ギター初心者でもできる チューニングの簡単な方法

Pocket

「ギターのチューニングってどうやってやるんだろう・・・。」

「チューニングって初心者でもできる?」

「そもそもチューニングってなんで必要なの?」

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント

  • チューニングとは
  • オススメのチューニングの方法
  • その他のチューニング方法
  • チューニングはとても大事!
  • チューニングの仕組み

僕はギターを始めて今年で9年目になりますが、人から習ったことは1度もなく、独学で続けてきました。こんな僕も、ギターを始めた頃はチューニングのやり方が分からず、教えてくれる人もだれもいなかったので困ったこともあります。「チューニングのやり方が分からなくて困っている!」と言う人はぜひ見てください!

チューニングってなに?

チューニング」という言葉を聞いたことはあると思いますが、チューニングとはギターに張られている6本それぞれの弦を、決められた音の高さに調整することです。

ギターってなんでチューニングが必要なの?」という疑問もあると思いますが、チューニングが合っていないギターを弾くと、なんとなく「気持ちワルッ!!」と感じるような音になってしまうからです。これは、それぞれの弦から出る音が不協和音となって、響きの悪い音の組み合わせになることで起こります。

なので、チューニングは毎回練習を始める前に必ず行いましょう。また、特に弦を張り替えた直後はチューニングが崩れやすくなっているので、何度か繰り返してチューニングしてみてください。

ギター初心者にオススメのチューニング方法

それではさっそく「ギターのチューニングの方法」をご紹介していきます。まずはスマホのアプリを使った、すごく手軽でオススメの方法をご紹介します!

チューニング①:スマホアプリの準備

チューニングのためのスマホアプリはたくさんありますが、僕は「Tuner light」というアプリを使っています。とてもシンプルで使いやすいのでオススメです。

楽器チューナー Lite by Piascore – plusadd,Inc

まずはこの「Tuner light」をインストールして開きましょう。開くとこのような画面が出てきます。

チューニング②:1番低い音の弦を鳴らします

アプリが開けたら、実際に音を鳴らしていきましょう。

まずは、6弦(1番上の1番太い弦)を何も押さえていない状態(開放弦)で鳴らしてみましょう。

チューニング③:ペグを回して、音を合わせる

鳴らしたままの状態でチューナーアプリを見てみましょう。

チューナーの針が真ん中より左側にある場合は、音が低いのでペグを締めて音を高くし、針が真ん中にピッタリ来るように合わせましょう。

チューナーの針が真ん中より右側にある場合は、音が高いのでペグを緩めて音を低くし、まずは針が真ん中より少し左に来るようにします。左に来たらペグを少し締めて針が真ん中にピッタリ来るようにしましょう。

このように音が高い状態から緩めるとチューニングが狂いやすくなるので、常に低い音から正しい音に合わせるようにしましょう!

チューニング④:それぞれの弦を順番に合わせていく

6弦が合わせられたら、続いて残りの本も1本ずつ5弦、4弦、3弦…と合わせていきましょう。

それぞれの弦の正しい音程(レギュラーチューニング)

6弦 → E(ミ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

チューニング⑤:最後に確認で全部の弦をチューニングする。

全ての弦を1回ずつ合わせられたら、最後に確認でもう1度6弦からチューニングしてズレていないかチェックしてみましょう。

ズレていたらもう1度合わせて、これをズレなくなるまで繰り返します。

チェックが終わればこれでチューニングが完了です!

初心者でもできる、その他のチューニング方法

チューナーを使う

チューナーとはチューニングするための機械で、先ほどご紹介したチューナーのスマホアプリもこのチューナーを簡易化してスマホで使えるようにしたものです。

スマホアプリ以外にも、チューナーはその用途によっていくつかの種類があるので、ギターのチューニングによく使われるものをご紹介していきます。

チューナーの種類

ギター/ベース用チューナー

ギターやベース専用のチューナーで、レギュラーチューニングのそれぞれの弦に合わせられるようになっているので初心者でも使いやすいです。

ただ、レギュラーチューニング以外のチューニングや他の楽器のチューニングはできないので注意が必要です。

ギター/ベース用チューナーの中にもマイクが内臓してある電子チューナー、ギターの振動を拾って音を感知するクリップチューナーなどの種類があります。

クロマチックチューナー

クロマチックチューナーの「クロマチック」とは半音階という意味で、クロマチックチューナーは全ての音を半音ごとに調節することができます。

このチューナーのメリットはレギュラーチューニング(一般的なチューニング)以外にも、半音下げチューニングなどの特殊なチューニングに使う事ができることです。このような特殊なチューニングを使う機会は少ないので、初心者にはあまり必要ありません。

