ギターは独学可能?教室で習うべき?それぞれのメリットとデメリット

Pocket

そーじゅ

ギターを弾けるようになりたいけど、独学とギター教室、どっちの方が良いのかな?どっちの方が自分に合ってるのかも気になる!独学とギター教室に通うメリット、デメリットが知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • 独学のメリット、デメリット
  • 教室で習うメリット、デメリット
  • 独学が向いている人の特徴
  • 教室が向いている人の特徴

僕は9年間ほどギターを弾いていますが、ギターを始めてから現在まで、ずっと独学のみでやってきました。

独学でやっていこうか、ギター教室に通うかで迷っている人はぜひ見てください!

ギター独学のメリット

独学のメリット①: お金がかからない

1つ目に、ギター教室に通うにはレッスン料としてお金がかかりますが、独学な場合はかかりません。これはだれにとっても大きなメリットです。

教室だと1時間で3000~4000円くらい、加えて教室が家の近くじゃない場合は交通費などが毎週かかってくるので、意外とあなどれない負担ですよね!

ギターにハマってくると「あのギタリストが使っているギターが欲しいッ!!」「弦は毎月変えたいな」など、こだわりが出てきたり、欲しいものが増えてくる人も多いので、お金はけっこう大きな問題です。

そーじゅ

バンドを組むとスタジオ代とかもかかるよ

独学のメリット②:マイペースで続けられる

独学の場合は自分の好きな時間に、自分の好きなだけギターを練習することができますが、ギター教室ではあらかじめ決まったスケジュールに合わせて通わなければいけません。

急用ができてレッスン当日にキャンセルしたら、通常キャンセル料もかかってきます。

自分のペースで練習したい」「スケジュール管理が苦手」という人にとっては教室に通う事が苦になることもあるので、自由に自分のペースでできることは大きなメリットです!

独学のメリット②:個性を持ったまま成長できる

独学をずっと続けているギタリストには、すっごく特徴的な、個性的なギタリストが多いです。この「個性」はギタリストにとって大きな武器だったりもします。

教室に通うと、良く言うと悪いクセをすぐに直してもらえますが、悪く言うと「個性を失ってしまう」という事にも繋がります。

いわゆる「どこにでもいるようなギタリスト」になるのを避けるためには、独学の方が良いという意見もあります。

独学のデメリット

独学のデメリット①:くじけやすい

独学だと、難しいコードやテクニックが出てきてつまづいた時に、だれも教えたり、アドバイスをくれる人がいません。また、そんな風に挫折したときに「もうちょっとやってみよう!」と背中を押してくれる人もいないので、そのまま辞めてしまう人も少なくないのではないでしょうか。

ギターへの熱がある人はそれでも乗り越えられますが、「まだそこまでギターにハマっていない」という人にとっては独学は、より挫折しやすいと思います。

独学のデメリット②:なまけやすい

メリットでご紹介した通り、独学では自分のペースでギターを練習することができます。しかし、これは「自発的に練習しないと絶対に上手くならない」という事を意味します。

教室ではスケジュールが組まれるので、強い意志がなくても「あ、今日ギターの日だ。」と練習に向かうことができますが、独学はサボろうと思えばいくらでもサボれます。

という事から、「なまけやすい」というデメリットは間違いないと思います。

独学のデメリット③:成長のスピードが遅くなるかも・・・?

独学では「教室に通った場合に比べて、基礎力が付きにくい」と言われています。自分で基礎的な力を付けることもできますが、基礎力が無いまま、特に意識せずに続けていると成長スピードは遅くなってしまいます。

また、「変なクセ」が成長を阻んでしまうこともあります。先生がいれば、変なクセはすぐに直してくれますが、独学ではそうはいきません。

一概に「クセは悪い」とは言えませんが、完全に間違っていたり、誤った知識を覚えていた場合にもだれも指摘してくれないのは、独学のデメリットと言えるでしょう。

ギター教室で習うメリット

教室で習うメリット①:成長するスピードが早い

教室では、常に先生や他の生徒などから「客観的な感想」を得ることができます。客観的な視点で見ることは、上達していく上でとても大事です。

また、ギター教室の授業内容はプロの講師によって構成されているので、効率よく練習を進めて行けるというポイントも、上達スピードにおいては大きなメリットになり得ます!

そーじゅ

平均的にはギター教室に通った方が成長は早いと言われているよ!

教室で習うメリット②:ギター仲間ができる

教室に通っていると、同じ目的を持った生徒さんとも頻繁に顔を合わせるようになると思います。特に一緒に練習したりすると、交流を持ったりすることも多いようです。

そもそも「ギター」という共通の興味の対象があるので、コミュニケーションも取りやすいですし、仲の良いギター仲間をたくさん作る人も少なくありません。

ギター仲間にはギターの悩みなども相談できるでしょうし、気持ちの面でもギターを続けやすい環境に身を置くことができるかもしれません!

