。

曲をギターで弾くには、曲に合わせてコードを変えていく「コードチェンジ」という技術が重要になります。

「ただコードを変えていくだけでしょ?」と思うかもしれませんが、これが意外と難関です…!

そーじゅ

コードチェンジにもいくつかコツがあるから紹介しておくね!

コードチェンジの3つのコツ
  • 1本ずつ指を置くのではなく、空中で手の形を作り一気に全ての指を押さえる。
  • 指を離す時はあまり離しすぎず、最小限の動きに抑える。
  • 離す瞬間は少しの時間開放弦になるが、気にしない。

コード練習方法を実行して、脱ギター初心者!

ギターに触り慣れていない時は、コードは難しそうに思えますが、1度指がギターに慣れてしまうとコードで苦しむことはほぼありません。

僕も「指が痛いし、こんなの絶対に慣れない!」と思っていましたが、案外すぐに慣れてギターにのめり込んでいきました!

いくつかのコード、コードチェンジを習得し、いくつかの曲が弾けるようになれば脱初心者にグッと近づきます。ギターを弾くのもどんどん楽しくなってくるので、ぜひ習得してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

そーじゅ

ちなみにですが、こちらの記事でギター初心者が独学を続けるコツをご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 4 =