ギターの独学には限界がある?限界突破するための5つの練習法

Pocket

そーじゅ

ギターを独学で練習しているけど、伸び悩んでいる・・・。やっぱり独学には限界があるのかな?独学の限界を突破できるようなコツが何かあれば知りたい!

この記事のポイント

  • ギターを独学で練習する目的
  • ギター独学の限界突破するコツ

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、ずっと独学で続けてきました。9年間もやってるので、「全然うまくならない・・・。ツラい。」みたいな時期も数え切れないほど経験しました!そんな「独学の限界」をどうすれば突破できるのか、興味がある人はぜひ見てください!

ギターを独学で練習する目的

ギターの独学に限界を感じてしまう原因は、あなたの「ギターを練習する目的」によって違いますよね?まずは「自分がなぜ、限界を感じているのか」という原因を自分自身で知る必要があるので、ギターを練習する目的ごとに限界を感じる原因をご紹介していきます。

プロのギタリストになりたい

ギターを練習している人の中には「プロのギタリストになるんだ!!」という目標を持っている人も少なくないと思います。また、同時に「プロになるには独学じゃ厳しいかも・・・。」と感じている人も多いのではないでしょうか?

ただし、「ギターが上手くなればギタリストになれる」「ギター教室に行けばプロになれる」という訳ではありません。

もちろんギタリストはみんなある程度は上手いですが、「めちゃくちゃ上手い人が全員プロのギタリストになっている。」という訳ではありませんよね?

そーじゅ

独学でプロになったギタリストもたくさんいるし、そこまで技術的に上手くないギタリストもいるよ!

これは、プロになるには「個性」や「バンドの力」など、ギターの上手さ以外の要素もかなり必要になるからです。独学は「個性を伸ばす」と言う目的にはプラスに働くことが多いので、「独学=プロになれない」というような限界を感じる必要はありませんよ!

ただただギターが弾けるようになりたい

「好きな曲が弾けるようになりたい。」
「バンドを組んで、演奏してみたい。」
「ただ、今よりギターが上手く弾けるようになりたい。」

このような目標に向かって日々練習している人も多いと思いますが、これらの目標なら「独学だからできない」「独学には限界がある」という事はありません。

僕もギターを初めて1年以内には好きな曲がだいたい弾けるようになり、バンドも組むことができました。ギターを辞めずに、少しのコツさえ知っていれば、クリアするのはそこまで難しくないと思います!

という事で、僕がギターを独学していて知っておいた方が良いと思うコツや、限界を感じやすくなってしまうポイントをご紹介していきます。

ギター独学の限界突破するコツ

「ギターを独学すること」にはメリットとデメリットがあります。限界をできるだけ感じないように伸ばしていくには、独学のデメリットを補うような練習をすることがとっても重要です!

独学のデメリット

  • 自分の演奏を見てくれる人がいない。
  • 基礎技術が身に付きにくい。
  • 練習の質が下がりやすい。
  • サボりやすい。

ギター独学の限界突破するコツ①:録音、録画してみる

「自分の演奏を見てくれる人がいない。」というデメリットを解消するために、自分がギターを演奏している姿を録画したり、録音してみましょう!

独学でずっと1人で弾いていると、だれも見てくれないので客観的な視点からの問題点や修正点が見つかりにくいのです。ときどき練習中に録画してみると、弾いている時には気が付かなかったリズムのズレや細かいクセなどに気が付くことがよくあります。

これをときどき行うことで、聴く能力、問題点を見つける能力もだんだん上がって来るので、プロの指導者が指摘するようなポイントに自分自身でも気が付けるようになってきます。

ギター独学の限界突破するコツ②:技術や知識はググって身に着ける

「基礎技術が身に付きにくい」ことについては、僕はネットをフル活用することによって補ってきました。

具体的に言うと、僕は以下のことを全てサイトやyoutubeから学び、身に着けました。

YouTubeやサイトかから学んだこと

  • ギターの構え方
  • ピックの持ち方
  • 楽譜の読み方
  • コードの押さえ方
  • 必要な道具
  • 音楽的な知識
  • たくさんの細かいテクニック
  • 効果的な練習方法

「独学では基礎的な技術が付きにくい」と言われますが、いきなり曲を弾いて、なんとなく弾けるようになったら次の曲、というような練習法ではもちろん基礎技術は付きにくいです。ただ、

「練習する曲を1曲決める」

「弾きたい曲に出てくるコードを全て一瞬で押さえられるようにする」

「出てくる技術もマスター」

「1曲を完ぺきに弾けるようにする」

と言う風に練習していれば、だんだんと基礎的な技術、知識は自然についてくると思います。

ギター独学の限界突破するコツ③:練習の目的や目標を定める

独学には「練習の質が下がりやすい」という傾向もありますが、これはギターを練習するときに目的や目標を定めず、ただ弾きたい曲を弾いているだけの人が多いからです。

好きな曲を弾くのはとても楽しいし、悪いことではないですが、それだけでは練習の質は上がらず上達が遅くなってしまいます。

なんとなく弾くのではなく、例えば「この曲に出てくるコードとテクニックを完ぺきにする」という目的を持ちながら練習すると、曲が弾けるようになる過程で色々な技術や知識を取り入れることができます。

ギター独学の限界突破するコツ④:毎日弾く習慣をつける

「サボりやすい」という問題の1番簡単な解消法は「毎日弾くこと」です。

毎日ギターを弾いていると、そのうち「ギターを弾こう!」と思わなくても自然にギターを手に取っているような状態になってきます。

ギターを弾くことが習慣付いていない内は、部屋の中で一番長く過ごす場所の近くにギターを置いておくことが重要です。

僕はソファーで過ごす時間が長かったので、ソファーの隣にギターを置いておきました。その結果、部屋に入ってソファーに座ると自然にギターを構えるという習慣が付きました。

ギター独学の限界は突破できる!

ギターに限らず、何かを努力していると限界や伸び悩み、スランプに陥ってしまうことは誰にでもあります。僕もスランプに陥り、練習もしたくなくなった時がありましたが、そんな時にこのツイートを見つけました。

このツイートはブログに関してですが、ギターでも同じです。成長するときは一定のスピードで成長する訳ではないので、急激に成長する時もあれば緩やかに成長する時もあります。この速度が緩やかな時に人は「限界」「伸び悩み」「スランプ」のようなものを感じてしまうのです。つまり、スランプを感じた後は必ず大きな成長が待っているのです!

この言葉を信じていたおかげで、僕はギターを楽しんで練習しつつも大きく上達することができたので、ぜひ、深刻に考えすぎず「こんなこともあるよね」と気楽に練習を続けてみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 9 =