また、他にもギター以外の楽器のチューニングや人の声の高さを知りたい時などにも使う事ができるというメリットもあります。

音叉を使う

音叉(おんさ)とは、叩いて振動を与えると基準となる音が鳴る道具です。すごくシンプルな道具で、楽器屋さんなどでたまに見かけることがあります。

ギターのチューニングに音叉を使いたいという人はA-440Hzのものを選びましょう。

チューニングはとても大事!

他の人と合わせる時は必須

ギターを始めたばかりの時はいきなりバンドを組んだりしないかもしれませんが、いずれバンドなどを組んで人といっしょに演奏するときチューニングはとても重要です。

すごく上手いギタリストでも、チューニングが合っていないとヒドイ演奏になってしまいます。これは他の楽器の音とギターの音の組み合わせが不快な不協和音になってしまうからです。

このような事にならないためにも、だれかと合わせて弾くときは特にチューニングをしっかり行いましょう!

音の感覚を養う

チューニングがズレた状態の音に慣れてしまうと、自分自身の音の感覚も悪くなってしまいます。練習を始める前に、毎回必ずしっかりとチューニングを合わせましょう。

チューニングの仕組み

 

「ギターのチューニングってチューナーを使わないとできないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はチューニングの仕組みさえ分かっていれば、1つの基準の音を頼りにチューニングができるようになります。

詳しくご説明すると、6弦5フレットを押さえたときの音(A)と5弦の開放弦の音は同じ音になります。これと同じように

5弦の5フレットを押さえたときの音は4弦の開放弦と、
4弦の5フレットを押さえたときの音は3弦の開放弦と
3弦の4フレットを押さえたときの音は2弦の開放弦と、
2弦の5フレットを押さえたときの音は1弦の開放弦と同じ音になります。

これを利用して1つの音を頼りにチューニングをする事ができます。

たとえば音叉を使った場合、音叉はAの音が出るので、まずは5弦を音叉の音と合わせます。
次に5弦の5フレットを押さえ、5弦と4弦の開放弦を同時に鳴らします。このように5弦と4弦の音を合わせます。

このようにそれぞれの弦をチューニングすることができます。

さまざまなチューニング

ギターのチューニングは「レギュラーチューニング」の他にもいくつかあるので、ご紹介します。

半音下げチューニング

6弦 → E♭(ミ♭)
5弦 → A♭(ラ♭)
4弦 → D♭(レ♭)
3弦 → G♭(ソ♭)
2弦 → B♭(シ♭)
1弦 → E♭(ミ♭)

半音下げチューニングは、全ての弦の音をレギュラーチューニングより半音ずつ下げたチューニングです。

ハードロックやヘヴィメタルの曲で使われることが多く、レギュラーチューニングより弦が緩むので、弦が押さえやすくなるなどのメリットもあります。

ドロップDチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → A(ラ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → E(ミ)

ドロップDチューニングとは、レギュラーチューニングから6弦だけを1音、EからDに下げたチューニングのことを言います。

こちらも主にハードロックやヘヴィメタルの曲で使われることが多いです。また、このチューニングに合わせることで、普通のチューニングだと押さえにくいコードがすごく押さえやすくなったりもします。

オープンGチューニング

6弦 → D(レ)
5弦 → G(ソ)
4弦 → D(レ)
3弦 → G(ソ)
2弦 → B(シ)
1弦 → D(レ)

このチューニングはカントリーやブルースなどの曲によく使われています。1弦、5弦、6弦をレギュラーチューニングから1音ずつ下げるとこのチューニングになります。

しっかりチューニングをしよう!

チューニングはギターを練習するならゼッッッタイに必要ですし、とってもシンプルで簡単なのでマスターしてみてください!

また、チューニングの仕組みが分かれば、どこのフレットを押さえればなんの音が出るか、考えれば分かるようになります。これはギターを学んでいくうえですごく役立つ知識になるので、余裕があればぜひ、仕組みも合わせて理解してみてください!

この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − 4 =