そーじゅ

ギター仲間や音楽仲間を持つとモチベーション維持につながったり、良い刺激になるよ!

教室で習うメリット③:人前でギターを弾くことになれる。

独学の場合、基本的に常に1人でギターを弾くことになります。そうすると、例えばバンドを組んだりして、急に人前で弾くことになると、すっごく緊張して実力をまったく発揮できないことも多いです・・・。

ギター教室に通うと、先生や生徒の前でですが、少なくとも人前でギターを弾くことに慣れることができます。先生や他の生徒さんに褒められると、それが自分の自信につながることもあるかもしれません!

教室で習うデメリット

教室で習うデメリット①:お金がかかる

ギター教室に通うと、やはり毎月の出費は増えてしまいます。月々のレッスン料、交通費、ギターやギターに関連するものの費用と、少なくない出費ですよね?

これらの出費がツラい場合、ムリして教室に通うことはあまりオススメしません。あくまでギターを楽しむことが大切なので、「月々の負担でたいへん・・・。」とゲッソリしていては、楽しい事も楽しめませんよね!

教室で習うデメリット②:人間関係

ギター教室ではプロのギター講師に教えてもらうことになりますが、やはり人と人なので「講師と合わない」という事もあり得ます。また、他の生徒さんの中に問題のある人がいることも考えられますよね。

このように、独学で1人で弾いている場合にはあり得ないデメリットもギター教室にはあり得ます。

そーじゅ

問題のある講師に当たるのは珍しいパターンだとは思うけどね・・・

独学とギター教室、「どっちが良い」という事はなく、それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合う方を選ぶのが正解だと思います。ということで、どんな人が独学、また、教室通いに合っているのかご紹介していきます!

独学が合っている人の特徴

ギターへの熱がある

独学には「挫折しやすい」「サボりやすい」というデメリットがありますが、ギターが本当に好きで、ギターへの熱がある人はこのような問題も乗り越えられるでしょう!

また、ギターは初めてスグに辞めてしまう人が多いですが、ギターへの情熱がある人はギターを弾くことが習慣化しやすく、辞めにくいです。

さらに、本当に好きな人の頭の中はいつもギターでいっぱいなので、自力で得られる情報も多いです。独学をする人にとって情報収集は重要なスキルなので、このような人は独学に向いていると言えます。

自分のペースでやりたい

自分のペースでギターを弾いていきたい人にとって、いつでも自由に練習できる独学はまさに理想的で、スケジュールやカリキュラムを決められるギター教室には向きません。

僕自身もものすごくマイペースなタイプなので、自分が弾きたい時に自分の好きな曲を弾ける独学を選んだからこそ、ここまで楽しんでギターを続けられているのかも、と思うことは良くあります!

型にはめられたくない

ギター講師にもよりますが、教室ではある程度「これは間違っている、これは合っている」という風に言われることも多いと思います。

これは「型にはまったギタリスト」を生みやすいとも言えますよね?

もちろん個性を伸ばすことに重点を置いているギター講師の方も多いと思いますが、独学で学んだギタリストはホントに型に全くハマらない、ものすごく個性的な人が多いのも事実です。

教室で習った方が良い人の特徴

絶対に最速で弾けるようになりたい

ギターをやっている人には「どうしても最速で上手くなって、絶対にプロになりたい!」という人もいると思います。

成長スピードで言えば、基本的に教室で習う方に分があるので、このような考えの人は独学より教室に行くほうが合っていると思います。

ギターにあんまり興味がない

先ほどとは反対に「そこまでギターにハマっている訳ではない」というような、「なんとなくギターを弾けるようになったらいいな」みたいな人もいますよね!

このような人は、高確率で1度独学でつまづいてしまったら辞めてしまいます。1人でモチベーションを維持できない場合がすごく多いのです。

せっかくギターに興味を持って始めたのに、すぐに辞めてしまうのはあまりにももったいないので、このようなタイプはギター教室がオススメです。

金銭的に余裕がある

独学の大きなメリットが「お金がかからない」、ギター教室の大きなメリットが「お金がかかる」という事なので、「お金に余裕がある」という人はすでにギター教室に向いていると言えるでしょう。

金銭的に問題が無く、他の条件にも当てはまっているなら迷わずギター教室を探し始めることをおすすめします!

ギターを独学するか、教室に通うか

結論として、ギターは楽しんで弾くことが最速で上手くなる秘訣だと思っています。とにかく楽しければ、つまづいても「まあいっか」と続けることができますし、自分の好きなようにやって、楽しんでしまいましょう!

また、楽器教室に期待しすぎるのもNGです。教室に通うと言っても、結局ほとんどの時間は自主練になるので、結局は「独学するスキル」はギターの上達にものすごく重要なスキルだと言うのは間違いないでしょう。

以上のことを踏まえて、ぜひもう一度、独学で行くのか、ギター教室に通うのか、考えてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =